ミュージカル「1789 バスティーユの恋人たち」はフランス人にとってみればおなじみの革命の年に展開する物語、フランスで「ミルセットゥソン・キャトルヴァンヌフ・レザマン・ドゥ・ラ・バスティーユ」と銘打ち上演、絶賛された王道のラブストーリーである。革命への気運が高まっていたそのフランス国内において、王妃マリー・アントワネットの子の家庭教師・オランプ、農民出身の革命家・ロナン、革命に向かう動乱の中でこの二人は恋に落ちるが、時代に引き裂かれてしまう。そして新時代幕開けを迎えた1789年7月14日、バスティーユ襲撃の日、この二人が運命の再会を果たすというストーリー。2015年、宝塚歌劇月組が日本公演を行い非常に話題となった。そんな「1789 バスティーユの恋人たち」が2016年、東宝版で帰ってくる!マリーアントワネット役で花總まり、オランプ役(Wキャスト)で夢咲ねね、 神田沙也加、ロナン役(Wキャスト)で小池徹平加藤和樹ら豪華キャストが出演。どちらも見逃せない作品となるだろう。

1789 バスティーユの恋人たちの日程

3,076人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

1789 バスティーユの恋人たちの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

1789 バスティーユの恋人たちのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

1789 バスティーユの恋人たちについて

1789 バスティーユの恋人たちの魅力とは

本作品は、フランス・パリにある「パレ・デ・スポール」で2012年に初演、絶賛を得たことからフランス国内においてはその後も何度か上演してきた大ヒット作である。その名作が日本においては最高峰の歌劇団である宝塚歌劇団によって、演出・小池修一郎として上演される。宝塚バージョンとしてのセットアップは現代感覚で描くフレンチ・ロック・ミュージカル。フランス革命に散り破られたラブストーリーがポップな世界へと昇華する。第101期初舞台生のお披露目も目の当たりにできる。 そんな宝塚演目でも人気を集めた「1789 バスティーユの恋人たち」が、東宝版、帝国劇場の新作ミュージカルとしても上演される。どちらも見逃せない!チケットを手にいれて堪能しよう。

1789 バスティーユの恋人たちが好きな方はこんなチケットもおすすめ