バイエルン国立管弦楽団はドイツバイエルン州ミュンヘンにあるバイエルン国立歌劇場の専属オーケストラである。ドイツ最古の楽団を前身としており、その歴史はルードヴィヒ・ゼンフィルがミュンヘン聖歌隊の指揮者に就任した1523年まで遡れる。音楽監督としてリヒャルト・シュトラウス、ブルーノ・ワルターといった名音楽家、名指揮者たちが名を連ねてきた。ドイツを代表する作曲家であるワーグナーの作品をハンス・フォン・ビューローやフランツ・ビュルナーの指揮で初演したことでも知られている。2017年10月にはNHKホールで来日公演をおこなうことが決まっているバイエルン国立管弦楽団。曲目はワーグナーの楽劇「ワルキューレ」第1幕などである。ドイツ本場の演奏が楽しみだ。

バイエルン国立管弦楽団の日程

222人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

バイエルン国立管弦楽団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

バイエルン国立管弦楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/22 00:00更新)

バイエルン国立管弦楽団について

バイエルン国立管弦楽団の魅力とは

バイエルン国立管弦楽団はドイツバイエルン州ミュンヘンにあるバイエルン国立歌劇場の専属オーケストラ。ドイツ最古楽団を前身としており、歴史はルードヴィヒ・ゼンフィルがミュンヘン聖歌隊の指揮者に就任した1523年にまで遡れる。歴代音楽監督も名指揮者、名音楽家が数多く揃っている。1867年から音楽監督を務めたハンス・フォン・ビューローは職業的な指揮者の先駆者とも言える人物で、作曲家と指揮者の区分を確立した。バッハ、ベートーベン、ブラームスを3Bと名付けた人物としても知られている。1894年から音楽監督を務めたリヒャルト・シュトラウスはドイツロマン派の代表的な作曲家で、オペラや交響曲など数多くの作品を残している。

2017年現在、音楽監督を務めているのは、ロシア出身のキリル・ペトレンコである。2018年からはベルリン・フィルの首席指揮者、芸術監督に就任することが決まっているキリル・ペトレンコ、ベルリン・フィルでロシア人が首席指揮者を務めるのはおよそ70年ぶりとなる。

2017年10月、そのキリル・ペトレンコが初来日を果たす「NHK音楽祭」が開催される予定だ。バイエルン国立管弦楽団を指揮する彼。ドイツオペラの上演を現地で堪能しよう。

バイエルン国立管弦楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ