様々な劇団公演の他、ブロードウェイミュージカルや音楽劇など、ジャンルを問わず幅広く活動をしている俳優富岡晃一郎と、個性的な言葉選びが特徴の脚本家であり、劇場の条件を問わず強烈なインパクトを残す演出家でもある福原充則が立ち上げた劇団「ベッド&メイキングス」の最新作、「あたらしいエクスプロージョン」を新劇場、浅草九劇で公演する。今回で5回目の公演となる「あたらしいエクスプロージョン」では、演者に八嶋智人や川島海荷、町田マリーなどそうそうたるメンツを迎え、第2次世界大戦の終戦から9ヶ月後に公開された映画「はたちの青春」に登場するキスシーンをめぐる物語を披露する。公演ごとに進化し続けるベッド&メイキングの演技力や歌唱力を体感してみてはいかがだろうか。

あたらしいエクスプロージョンの日程

56人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ベッドアンドメイキングスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ベッドアンドメイキングスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/29 06:00更新)

ベッド&メイキングスについて

ベッド&メイキングスの魅力とは

ベッド&メイキングスとは俳優・富岡晃一郎と、脚本家でもあり演出家としても活躍する福原充則によって2012年2月に旗揚げされた劇団である。「サルでもわかる哲学」をテーマに、難しい内容をユーモラスを交えて観客に伝えていく。劇団名の「ベッド&メイキングス」とは、劇場(ベッド)を作る(メイキングス)という意味を持ち、今までに倉庫、野外テント、円形劇場など劇空間に強いこだわりを持って創作してきた。実力派女優・安藤 聖、町田マリーらを演者に迎えた第1回目の公演「墓場、女子高生」では、1年前に自ら命を絶った女子高生を彼女の友人たちが謎の儀式で蘇らせてしまったことから、様々なことが起きてしまう物語。身近な人の死という誰もが経験するテーマを扱った今作は高い反響を呼び、2015年第4回公演で再演するまでに至っている。舞台の数を積むにつれて徐々に活躍の幅を広げてきた「ベッド&メイキングス」は、八嶋智人や川島海荷を迎え、第5回目となる舞台「あたらしいエクスプロージョン」を2017年3月に公演する。

「ベッド&メイキングス」の奇妙でかつ笑える世界観をぜひ一度味わっていただきたい。

あたらしいエクスプロージョンが好きな方はこんなチケットもおすすめ