ベストヒット歌謡祭は、毎年11月に日本テレビ系列で放送されている音楽番組である。近年宮根誠司、ウエンツ瑛士、西山茉希がMCを務めているこの番組は、もともと1968年に人気番組「11PM」の中で放送された「夜のレコード大賞」というコーナーであった。1968年から2000年まではUSENと読売テレビが共同で主催し「全日本有線放送大賞」として放送、2003年からは「ベストヒット歌謡祭」として放送されている。2010年まではコンテスト形式の賞取りレースであり、通称「大阪有線大賞」だったが、2011年の東日本大震災とともに訪れた音楽業界の変革に伴い、従来の賞レースはそぐわなくなってきたと読売テレビは判断、2012年からはコンサート形式での継続となっている。

ベストヒット歌謡祭 2017の日程

1,393人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ベストヒット歌謡祭の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ベストヒット歌謡祭のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

ベストヒット歌謡祭について

ベストヒット歌謡祭の魅力とは

毎年11月に大阪や神戸で開催されるこの歌謡祭は、東日本大震災の影響を受け、コンテスト形式を廃止したイベントだ。時代とともに変遷してきたこの番組は、何と言ってもその豪華なメンバーが見どころだ。出演アーティストは今年も素晴らしいもので、5周年を迎えるきゃりーぱみゅぱみゅに、人気絶頂の三代目J Soul Brothers、ドラマに音楽に引っ張りだこの星野 源、人気上昇中のE-girlsなど、2016年のJ−POPシーンを代表するような面々が揃う。

さらに注目すべきは、今年の8月に突如としてYouTube上に現れた「ピコ太郎」だ。「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」というゆるい歌と癖になるようなダンスが日本のみならず海外でも受け、日本人として松田聖子以来26年ぶりにビルボードチャートにランクインを果たした。まさに今が旬の彼を、是非会場で見たいものだ。

そんな今年2016年の観覧募集は約2,500名。チケットは抽選で、ローソンチケットでの受けとりとなる。チケット抽選は1次、2次が用意されているが、かなりの高倍率になること間違い無しだ。しかし、なんとかしてチケットを手に入れ、一番早いミュージックシーンの総決算に足を運びたいところだ。

ベストヒット歌謡祭 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ