Hostess Club Presents Beck取扱中!BECK(ベック)は、これまでにもフジロック、サマーソニックなどの主要フェスをはじめ、武道館公演なども成功させている90年代を代表するミュージシャン。アコースティックとヒップホップ、そして打ち込みによる名曲ルーザーが発表された時は、各音楽誌が絶賛し、BECK以降と呼ばれるような新ジャンルが開拓された。BECKのライブは、ロボットダンスを見せてくれたり、テーブルと椅子が用意され食器を楽器にした演出など観るものを楽しませる仕掛けが満載だ。

Hostess Club Presents Beck

555人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Beckのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/17 18:00更新)

Beck(ベック) Live情報

Beck(ベック)の魅力を徹底解剖

アーティスティックな衝動。月並みな言葉だが、チケットを手にBeckのライヴを体験すれば、Beckという男が常に何かにインスパイアされ続けているアーティストであることが理解出来る。少年時代、LAという都会において、ビジュアルアーティストである母親にインスパイアされて以来、Beckの音楽には完成というキーワードはあり得ない。

若くしてヨーロッパ諸国を放浪し、Beckは前衛=アヴァンギャルドのスピリットを体中に染み込ませた。ブルーズ、ファンク、カントリー、ヒップホップ、テクノ・ミュージック、そしてジャズの融合。ありとあらゆる楽器を操る才能を持つBeckが創るその音楽は、それぞれのジャンルのフォロワーが未だかつて気付かなかった、「未完成であるが故の可能性」を聴く者に投げかける。Beckが演れば、クールに変わるのだ。

ノンジャンルにこだわるBeckとバンドのケミストリーは、チケットを入手してライヴに足を運ばないと解らない。見た目からしてバラバラのビジュアル。一見まとまりがないメンバー達が、Beckと共に音を出したその瞬間から、見事なまでのコラボレーションを見せる。無駄を省き、飾ることなく、何よりも常に前衛的に、音楽的高みを常に目指しているBeck。その才能と知性を実感したいなら、ライヴに出かけよう。

Beck(ベック)が好きな方はこんなチケットもおすすめ