ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団はドイツに拠点を置くオーケストラ。1882年に設立された歴史あるオーケストラだ。大晦日に開催される「ジルヴェスターコンサート」は世界の音楽ファンの憧れだ。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は1957年に名指揮者カラヤンに率いられて初来日をして以降、度々日本で公演している。安永徹や樫本大進ら日本人がコンサートマスターを務めたり、ヴィオラ主席に清水直子が在籍するなど、日本人団員も多く活躍。日本国内でもベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の人気は高い。2016年5月にTDK創立80周年スペシャルとして、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は来日公演を行う。サイモン・ラトル指揮のもとベートーヴェンの交響曲を演奏する。

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の日程

728人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団について

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の魅力とは

ドイツ・ベルリンのフィルハーモニーに本拠を置くベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。1882年に設立され、ブラームスやドボルザークも自作の指揮を行っており、世界のクラシックファンに愛されている歴史あるオーケストラだ。大晦日に開催される「ジルヴェスターコンサート」は世界の音楽ファンの憧れの的である。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は日本との関わりも深い。初来日は、カラヤンに率いられて行った1957年。その後も数年おきに来日し、高い人気を誇っている。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にて活躍している日本人団員も多く、第一コンサートマスターを務めた安永徹や樫本大進、ヴィオラ主席の清水直子など多くの団員が存在する。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が2009年から開始した「デジタル・コンサート・ホール」へのアクセスも、ドイツを除けば日本が一番多い。このように、日本でも高い人気を誇るベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、来日公演のたびにチケットが争奪戦となる。2016年5月の来日公演のチケットは、販売されるやいなや全席完売。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のチケットは、クラシックファンの注目度も高く、入手困難な状況が続いている。

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ