阪神タイガース「将来の4番打者」大山悠輔選手!「右の大砲」のプロフィールを紹介!

金本知憲監督の下、若手選手が次々と台頭してきている阪神タイガース。その中でも最も注目度が高く将来を期待されている選手が大山悠輔選手です。阪神タイガースの「将来の4番打者」として期待される22歳の新人選手はプロ1年目となる今シーズン早くも4番打者に座りホームランを打つなど活躍し始めています。今回は阪神タイガース大山悠輔選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸、今シーズンの活躍を紹介します。

阪神タイガース将来の4番打者!大山悠輔選手!

(出典:いらすとや

2016年ドラフト1位として阪神タイガースに入団した大山悠輔選手。将来の4番打者として期待される「右の大砲」は阪神タイガースの若手選手で最もファンから将来を嘱望されている選手です!

守備における送球にも優れており、ただ打てるだけの選手でもないことも新人ながらスタメンで起用されている理由の1つでしょう。金本知憲監督も大山悠輔選手に大きな期待を抱いています。

阪神タイガースの希望の星、大山悠輔選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸など、将来の4番打者を期待される大山悠輔選手の魅力や2017シーズンの活躍を紹介します!

阪神タイガース大山悠輔選手のプロフィール

  • 名前   :大山悠輔(おおやま ゆうすけ)
  • 出身地  :茨城県下妻市
  • 経歴   :つくば秀英高等学校-白鴎大学-阪神タイガース
  • 生年月日 :1994年12月19日
  • 身長   :181cm
  • 体重   :85kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:一塁手、三塁手、外野手
  • 背番号  :3

阪神タイガース大山悠輔選手の経歴

大山悠輔選手が野球を始めたのは小学校1年生の時です。軟式野球で投手と内野手を兼任していました。高校に進学すると、1年生から投手と遊撃手を務め、持ち前のパワーで高校通算27本塁打を放ちました。

つくば秀英高校では2年上に現オリックス・バファローズの塚原頌平投手や、同期に現埼玉西武ライオンズの中塚駿太投手を擁していたものの、甲子園への出場は一度もありませんでした。

高校卒業後は白鴎大学に進学した大山悠輔選手は、1年生の春から三塁手として公式戦に出場し、4年生の春には、関甲新学生野球リーグ戦で、打率は.417の高打率を残し、ホームランはリーグ新記録となる8本塁打を記録。打点はリーグタイ記録の20打点の成績を残し、本塁打王と打点王を獲得する堂々の二冠王となりました!

夏には大学日本代表の4番打者を務めるなど、2016年のドラフトの目玉として一気に注目度を高めた大山悠輔選手は、2016年のドラフト会議において阪神タイガースから1位指名を受け、契約金1億円、年俸1500万円、出来高払い5000万円の最高条件でプロ入りすることになりました!

阪神タイガース大山悠輔選手の特徴

将来の4番打者を期待される「右の大砲」

大山悠輔選手は高校通算27本塁打や、大学でのリーグ新記録を達成したことからわかるように、一発の魅力にあふれた選手です!将来は阪神タイガースの4番打者、「右の大砲」としての活躍が期待されています。

今シーズン開幕前の1月に鳴尾浜球場で行われた新人合同自主トレに参加し大山悠輔選手のバッティングを初めて生で見た掛布雅之二軍監督は「バッティングがすごく素直でバランスがいい。遠くに飛ばせる感じはするよね」と語り将来の4番打者としての期待を持って大山悠輔選手の打撃を評価していました。

捕手以外のポジションをこなせる「ユーティリティプレーヤー」

大山悠輔選手はプロ入り前には捕手以外のすべてのポジションを守った経験があるということで、どのポジションでも守れることができる「ユーティリティプレーヤー」としての価値も高い選手です。

ルーキーイヤーとなった今シーズンの一軍の試合でも、一塁手や遊撃手、左翼などのポジションを上手くこなしています。

大山悠輔選手は肩の強さと送球の正確さや質の高さが評価されていて、2月のキャンプ2日目に三塁でのシートノックに参加した大山悠輔選手を見た金本知憲監督からは「うわさ通り、報告通り、肩がいいし、送球はいい、捕ったら心配ないという感じ」と話していました。

久慈内野守備走塁コーチからも「ボールは強いし正確。品のあるボール」と独特の表現で、大山悠輔選手の送球の質の高さを評価していました!

大人しくて真面目すぎる性格が心配?

大山悠輔選手は白鴎大学時代の同級生から「大人しい」とか「真面目過ぎる」と口をそろえて言われるような性格なようで、チームに溶け込むのも時間がかかりそうだと心配されていたようですね。

阪神タイガースのような人気球団で、ファンからの目線も絶えず注がれる状況で活躍できるかを心配する声もあるようですが、良い方向に向けば努力を続け成長できる選手でもあるので、プレッシャーに負けず自分の力を発揮してほしいものですね!

阪神タイガース大山悠輔選手の成績と年俸

  • 2017年の成績と年俸(2017年9月19日現在)

試合数63 打率.238 本塁打6 打点32 年俸1500万円

プロ初安打が初本塁打!

阪神タイガースとの仮契約を終えた際には「プロに入る以上は結果を残していかないといけない。自分も割って入りたい。与えられたポジションでしっかりプレーしたい」と語っていた大山悠輔選手。

金本知憲監督の方針で将来の4番打者として長期目線で育てることが決まり、2017シーズンの開幕前となる3月中旬からは二軍での体力づくりに専念していた大山悠輔選手でしたが、6月23日の対広島東洋カープ戦で代打出場し、公式戦プロデビューを果たしました!

7月1日には甲子園で行われた対東京ヤクルトスワローズ戦で、プロ初安打をレフト方向への3ランホームランで飾る衝撃的な一発を見せました!このホームランには金本知憲監督も大興奮で大山悠輔選手のホームランを喜んでいました!

大山悠輔選手は試合後のヒーローインタビューでプロ初ホームランについて問われると「入るとは思わなかったけど、ファンのみなさんの声援がホームランにしてくれた。今までの人生で一番幸せな時間だった」と語り、阪神タイガースファンの心もガッチリとつかみました!

新人の4番打者として史上初の快挙!

9月1日には初の4番打者としてスタメン出場を果たし、適時二塁打を打ち1安打1打点の結果を出すと、翌9月2日の試合でも4番打者としてスタメン起用され、ソロホームランを放つ活躍を見せました!

阪神タイガースの新人選手が4番打者に座りホームランを打つことは、阪神タイガースの球団史上初となる快挙でもありました!

金本知憲監督も連日の活躍に対し「昨日から2試合続けて4番で打点を挙げて、チャンスでも平常心でいける。大したもんだと思う」と語り、大山悠輔選手のメンタル面も高く評価していました。

これまでの阪神タイガースの常識を覆す活躍をしている大山悠輔選手の「右の大砲」としての評価は、ますます高まっています!

阪神タイガース大山悠輔選手の将来が楽しみすぎる!

今回は阪神タイガースのルーキー大山悠輔選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介しました。9月1日に4番打者に座ってからしばらくたち、プレッシャーも感じ始めたのか少し打率が落ちてきた大山悠輔選手。

しかしこのプレッシャーを乗り越えた先には、大山悠輔選手の輝かしい未来が待っていることを期待する阪神タイガースファンは大勢いるはずです。

金本知憲監督のもと、若手選手も少しずつ育ち始めてきた阪神タイガース。ファンの期待に応えてくれることを信じて大山悠輔選手をこれからも長い目で見守っていきましょう!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。