ぼくは明日昨日のきみとデートするは七月隆文(ななつき・たかふみ)原作の青春恋愛小説で、『ぼく明日』の通称で呼ばれる。京都に暮らす男子美大生が電車で女性に一目惚れする。しかし、その女性には大きな秘密があった…。不思議な設定の甘く切ないラブストーリーで、それまであまり小説を読まなかった人でも手に取って引き込まれてしまう人が続出している。ぼくは明日昨日のきみとデートするは「読書メーター」の「文庫の読みたい本ランキング」で第1位を獲得、カスヤナガト氏の表紙イラストも好評で、2014年の発売以来口コミで人気が広まり続け、売上60万部にも上る。漫画家・大谷紀子の手によりコミック化もされ、連載がスタートした。2016年12月に映画も公開予定で、福士蒼汰と小松菜奈が初共演する。

ぼくは明日昨日のきみとデートするの日程

221人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ぼくは明日昨日のきみとデートするのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 06:00更新)

ぼくは明日昨日のきみとデートする について

ぼくは明日昨日のきみとデートする の魅力とは

ぼくは明日昨日のきみとデートするは宝島社から刊行されている七月隆文(ななつき・たかふみ)原作の青春恋愛小説。「今田隆文」というペンネームでライトノベル作家として活躍していたが、ぼくは明日昨日のきみとデートするは初の文芸書デビューとなった。

主人公である高寿(たかとし)は、京都にある美術大学に通う大学生。真面目で堅物な彼が、電車で見かけた清楚な女性に一目惚れする。彼女の名前は愛美(えみ)。どうしても衝動を抑えられず、彼女を追いかけて連絡先を聞く。そこから2人の関係は発展していくのだが、彼女は想像もつかないような秘密を抱えていた。甘い恋のはずだったのに、切なく、悲しい関係に発展していく…。

ぼくは明日昨日のきみとデートするは「読書メーター」の「文庫の読みたい本ランキング」で第1位を獲得。カスヤナガト氏の表紙イラストも好評で、2014年の発売以来口コミで人気が広まり続け、売上60万部にも上るほど人気がある。何よりも「泣ける」と評判が高い。漫画家・大谷紀子の手によりコミック化もされ、連載中だ。2016年12月に映画も公開予定で、「きょうは会社休みます。」の切ない演技で女性の心を鷲掴みにしてきた福士蒼汰と「近キョリ恋愛」などで漫画原作の映画にも主演してきた小松菜奈が初共演する。

ぼくは明日昨日のきみとデートするが好きな方はこんなチケットもおすすめ