Base Ball Bear (ベースボールベアー)は中学時代の学園祭出演がきっかけとなり、同じ高校に通った仲間の、小出祐介(ボーカル&ギター)、関根史織(ベース&ボーカル)、堀之内大介(ドラム&コーラス)の3人によって構成される。2003年にミニ・アルバム「夕方ジェネレーション」でインディーズ・シーンに登場すると、そのポップでメロディアスなサウンドは、たちまち音楽ファンの間で注目を集めるようになった。ライブのチケットも高い人気を集めるようになり、インディーズ・シーンを席巻した彼ら。2006年に念願のメジャー・シーンへと躍り出ると、その人気は一気に拡大し、ホール公演を成功させた。着実にバンドとして成長を遂げ、2010年に念願の武道館公演を成功させた彼らのスケールの大きいサウンドは、大きい会場でその魅力が最大限に発揮される。Base Ball Bearの生み出すダンサブルなサウンドは、会場に大きなうねりを巻き起こし、観客はそのグルーヴに身を任せ、享楽の時間に酔わせてくれるだろう。

ベースボールベアーの日程

565人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Base Ball Bearのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/2 18:00更新)

Base Ball Bear (ベースボールベアー) について

Base Ball Bear (ベースボールベアー) の魅力とは

Base Ball Bearのライブのチケットの人気の秘密は、中学校時代から始まる精力的なライブ活動によって培われた、最高のライブ・パフォーマンスだ。キャッチーなメロディーラインと、ボーカルの小出祐介が紡ぎだす美しいような、時に突き刺さるような歌詞。更に技術力のあるメンバーそれぞれが奏でるクオリティーの高い演奏との融合が、視覚や聴覚だけでなく身体中に音楽を感じさせてくれる。
また、アイドル好きと公言するボーカルの小出祐介はアイドルソングや、アイドルの音楽業界における立ち位置からも影響を受けており、彼らの音楽にはポップさや、自由さといった要素が意識的に盛り込まれている。そのため、他のロックバンドとは違う独特な音楽を作り上げることができるのだ。そんなところも、たくさんのロックバンドがいる中で彼らが長い人気を得ている秘密であろう。
底抜けに楽しくて刺激的なBase Ball Bearのライブは、会場に訪れた観客の顔に笑顔の花を咲かせる、まさに太陽のようなものだ。同期などを使わず、生音のみでの演奏に拘る彼ら。幅広い年齢層から支持を得ている音楽を、是非会場で間近に楽しんでもらいたいものである。

ベースボールベアーが好きな方はこんなチケットもおすすめ