「BLAME!(ブラム!)」は講談社の月刊アフタヌーン1997年から2003年まで連載された弐瓶勉のSFアクション漫画作品である。連載前の1995年に短編作品の「BLAME」が掲載されていた。独特な世界観と圧倒的なスケール感、そしてソリッドでハードなアクション描写で国内外のクリエーターやアーティストに絶賛された。過去の「感染」によって正常な機能を失った無限に無秩序に増殖する巨大な階層都市。主人公の霧亥(キリイ)はこの異常な世界を正す為に無数のフロアを放浪して「統治局」に再アクセス可能な「ネット端末遺伝子」を探してしている。という超未来的かつ絶望的な世界で展開されていく物語である。

BLAME(ブラム)の日程

132人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

BLAMEの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

BLAMEのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 18:00更新)

「BLAME!」について

「BLAME!」の魅力とは

「BLAME!」は、漫画でありながら見るものに動きまでも伝える事を可能にしている作品だ。セーフガードという狂ったシステムの番人達にいつ駆除・抹殺されるかわからないこの世界において、この動きの表現こそがその世界の住人達の生命をよく表している。もう後には絶滅するしかない人類達の絶望と進みすぎたテクノロジーの果ての世界を作り上げているが、その世界観の緻密な作り込みによる独創性が光っている。この世界の人間にとって危険で生き残るのがどれだけ難しいかそんなものまで感じ取れてしまう。

つまりこの作品を世界中が支持しているのは、その精巧極まりない絵によるものなのだ。この絵から紡ぎ出される圧倒的な迫力とそのスケール感は、この世界の現実味を読者に伝えている。その上で展開される壮絶な物語は、読み手にリアルな感情をつきつけ、まるでその世界に入り込んでしまう錯覚を起こしてしまうだろう。ストーリー性が高く多くの謎を秘めているこの物語に、引き込まれてしまえばあなたは抜け出すことができないはずだ。このハリウッド映画顔負けの迫力を持つ絵と超未来的かつ魅力的なストーリーを一度味わってみてはいかがだろうか?あなたの心に新しい光を届けてくれるだろう。

BLAME(ブラム)が好きな方はこんなチケットもおすすめ