「バジリスク 甲賀忍法帖」とは、2003年に連載が開始された漫画作品であり以降数々のメディア展開を行っているメディアミックス作品である。平和を愛する主人公甲賀弦之介が戦いに巻き込まれる様を描いた作品であり、漫画として高い人気を誇る作品だがその原作となる小説も存在している。作り込まれた世界観に深く重い作風は高い評価を獲得。2004年には講談社漫画賞一般部門に輝いており、さらにその翌年にはテレビアニメ版が放送されている。その後パチンコ、パチスロとしても登場しいくつかのシリーズ作が作られる人気作品となる。既に漫画版の連載開始から10年以上の年月が経つ作品であるが、2017年にもテレビアニメ版を制作したGONZOが上映会を開催するなど現在も高い人気を見せている。

バジリスク 甲賀忍法帖の日程

6人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

バジリスク 甲賀忍法帖の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

バジリスク 甲賀忍法帖のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 06:00更新)

「バジリスク 甲賀忍法帖」について

「バジリスク 甲賀忍法帖」の魅力とは

「バジリスク 甲賀忍法帖」は、愛と戦いに生きる忍の少年を主人公とした、漫画、テレビアニメ、パチンコなど様々な展開を見せる人気作品。漫画作品にて知名度を上げることになるが元となるのは、1958年に連載が開始された山田風太郎原作による小説「甲賀忍法帖」。本作は後の日本の作品全般に大きな影響を与えた作品としても有名であり、いわゆる「バトル作品」の歴史を築いた作品とも言える。忍者というジャンルとバトル作品、現在の日本のエンタメ作品を支える存在でありパイオニアとして君臨している。

2003年から連載される漫画版の原作者・せがわまさきは、本作以降もいくつもの山田風太郎作品を手掛けている。講談社から賞を受賞している本作は、その後続編として「桜花忍法帖 バジリスク新章」を小説及びアニメ作品として発表している。アニメ版の制作には現在でも人気の製作会社GONZOが担当しているが、当時日本のアニメとして初となるクラウドファンディングを使っての製作が行われ話題となる。ネットラジオで特別番組が放送されるなど様々な企画を行い、当時声優として出演していた水樹奈々が出演したことでも話題となった。硬派な作風にも関わらず非常に幅広い層からの支持を集めており、今だ根強い忍者というジャンルの勢いを物語る。

バジリスク 甲賀忍法帖が好きな方はこんなチケットもおすすめ