東北楽天ゴールデンイーグルス松井裕樹のプロフィール!驚異の奪三振率を誇る若き守護神!

東北楽天ゴールデンイーグルスは2016シーズン、3年連続Bクラスとなる5位でシーズンを終えました。2013年日本一の栄光をもう一度掴み取るために松井裕樹投手などの若き力が必要とされています。今回は東北楽天ゴールデンイーグルスの若き守護神、松井裕樹投手のプロフィールや経歴、成績、年俸、性格、得意な球種などについて紹介します。

東北楽天ゴールデンイーグルスの若き守護神、クローザー松井裕樹投手

2016シーズン5位に終わり3年連続Bクラスとなっている東北楽天ゴールデンイーグルス。2013シーズン栄光の日本一に輝いたチームは苦しいシーズンが続いています。

そんな中、試合最終盤に登場してくる若き守護神にかかる期待はさらに高まっています。東北楽天ゴールデンイーグルスのクローザー松井裕樹投手です!

チームの元エースで現在メジャーリーグ・ヤンキースに所属している田中将大投手と入れ替わるように、2014年から東北楽天ゴールデンイーグルスでプレーしている松井裕樹投手。新たなチームの顔としての活躍も期待されています。

今回は東北楽天ゴールデンイーグルス松井裕樹投手のプロフィールや経歴、成績、年俸、性格などチームの若き守護神、松井裕樹投手の魅力に迫ります!

東北楽天ゴールデンイーグルス松井裕樹投手のプロフィール

  • 名前   :松井裕樹(まつい ゆうき)
  • 出身地  :神奈川県横浜市青葉区
  • 経歴   :桐光学園高校-東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 生年月日 :1995年10月30日
  • 身長   :174cm
  • 体重   :74kg
  • 投球・打席:左投左打
  • ポジション:投手
  • 背番号  :1

松井裕樹投手の経歴

高校2年での夏の甲子園で奪三振記録を樹立
「松」の「樹」に豊か(「裕」)に葉っぱがつくという意味で名前が付けられた松井裕樹投手は小学校2年生の頃から野球を始めました。

中学3年生の時には「青葉緑東シニア」で全国大会で優勝するなどし、高校は桐光学園に進学します。

桐光学園高校では1年生の秋にはチームのエースとしてマウンドに立つようになりました。

2年生の夏の神奈川大会では準々決勝で3年連続優勝をしていた名門、横浜高校相手に11奪三振を奪い勝利。決勝戦では桐蔭学園から15奪三振を奪い、桐光学園が5年ぶりに甲子園出場を決める原動力となりました!

そして迎えた夏の甲子園で松井裕樹の名前が全国的に知られる存在になります。

1回戦今治西高校との対戦で、松井裕樹投手は大会史上最多となる10連続奪三振と1試合22奪三振を記録しました!

この衝撃的な奪三振記録にマスメディアや野球ファンの間で大きな話題となり、松井裕樹投手は高校2年生にして大きな注目を浴びるきっかけとなります。

結局この大会では準々決勝で敗れたものの、4試合を投げ68奪三振を奪い、夏の甲子園の歴代3位の奪三振数を記録するなど非凡な能力を見せつけました!

その後の松井裕樹投手は3年時の春夏の甲子園に出場できなかったものの、出場する県予選などには多くの観客が詰めかけるなど一挙手一投足が注目され続け多くの三振を奪い続けます。

そして2013年プロ野球ドラフト会議において、5チームからドラフト1巡目で指名され、抽選により独占交渉権を獲得した東北楽天ゴールデンイーグルスに入団することになりました!

東北楽天ゴールデンイーグルス松井裕樹投手の特徴

縦スライダーを武器に圧倒的な奪三振率

松井裕樹投手の最も得意とするボールは縦のスライダーです!

高校時代には縦のスライダーさえ投げておけば、簡単に空振りを奪えるというほどのキレを誇り、高校生のバッターにはどうすることもできないボールでバッタバッタと奪三振を奪っていました。

松井裕樹投手の縦のスライダーは、ベース付近まできて急激にグッと縦に曲がるボールで、相手バッターからはストレートと思ってバットを振り始めると、急にボールが縦に曲がってくるために空振りをしてしまうんです。

プロの中でもこの縦のスライダーは他の投手にはないほどのキレを誇っているようで、東北楽天ゴールデンイーグルスの正捕手である嶋基宏選手は田中将大投手のスライダーと比較し、こう語りました。

「田中の得意球は鋭く大きく曲がるスライダーでした。一方、松井のスライダーは、打者の手元にきてスピードが増し、タテに鋭く落ちます。ふたりのスライダーは、まったく別ものです。特に松井のスライダーはあまり受けたことのないボール。楽天でこんなボールを投げる投手はいません」

と、プロでもこんな縦のスライダーを投げる投手はいないというほど松井裕樹投手の縦スライダーを絶賛しています!

投げっぷりの良さ

松井裕樹投手は「打てるもんなら打ってみろ」と全身からほとばしるような、投げっぷりの良さも大きな特徴でしょう!

自分のボールに自信を持ってキャッチャーに向かって投げ込んでくるので、相手バッターを圧倒するような雰囲気を醸し出しチームメイトに安心感を与えています。

投げっぷりのいい投手は見てて気持ちいいので、松井裕樹投手の投げる試合は東北楽天ゴールデンイーグルスファンからしても「任せたぞ松井」と言えるほど、若くして頼りになる守護神としてマウンドに堂々と存在しています!

プロ入り後、ストレートを磨く

松井裕樹投手は高校時代には縦のスライダーさえ投げておけば、ほとんど打たれることなく空振りを奪っていたことから、ストレートにはそれほどこだわりはなかったようです。

しかしプロに入るとスライダーだけではボール球を見極められることも多くなり、ストライクを投げるためストレートを投げると打たれてしまうという悪いサイクルに入ってしまいます。

元々それほどコントロールの良くない松井裕樹投手にとってはスライダーを見極められることは自分の投球を苦しくしてしまう原因となってしまいました。

そこで松井裕樹投手はプロでも活躍を続けるために、ストレートを磨くことを決意します!

相手バッターが「ストレートのタイミングで待っているときでも打たれないストレート」を投げるために質の向上を目指しました。

リリースポイントを安定させることや股関節をうまく使うようになったことにより、ストレートの質が向上した松井裕樹投手は、ストレートで空振りやファウルを取れるようになり、変化球も活きてくるようになりました!

東北楽天ゴールデンイーグルスの絶対的守護神としてより頼られる存在になるべく、日々松井裕樹投手は努力を続けています。

東北楽天ゴールデンイーグルス松井裕樹投手の成績と年俸

  • 2014年の成績と年俸

登板数27 投球回116.0 4勝 8敗 0セーブ 防御率3.80 与四死球75 奪三振126 年俸1500万円

  • 2015年の成績と年俸

登板数63 投球回72.1 3勝 2敗 33セーブ 防御率0.87 与四死球30 奪三振103 年俸2500万円

  • 2016年の成績と年俸

登板数58 投球回62.1 1勝 4敗 30セーブ 防御率3.32 与四死球41 奪三振75 年俸6500万円

プロ2年目に先発からクローザーに転向

松井裕樹投手はプロ1年目だった2014年4月、高卒ルーキーとして先発で登板したものの初登板から3連敗するなどしたことから、一旦出場選手登録を抹消され二軍での投球フォーム改善に取り組みます。

その後一軍に復帰し、プロ初勝利を挙げ、高校時代の奪三振記録を証明するべく多くの奪三振を奪い実力の一端を発揮します!

しかし先発投手として安定した結果を残すことができず、中継ぎ登板も増えるなど期待が大きかっただけに松井裕樹投手としては最高の1年目だとはなりませんでした。

明けて翌シーズンからは当時の大久保監督の下、奪三振率の高い松井裕樹投手はクローザーとして試合を締める守護神の役割を与えられます。

すると松井裕樹投手はシーズン通し33セーブを記録し、防御率も1点を切るという圧倒的な投球を見せ、完全に東北楽天ゴールデンイーグルスの若き守護神としてクローザーのポジションに定着しました!

2016年もシーズン通してクローザーを任され続け、2年連続の30セーブ以上を記録し、2017年の年俸は9000万円にまで跳ね上がっています。

高校時代に誰もなしえなかった奪三振記録を打ち立てた松井裕樹投手は、プロに入りクローザーとして新たなセーブ記録を打ち立てるような活躍が今後も期待できそうですね!

東北楽天ゴールデンイーグルス松井裕樹投手の応援歌と登場曲

応援歌

  • 熱い心で、攻めろ力強く、鍛え上げたその腕で、勝利を掴め

登場曲

  • 「Centuries」Fall Out Boy

東北楽天ゴールデンイーグルスを勝利へ導く松井裕樹投手

2014年以降、3年連続でBクラスとなっている東北楽天ゴールデンイーグルス。苦しいシーズンが続くもののファンは温かい声援を送っています。

そんな優しいファンのためにも2017シーズンこそ歓喜の輪を届けるべく選手たちは懸命に戦っています!

2017シーズンが開幕しチームはシーズン序盤、好調が続いており長いシーズンの始まりをいい形でスタートすることができました。

同じく若き守護神、クローザーの松井裕樹投手もチームを勝利へ導く仕事を確実にこなしています!

シーズン最終盤、松井裕樹投手を中心に東北楽天ゴールデンイーグルスの選手たちが歓喜の輪を作りファンと共に喜ぶシーンを多くの人たちが期待しています。

3年連続のBクラスから優勝、そして日本一へ。チームは最高のスタートを切って2017シーズンを走り始めました!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。