ビートボックスとは、口だけでドラム音やDJのスクラッチ音などを表現し、一つの音楽を作り出すパフォーマンスだ。演奏する者をヒューマンビートボクサーあるいはビートボクサーと呼ぶ。YouTuberのHIKAKINやDaichiの登場により、日本でも中高生を中心に注目を集めている。日本ヒューマンビートボックス協会が2010年から開催している「Japan Beatbox Championship」は、これまで観客動員数のべ6万人以上を記録しており、大会優勝者は3年に1度開催される世界大会への出場権が与えられる。2015年からは大阪・福岡・仙台・東京の4都市で予選大会が行われ、ソロバトル・チームコンテスト・女性限定バトルの3部門に分かれてビートボックスの技を競う。楽器を全く使わずにイカしたビートを奏でるビートボクサーたちの勇姿を見てほしい。

ビートボックスの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ビートボックスについて

口だけでビートを奏でるビートボックスの魅力とは

ラップ、DJ、ブレイクダンス、グラフィティなどのヒップホップ文化から生まれたビートボックスは、楽器を使わずに口だけでドラム音やDJのスクラッチ音などを表出しビートを刻む音楽手法だ。ヒップホップ文化の黎明期からアメリカでは表現方法の一つとして使われてきた。
日本でもDaichi、HIKAKIN、AFRA、TATSUYAなどの活躍により、若者を中心にビートボックスに取り組む人が増えてきている。
一般社団法人日本ヒューマンビートボックス協会が2010年に開始した「Japan Beatbox Championship」は、ヒューマンビートボックスの日本一を決める公式大会として、これまでのべ6万人を超える観客を動員し、Sh0hなどプロのビートボクサーを目指す実力者たちを輩出してきた。
2015年から大阪・福岡・仙台・東京の4都市で予選大会を開催し、各予選を勝ち上がったプレイヤーたちが東京で開催される決勝大会に出場し、日本一を決める。大会優勝者には3年に1度開催される世界大会への出場権が与えられ、世界のプレイヤーたちとマッチアップすることができる。
楽器を使わずにダンサナブルなビートを刻み、音楽を伝えるヒューマンビートボクサーたちのプレイを肌で感じてほしい。

ビートボックスが好きな方はこんなチケットもおすすめ