日本を代表する劇作家・演出家である鴻上尚史。彼が演出する舞台「ベター・ハーフ」が上演される。本作は2015年に上演され、大盛況のまま幕を下ろした。4人の男女が、自分の必要とするもう一人=ベター・ハーフを探し求める姿を描いた本作。来る2017年、多くの声に応える形で再演が決定した。演じるのは、初演と同様に風間俊介中村中、片桐仁。そして新たにキャスティングされた松井玲奈を迎えて贈る。前回よりさらにグレードアップした4人芝居が見られることだろう。人気の舞台作品を数多くて開けてきた鴻上尚史による待望の再演。本作もまた人気の公演となること間違いなしだ。ぜひとも劇場まで足を運んでほしい。

ベターハーフの日程

334人が登録中

現在登録されている公演はありません

あと8日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ベターハーフの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ベターハーフのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/17 12:00更新)

「ベター・ハーフ」について

「ベター・ハーフ」の魅力とは

「ベター・ハーフ」は、あの鴻上尚史が作・演出を手掛ける舞台作品。2015年に初演がおこなわれたが、当日券を求めてたくさんの観客が押し寄せるなどの大反響を呼んだ。

4人芝居で進んでいく本作。沖村嘉治は、自分の写真と嘯いて部下である諏訪祐太の写真を出会い系サイトで知り合った女性に送った。その沖村の代わりに諏訪本人が女性とのデートに行くことになってしまう。トランスジェンダーの小早川慶は沖村とインターネットで知り合うが、会うことをためらって小早川の友人・平澤遥が小早川の代わりにデートに行くことになる。この4人が絡み合って描かれる恋愛模様が、この作品最大の見どころと言えるだろう。

平澤にどんどん惹かれていってしまう主人公の諏訪役には風間俊介。元音楽教師でホテルのラウンジでピアノを弾く小早川役には中村中。出会い系にハマる広告代理店課長の沖村役には片桐仁。この3人は初演と同様のキャスティングとなっている。芸能界デビューを夢見ながらデリバリーヘルスで働く平澤遥香役には新たに松井玲奈が抜擢された。

4人のが抱える内面を鋭い視点で描き、観る者の心に愛とは何か?を問いかける本作。前回よりさらに魅力的になって帰ってくることだろう。ぜひとも臨場感あふれる芝居を劇場で楽しんでほしい。

ベターハーフが好きな方はこんなチケットもおすすめ