ベルリンフィルハーモニー管弦楽団は、ドイツはベルリンのコンサートホールであるフィルハーモニーを本拠地とするオーケストラである。1882年5月に、団員の平均年齢が30歳未満と若年層を中心に結成された。日本へは、1957年に「楽壇の帝王」と称されたヘルベルトフォンカラヤンに率い来日しており、今でも高い人気を誇っている。誰しもが名前を一度は聞いたことがあるだろう。また、日本人の楽団員もこれまでに数名在籍しており、特にオーケストラの中でも第1ヴァイオリンの首席奏者を務め、オーケストラ全体ををまとめるコンサートマスターには、安永徹が1983年から担当していた。今では2010年12月から樫本大進が第1コンサートマスターを務めており、日本との関わりが深いオーケストラである。

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の日程

1,069人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/23 00:00更新)

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団について

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の魅力とは

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団は、1882年5月に結成されたオーケストラである。ドイツはベルリンにあるコンサートホール「フィルハーモニー」を本拠地としており、世界有数の管弦楽団として知られている。かつて世界最大のローラースケート場を改装して建造されたのが初代フィルハーモニーであるが、1944年1月にベルリン空襲に巻き込まれ崩壊してしまい、跡地は今公園となっている。1963年に今のフィルハーモニーが竣工した。日本でも名前くらいは聞いたことがあるという人がほとんであるが、その立役者となったのが「楽壇の帝王」と称されたヘルベルトフォンカラヤンであると言える。

1960年台から70年代にかけて、カラヤンによって楽団員の国際化を図るほか、一流の奏者と楽器を集め、世界最高峰の技術と知名度を築き上げた。そのため、オーストリアの「ウィーンフィルハーモニー管弦楽団」とオランダ・アムステルダムの「ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団」とは、世界一の名門オーケストラの座を競い合っている。日本へは先述のカラヤンに率いられ1957年に初めて訪れている。オーケストラ全体をまとめる第1コンサートマスターを2010年12月から樫本大進が務めるなど、日本とは親交が深く、幾多に渡って日本公演を行なっている。

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ