宝塚歌劇 星組 ベルリン、わが愛 Bouquet de TAKARAZUKA取扱中!ナチス台頭中の映画の都、ベルリンで奔走した人々を描きだしたミュージカル作品が「ベルリン わが愛」だ。主役を務める星組男役トップスターの紅 ゆずるは、トップスター就任以前からその圧倒的存在感で目立っていた。セリフを発していないときでも、その溢れ出るオーラでファンたちを魅了している。そして娘役の綺咲愛里は、その愛らしい容姿や仕草で劇場中の視線を集めている。ファンたちから「伸びしろがある」と言われていることから、今後最も目が離せない人物の一人だ。2016年に新生星組となって2作目の今作品では、映画を愛する人々たちの映画と向き合う姿を描きながら、ラブロマンスなども楽しめる。前作よりさらにパワーアップした星組の作品を見逃すな。

宝塚歌劇 星組 ベルリン、わが愛 Bouquet de TAKARAZUKA

2,159人が登録中

すべての公演 出品中 (2702) リクエスト中 (44)

もっと見る(65件) 閉じる

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 ベルリン わが愛のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/24 18:00更新)

ベルリンわが愛とは

ベルリンわが愛について

「ベルリンわが愛」とは、2017年の9月から12月まで宝塚歌劇団星組で行われる演目である。この作品の舞台となるのは、1920年代から1930年代にかけてのドイツ、ベルリン。徐々に戦争の足音が忍び寄る中、映画都市としての盛り上がりを見せていたベルリンで、「ミュージカル映画」の制作に着目していた男がミュージカル映画の普及に向けて奔走する。しかし、ナチスはミュージカル映画への圧力を強めていき…。戦争や政治などに翻弄されながらも、映画を愛した人間たちを描いたストーリーだ。

この作品で主演を務めるのは、紅 ゆずる、綺咲愛里の2人だ。「さゆみ」「さゆちゃん」「ゆずるん」「べに子」などの愛称で親しまれている紅 ゆずるは、2002年に宝塚歌劇団に入団した。成績は下から2番目となる48人中47位の実力であったものの、それからの努力で星組配属後の2008年に新人公演で初主演を果たしている。2016年に北翔海莉と入れ替わる形で星組の男役トップスターに就任した。そして同時にトップ娘役に就任したのが綺咲愛里だ。96期生として入団し、2012年には紅の妻役を熱演していた。

星組が送る、至極のドラマティック・ミュージカルは是非劇場でご覧いただきたい。

ベルリン わが愛が好きな方はこんなチケットもおすすめ