ブランニューバイブはゲットバック・エンタテインメントに所属するバンドだ。メンバーはKEI(Vo.)、Nobu(Vo./Gt.)、Ryo(Gt.)、SHIGE(Key.)、yuya(Ba.)、MAa(Dr.)の6人。2007年にリーダー KEIを中心に中学校、高校の同級生で結成。その後1度は活動を休止するが、成人式での再開を果たし再び現在の体制で始動している。2008年にインディーズ1stミニアルバム「Melody」を発表。インディーズデビューながらも収録曲の「Melody」はTOKYO MX「TOKYOモーニングサプリ」のエンディング曲に起用された。ブランニューバイブはファンを大事にすることでも知られており、メンバーとの一体感もファンにとっては嬉しい要因となっている。

ブランニューバイブの日程

62人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ブランニューバイブのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/28 00:00更新)

ブランニューバイブについて

ブランニューバイブの魅力とは

ブランニューバイブは6人組の人気バンドだ。2007年に結成し、2010年には初となるワンマンライブ「Brand New VibeのワンマンParty Night☆ Vol.1」を開催。同年にはインディーズ1stシングル「Dive to Summer!!/Life」をリリースしている。2011年にはNAYUTAWAVE RECORDSよりシングル「JUST GO!!」をリリースし待望のメジャーデビューを達成。発売記念イベントも開催し、多くのファンが駆けつけている。その後も2ndシングル「恋愛シンドローム」はメ~テレ「キングコングのあるコトないコト」のエンディングテーマに起用。3rdシングル「キミヘ」は、新潟総合テレビ「スマイルスタジアムNST」、ミヤギテレビ「ちょっとブレイクタイム」の各エンディングに起用されるなど、リリースの度にタイアップされる人気ぶりだ。

「Brand New VibeのワンマンParty Tour☆ Vol.1~名古屋編~」や「K-mix presents Brand New VibeのShare 音 Live♪」などライブ、イベントも精力的に開催しており、今後の更なる活躍に期待が寄せられている。2017年には「Brand New Vibe Wonderful World Tour」を開催。ツアーではメンバー6人のセルフプロデュースグッズも販売される。

ブランニューバイブが好きな方はこんなチケットもおすすめ