ベイキャンプ(BAYCAMP)は、首都圏唯一となるオールナイト型のロック・フェスティバルである。初開催は2011年で、それ以来は年に2回行われている。会場はベイエリアを拠点としており、夏は野外・冬は屋内で開催される。そして2016年も水曜日のカンパネラ神聖かまってちゃんDragon Ashストレイテナー銀杏BOYZthe pillowsキュウソネコカミなど名だたるアーティストが出演した。そして2017年も7回目となる開催が決定した。開催日は9月9日(土)。オールナイトで朝まで楽しめるBAY CAMPはフェス好きにはたまらないものとなるだろう。BAYCAMPは今年も疾走感に溢れた、ロックの魅力あふれるイベントになりそうだ。

ベイキャンプ(BAYCAMP)の日程

653人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ベイキャンプのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/26 18:00更新)

BAYCAMP (ベイキャンプ)について

BAYCAMP (ベイキャンプ)の魅力、楽しみ方

2011年2月に、ディファ有明で初開催されたロックフェスティバル「BAYCAMP」。フジロックを始めとした、ロックフェスティバルが乱立する中、新しい趣旨のロックイベントとして、年に2回、冬は屋内で、夏は野外でオールナイトで開催するというコンセプトのもとスタートした。第2回となる2011年9月には、国内では珍しい川崎市東扇島東公園にて野外オールナイト・ロック・イベントとして開催され、以後、年2回の開催を続けている。メジャーバンドから、新人バンドまでの30組を超えるバンドとDJによって、多彩なライブ・パフォーマンスが楽しめるため、オーディエンスの年齢層も幅広い。回を重ねるごとに、動員数を増やし続けているロックフェスのひとつである。

BAYCAMP (ベイキャンプ)の持ち物、服装

夏、冬ともにオールナイトイベントのため、18歳未満の21時以降の入場が不可で、IDの持参が必須。夏の野外会場の場合は荒天を除き、雨天決行のフェスなので、天候によっては雨具の持参が望ましい。また、会場にはテントサイトが設置されており、テントサイト利用券の購入者のめ、テントやレジャーシートの使用が許可されている。半日を超える長時間のフェスのため、夏、冬問わずこまめな水分補給や休憩葉欠かせない。特に夏開催では、熱中症や日射病対策も必要。

ベイキャンプ(BAYCAMP)が好きな方はこんなチケットもおすすめ