佐々木蔵之介が主演を務めるパルコ・プロデュース公演「BENT(ベント)」が、7月に世田谷パブリックシアターにて上演決定。「BENT(ベント)」はナチス政権下ドイツの強制収容所を舞台に、絶望の中でも人間の愛と尊厳を守り抜いた、同性愛者のユダヤ人男性たちの作品。79年にロンドンで初演され、ブロードウェイでも好評を博した。PARCO劇場では、86年に役所広司主演、04年に椎名桔平主演で上演されている。今回は、共演に北村有起哉、新納慎也、中島歩、小柳友といったメンバーが集結。演出は森新太郎が手掛ける。東京のほか、宮城、京都、広島、福島、大阪にて公演予定。

BENT(ベント) 舞台の日程

223人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

BENTの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

BENTのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 06:00更新)

BENT(ベント) について

BENT(ベント) の魅力とは

「BENT(ベント)」は1978年に朗読形式で発表後、1979年にロンドンで上演されたマーティン・シャーマンの戯曲である。ナチス政権下のベルリンを舞台に、強制収容所で出会った男たちが、差別や迫害を受けつつも生き延びるためにさまざまな姿をさらし素顔を見せるハードな内容で、人間心理の奥深さを描き、上演のたびに反響を呼んでいる。                          日本ではパルコ劇場にて1986年に役所広司、高橋幸治の出演により上演されており、以降キャストを変えながら度々公演が行われてきた。今回の上演では、演劇集団 円所属で外部でも活躍中の気鋭・森新太郎が演出を担当。共演は北村有起哉、新納慎也、中島歩、小柳友ほか豪華俳優陣が出演。

BENT(ベント) 舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ