Big Band Jazzとは、サックス・トランペット・トロンボーン・ドラム・ベース・ピアノの楽器編成からなるジャズバンド形態で、通常15~18人程度で演奏される。世界的に有名なビッグバンドとしては、グレン・ミラー、ベニー・グッドマン、デューク・エリントン、カウント・ベイシー楽団などがある。日本では学生を中心にBig Band Jazzが盛んで、毎年全国の大学バンドが熱演を繰り広げる山野ビックバンドジャズコンテストはコンテストの最高峰としても知られている。大学生のビッグバンドの中では歴史、実力ともに定評のある早稲田大学ハイ・ソサエティ・オーケストラと慶応義塾大学ライト・ミュージック・ソサイェティを招いてのコンサート「Big Band Jazz・華の早慶戦」が2016年9月に開催される。両大学の学生・OBならずともジャズファンならぜひ聴いてみたいコンサートだ。

Big Band Jazzの日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Big Band Jazzの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Big Band Jazzのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

Big Band Jazzについて

Big Band Jazzの魅力とは

Big Band Jazzは、柔らかな音色のサックス・セクションと力強いブラス・セクションのアンサンブルとハーモニーに躍動感あふれるリズム・セクションが加わることによって生み出されるゴージャスなサウンドが最大の魅力だ。
サックスやトランペットなどによる分厚いアンサンブルが展開される中、各楽器のソロプレイヤーがジャズの生命であるアドリブを披露していく。リズム・アンサンブル・ソロプレイが三位一体となった迫力と爽快感はビッグバンドジャズならではの醍醐味。

日本のビッグバンドジャズを支えているのが学生ビッグバンドだ。中でも早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学のビッグバンドはレベルの高さには定評があり、2001年から早慶明3大学対抗ジャズフェスティバルが開催され、毎年熱いジャズのイベントとして人気を博している。
2016年も5月に第16回目のフェスティバルが行われ、3大学のビッグバンドジャズの熱い風が吹いたばかりだが、2016年9月11日には早稲田大学ハイ・ソサエティ・オーケストラと慶應義塾大学ライト・ミュージック・ソサイェティによる「Big Band Jazz・華の早慶戦」が常陸大宮市文化センター・ロゼホールで開催される。
ビッグバンドによる早慶戦で、スウィングからコンテンポラリーまでジャズのエッセンスを心ゆくまで楽しんでみよう。

Big Band Jazzが好きな方はこんなチケットもおすすめ