ボブディランは、後進の音楽家たちはもちろん、社会的にも広く影響を与え続けてきた、世界で最も偉大なシンガーソングライターの一人。 幼少の頃から音楽好きで、ハイスクール時代にエルビス・プレスリーに憧れてバンドを組んだことが音楽活動の第一歩だった。大学中退後の1961年に『コロムビア・レコード』からデビュー。 活動の中で『ザ・ビートルズ』や『ザ・ローリング・ストーンズ』といった、同じ時代に名を刻むことになるアーティストたちと交流を深め、互いに刺激を与えあったという。 『風に吹かれて』『時代は変わる』『天国の扉』など、今でも多くのミュージシャンがカバーする名曲をいくつも生み出した。長きに渡る活動と優れた作詞作曲を讃えられ、現在までに数々の賞や栄誉を受けている。

ボブディラン(Bob Dylan)の日程

370人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ボブディランの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ボブディランのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 00:00更新)

ボブ・ディランについて

ボブ・ディランのライブの魅力とは

ボブ・ディランが歌う歌のほとんどはフォーク~フォーク・ロック、もしくはブルースの要素を多分に含んだものだ。曲調の明暗に関係なく、どこか物悲しく哀愁が漂う。アコースティックギターとハーモニカだけの時代も、エレキギターに持ち替えても、エレクトリック楽器を取り入れてからも、その音楽性は変わらず続いている。渋みを増した声で歌い上げるフォーク・ロックは、まさに大人の音楽。

ボブ・ディランはよく「時代の代弁者」といわれ、その歌詞から反体制的な運動の象徴ともされてきた。ただし、ボブ・ディラン自身はそれを否定している。ブレイクやランボーなどの詩を読んだといい、ボブ・ディランの美しくも意図が読みにくい象徴的な(この象徴性が反体制主義者からの好意を呼んだのだろう)歌詞は、これらの詩人の影響からきているのかもしれない。

現在、ボブ・ディランのライブは『ネバーエンディング・ツアー』と呼ばれ、比較的小規模の会場で開催されることが多い。日本にはおよそ数年おきにやってきており、そのたびに長めの日程を組んで公演を行っている。公園が多いからチケットが取りやすいかといえば当然そんなわけはなく、毎回争奪戦が繰り広げられている。ボブ・ディランの年齢的なことを考えると、今後、来日回数はそれほど多くないだろう。機会がきたら、迷わずチケットを手に入れよう。

ボブ・ディランの魅力を徹底解剖

ボブ・ディランは詩人である。この表現より正確に、Bob Dylanを評することは不可能だ。半世紀以上もの間、フォークシンガーとして時代の代弁者と呼ばれ続けてきたが、そんな陳腐なキャッチフレーズでカテゴライズ出来るほど、Bob Dylanは単純ではない。ミズーリの田舎町で生まれ、20歳でニューヨークへと単身移住してきたBob Dylanには、何もかもが新鮮だった。その頃貪欲に接して吸収した詩人達、またニューヨークで知り合った人々にインスパイアされたBob Dylanの詩、それが彼の全てである。

話題性をかっさらいたいなら、その時代時代の世俗や政治を切り取って表現してしまえばいい。トレンドを意識した曲作りをすればいい。Bob Dylanは、決してそんな事は求めなかった。音楽的には常に実験を繰り返したが、詩は変わらず、歌ではなく「詩」だった。ビートルズやストーンズなどをはじめ、フォロワーが絶えることなく増加したのも、やはりBob Dylanが詩人だったからに他ならない。

70歳を超え、孫の幼稚園で演奏する歳になったボブ・ディランは文字通りネヴァー・エンディング・ツアーを未だ現役でこなしている。これは是が非でもチケットを手に入れなければなるまい。息子の歳以上に離れた若いバンドメンバーに向き合いながら、楽しそうに演奏するBob Dylanの姿は過去のものではない。年輪を重ねた詩人は、代弁者というイメージからようやく脱却し、今やっと音楽とじっくり向き合えるようになったようだ。Like a Rolling Stoneだった過去をも飲み込んだ、偉大なるBob Dylanのライヴチケットは必須だ!

ボブディラン(Bob Dylan)が好きな方はこんなチケットもおすすめ