東京六大学野球は、早稲田大学・慶応義塾大学・法政大学・明治大学・立教大学・東京大学の6校からなる大学野球のリーグ戦である。 東京ヤクルトスワローズの本拠地でもある神宮球場で土日に開催されるのも特徴で、大学野球連盟の中では平均入場者数が最も多い。 2007年には現・北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹が早稲田大学に入学し、開幕投手を務めたが、その話題性が高く大学野球史上初めて入場券前売りが実施された。翌年には東京六大学野球カレンダーやベースボールカードが発売されるなどハンカチ王子フィーバーとなった。 2015年には、明治大学で現・阪神タイガースの高山俊がリーグ通算131安打のリーグ記録を達成し同年のドラフト会議で1位指名された。毎年プロ野球のドラフト会議での目玉選手も多い東京六大学野球で、プロになる前の選手の姿を観れるのは貴重な機会だろう。

東京六大学野球の日程

14人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

東京六大学野球の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東京六大学野球のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

東京六大学野球 について

東京六大学野球 の魅力とは

東京六大学野球は、早稲田大学・慶応義塾大学・法政大学・明治大学・立教大学・東京大学の6校からなる大学野球のリーグ戦である。元々は、早稲田大学と慶応義塾大学の早慶戦から始まり、そこから残りの4校が加わり東京六大学野球連盟が発足した。 プロ野球発足以前からおこなわれていたこともあり、日本の野球人気の中心であった時期もあった。土日に東京ヤクルトスワローズの本拠地でもある神宮球場で開催されるのも特徴で、大学野球連盟の中では平均入場者数が最も多く、現在もその人気は変わらない。

2007年には現・北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹が早稲田大学に入学し開幕投手を務めたが、その話題性は高く大学野球史上初めて入場券前売りが実施された。 翌年には東京六大学野球カレンダーやベースボールカードが発売されるなどハンカチ王子フィーバーとなった。また、2010年には、坊っちゃんスタジアム開場10周年を記念した東京六大学野球オールスターゲームが実施され大学野球の存在感を大いに示している。 東京六大学野球は過去にもプロ・アマチュア球界へも多数の人材を送り出してきている。2015年には、明治大学で現・阪神タイガースの高山俊がリーグ通算131安打のリーグ記録を達成した。毎年プロ野球のドラフト会議でも目玉選手も多い東京六大学野球でプロになる前の選手の姿を観れるのは貴重な機会だ。

東京六大学野球が好きな方はこんなチケットもおすすめ