東京ヤクルトスワローズの正捕手!中村悠平選手のプロフィールを紹介!ムーチョの真相は?

東京ヤクルトスワローズの正捕手、中村悠平選手。2015年には正捕手としてセ・リーグ優勝を果たし、ゴールデングラブ賞やベストナインにも選出されるなどセ・リーグを代表する捕手として活躍を続けています。投手陣からの信頼も厚く、常に自身の向上を目指し研究熱心な中村悠平選手は今も成長を続けています。今回は東京ヤクルトスワローズの正捕手、中村悠平選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します。

東京ヤクルトスワローズの正捕手、中村悠平選手!

(出典:いらすとや

福井県の高校から高卒ルーキーとしてプロ入りし、現在東京ヤクルトスワローズの正捕手として活躍している中村悠平選手。今シーズンも安定したディフェンスを武器に投手陣を引っ張っています。

学生時代から研究熱心でリードのことについて考え続けてきた中村悠平選手は、投手陣からの信頼も厚くチームの正妻として活躍しています。

今回は東京ヤクルトスワローズ中村悠平選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します!

東京ヤクルトスワローズ中村悠平選手のプロフィール

  • 名前   :中村悠平(なかむら ゆうへい)
  • 出身地  :福井県大野市
  • 経歴   :福井県立福井商業高等学校-東京ヤクルトスワローズ
  • 生年月日 :1990年6月17日
  • 身長   :176cm
  • 体重   :83kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:捕手
  • 背番号  :52

東京ヤクルトスワローズ中村悠平選手の経歴

小学5年生の夏に捕手に

中村悠平選手が野球を始めたのは小学校5年生の時です。友達から誘われたことがきっかけでした。野球を始めてから最初についたポジションはレフトで、内野のポジションもすべて経験した上で、5年生の夏には捕手になりました。

2度の甲子園出場、そしてプロへ

中学3年生の頃には福井県選抜に選ばれ全日本少年野球大会に出場した中村悠平選手。高校に進学すると肩の強さと打撃力の高さを武器に、1年生の秋には正捕手として試合に出始め、高校2年、3年と2年連続で夏の甲子園出場を果たしました!

2年生の時に出場した夏の甲子園では初戦敗退を喫するも、3年生の時には初戦に勝利し2回戦まで進出しました。

そして2008年のドラフト会議で、強肩と力強さのある打撃が評価され、東京ヤクルトスワローズから3位指名を受け、プロ入りすることになります!

東京ヤクルトスワローズ中村悠平選手の特徴

強肩が最大の武器

中村悠平選手の捕手としての最大の魅力は肩の強さにあります。通常、捕手の盗塁阻止率は.250以上あれば優秀だと言われていますが、2015年の中村悠平選手の盗塁阻止率は.315の数字を残しました!

2016年までの中村悠平選手のキャリア通算でも.294の記録を残していて、セ・リーグでもトップクラスの強肩捕手です!

高校時代から研究熱心

中村悠平選手は高校時代から野球に対して研究熱心で、自宅で野球中継を見ながら元中日ドラゴンズの谷繁元信さんや元阪神タイガースの矢野燿大さんのリードを見ながら研究していたそうです。プロの捕手のリードを参考にしてリード研究用のノートに記録し続け、ノートの数は高校3年間で10冊分にもなりました。

最近ではiPadを使い、他球団の映像を見ながら毎日のようにリードの研究をしています。どうやら計算や研究すること自体も好きなようで、中村悠平選手の性格は元々捕手向きな性格なのかもしれませんね!

ニックネームは「ムーチョ」

中村悠平選手のニックネームは「ムーチョ」で、理由はスナック菓子の「カラムーチョ」が好きなことからそう呼ばれています。

しかし今シーズン開幕前の2月に「カラムーチョはそんなに好きじゃない」と発言し、カルビーの「堅あげポテト」が好きだと告白しました!

現在ニックネームは特に変わっていないようですが、堅あげポテトが好きということなら、ニックネームを「あげポテ」と変更してしまうかもしれませんね!

東京ヤクルトスワローズ中村悠平選手の成績と年俸

  • 2009年の成績と年俸

試合数5 打率.000 本塁打0 打点0 年俸480万円

  • 2010年の成績と年俸

試合数3 打率.333 本塁打0 打点1 年俸530万円

  • 2011年の成績と年俸

試合数13 打率.333 本塁打0 打点0 年俸580万円

  • 2012年の成績と年俸

試合数91 打率.254 本塁打1 打点15 年俸650万円

  • 2013年の成績と年俸

試合数84 打率.234 本塁打4 打点24 年俸2400万円

  • 2014年の成績と年俸

試合数99 打率.298 本塁打5 打点41 年俸2600万円

  • 2015年の成績と年俸

試合数136 打率.231 本塁打2 打点33 年俸4000万円

  • 2016年の成績と年俸

試合数106 打率.187 本塁打3 打点37 年俸6700万円

2009年から2011年は主に二軍生活

中村悠平選手はプロ入り1年目の2009年から2011年までは二軍での生活でほぼシーズンを過ごしています。プロ1年目にはイースタン・リーグで打率.301、2本塁打、22打点の成績を残し、高卒キャッチャーとしてはかなりの好成績を残しました!

しかし2010年は一軍に定着することが出来ず、2011年にはチームの第3の捕手として一軍に帯同する期間が増えたもののレギュラー定着とはなりませんでした。

2012年に正捕手の足掛かりを作る

転機となったのは2012年のシーズンです。それまで東京ヤクルトスワローズの正捕手だった相川亮二選手がケガで登録抹消になったことをきっかけに、一軍の捕手を任されることが多くなった中村悠平選手は、相川亮二選手が復帰した後もマスクをかぶることが多くなりました。

2012年は相川亮二選手がマスクをかぶった時よりも中村悠平選手がマスクをかぶった時のほうが投手成績も良かったことから、首脳陣からの信頼も厚くなり正捕手の足掛かりを作りました!

2014年にはオールスター初出場

2013年も前年に引き続き相川亮二選手とのポジション争いが続き、翌年の2014年には開幕から打撃で好調を維持していたこともあり、オールスターに監督推薦での出場が決まりました!

シーズン全体では規定打席に届かなかったものの、3割に迫る.298の打率を残し捕手として大きな経験を積んだ2014シーズンとなりました。

2015年は正捕手としてリーグ優勝

2015年は中村悠平選手にとって自身最高のシーズンとなりました!正捕手として東京ヤクルトスワローズの投手陣を引っ張る活躍をし、チームのセ・リーグ優勝を手繰り寄せます。

打撃成績はそれほど良い結果を残せなかった中村悠平選手でしたが、リードや盗塁阻止などディフェンス面でのチームへの貢献が光り、自身初のゴールデングラブ賞を獲得しました!

さらに中村悠平選手はこの年のベストナインにも選出され、個人としてもチームとしても最高のシーズンとなった2015シーズンでした!

今シーズンも正捕手として活躍中

2015年の活躍以上のプレーを期待されてシーズンを迎えた2016年は、打率が1割台に低迷し、捕手として106試合の出場にとどまり、2歳年下の西田明央選手に正捕手の座を奪われかねない2016シーズンだった中村悠平選手。

年俸が5100万円に下がり迎えた今シーズンは、正捕手として確固たる地位を築けるかどうかの危機感を持ちながらの開幕を迎えました。

本拠地、神宮球場で行われた横浜DeNAベイスターズとの開幕戦では7番・捕手としてスタメン出場した中村悠平選手は、3安打3打点の活躍を見せ、試合は9-2で東京ヤクルトスワローズが快勝。

ヒーローインタビューでは先発した石川雅規投手と2人でヒーローインタビューのお立ち台に立ちました!

その後、正捕手としてプレーしていたものの、6月13日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で右膝にファウルチップを受けた中村悠平選手は右大腿骨の骨挫傷と診断され、一時出場登録を抹消されてしまいます。

しかし復帰後は再び正捕手としてスタメン出場を続けていて、9月20日現在までの成績は、打率.239、本塁打3、打点32と、昨シーズンの打率1割台の絶不調からは抜け出して本来の中村悠平選手のプレーが戻りつつあります!

東京ヤクルトスワローズ中村悠平選手を応援しよう!

今回は東京ヤクルトスワローズの正捕手、中村悠平選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介しました。現在27歳の中村悠平選手は、性格も研究熱心な捕手向きで、これからも長く東京ヤクルトスワローズの正妻として活躍してくれそうな予感がします。

今シーズンのチームは現在セ・リーグ最下位に沈んでいて苦しい状況ですが、残りのシーズンも精いっぱい東京ヤクルトスワローズと中村悠平選手を応援していきましょう!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。