Bjork(ビョーク)はアイスランド出身の元ザ・シュガーキューブスのボーカリスト。彼女ならではの世界観で表現したアルバムは、全世界を魅了している。ライブ演出、プロモーションビデオなどのクリエイティブにも力を入れており、ライブツアー毎に演出が異なる。2011年アルバム「Biophilia」では「音が空間でどのように物理的に動くか、それが宇宙とどのように共通しているか」をテーマに鮮烈なビジュアルを披露、スマホアプリのリリースや最先端工学に基づいた新しい楽器の使用等を行っている。2013年は、新作Biophilia/バイオフィリアと共に、フジロックへの出演、そして日本科学未来館でのキャパ800人というプレミアムライブを日本で開催。

ビョーク(Bjork)の日程

531人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ビョークの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ビョークのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

ビョーク Live情報

ビョークのライブの魅力とは

1965年生まれ、アイスランド出身の1965年生まれのシンガーソングライター。本名はビョーク・グズムンズドッティル。子供時代からクラシック音楽を学んだビョークは、「その反発でパンク音楽に走った」と語っている。『ビョーク』としてソロデビューする前にはいくつかバンドを結成しており、特に結婚後に作った『ザ・シュガーキューブス』(夫とともに立ち上げたレーベルからデビュー)は、国内のみならず英語圏にまで広がった。インディーズとしては異例の人気で、チケットは飛ぶように売れ、ワールドツアーも行ったようだ。

1993年にソロデビュー。現在までに7枚のスタジオ・アルバムを発表している。 12歳で一度アイスランド童謡曲集を出した経験があり、その当時から天才少女ともてはやされていたというビョーク。プロのアーティストとなってからも、その力強く安定した歌唱力は発揮されており、優しく繊細な声から太く唸るような声までを使いこなす。ビョークの音楽は非常に独創的で前衛的、かつ幻想的だが、この不安定にもなりうる要素を根底で支えているのはビョーク自身の圧倒的な歌声なのだろう。

ライブステージは楽曲と同様、非常にアーティスティックだ。ステージセットといい衣装といい、ポップ音楽のライブというよりは、近代演出されたオペラを観ているような気分になる。 特に2011年から行われている『バイオフィリア』プロジェクトは各国で話題になっており、そのライブチケットは高値にも関わらず売り切れが続出。これまでで最高のパフォーマンスとの呼び声も高い。 ビョークのステージを見ることは、自身の音楽に対する価値観を変えることにすら繋がるだろう。

ビョーク(Bjork)が好きな方はこんなチケットもおすすめ