2016年ドラフト1位!ヤクルトスワローズのルーキー【寺島成輝投手】に迫る!

ヤクルトスワローズ期待のドラフト1位ルーキー寺島成輝選手。恵まれた体格から最速150キロの直球を投げ込む左腕。球種も多彩に扱い、昨シーズン12球団最下位の防御率となった投手軍の起爆剤になれるかが注目されており、1年目から即戦力ルーキーとして期待されています。履正社高校時代から大注目を集めた寺島成輝投手とは?今回はヤクルトスワローズのドラフト1位寺島成輝投手のプロフィールを中心にご紹介していきます!

ヤクルトスワローズのドラフト1位 寺島成輝投手

2015年セリーグ優勝をしながらも昨シーズン5位に沈んだヤクルトスワローズ。

投手軍の立て直しを計り来シーズンの優勝を目指します。期待されるのがドラフト1位ルーキー寺島成輝選手。恵まれた体格から最速150キロの直球を投げ込む左腕。球種も多彩に扱い、昨シーズン12球団最下位の防御率となった投手軍の起爆剤になれるかが注目されており、1年目から即戦力ルーキーとして期待されています。履正社高校時代から大注目を集めた寺島成輝投手とは?今回はヤクルトスワローズのドラフト1位寺島成輝投手のプロフィールを中心にご紹介していきます!

ヤクルトスワローズ【寺島成輝投手】のプロフィール

  • 選手名:寺島 成輝(てらしま なるき)
  • 出身地:大阪府茨木市
  • 生年月日:1988年7月30日(19歳)
  • 身長/体重:183cm/90kg
  • 投球/打席:左投左打
  • ポジション:投手
  • 背番号:18
  • 経歴:履正社高等学校→東京ヤクルトスワローズ(2017年~)

高校から大注目!ヤクルトスワローズ【寺島成輝投手】の経歴

幼少時代

幼少時に兄とともに国分寺スカイホークスで軟式野球を始めます。小学校の3年生で出身地の大阪府に戻り、4年生から茨木リトルリーグに入り硬式野球に転じます。箕面ボーイズ在籍中の中学3年生時には世界少年野球で優勝した経験をもちます。

履正社高等学校時代

中学を卒業後は大阪の強豪、履正社高等学校へ入学。1年生ながらベンチに入りするなど「スーパー左腕」として、その名を轟かせます。しかし、大阪府は全国でも競合が募る激戦区。中でもライバル大阪桐蔭高等学校は、ここ最近甲子園大会を何度も優勝をしている強豪校とあって寺島成輝投手の前に何度も立ちはだかりました。

2年生の夏には1回戦でいきなり大阪桐蔭高校と激突。初戦から事実上の決勝戦とあってメディアからも大きく取り上げられます。試合は寺島成輝投手が完投しながらも5失点を喫して敗戦投手となります。

甲子園大会の経験がなく、迎えた3年生最後の夏。並み居る強豪校チームを破り、念願の大阪大会を制します。甲子園大会1回戦となった高川学園戦では最速150キロに迫る速球で1失点完投勝利。続く2回戦は優勝候補の横浜高校と激突します。メディアも注目する一戦となりましたが、安定感のあるピッチングで強打の横浜高校を1失点に抑え、完投で勝利しました。3回戦の常総学院戦で敗退するも寺島成輝投手の名は全国に大きく知られることになりました。

2016シーズン終了後のドラフト会議では創価大学の田中正義投手(福岡ソフトバンクホークス)に注目が集まる中、東京ヤクルトスワローズが1巡目で寺島成輝投手を指名。見事ドラフト1位でヤクルトスワローズへ入団しました。

ヤクルトスワローズ【寺島成輝投手】の高校時代の成績

大阪府予選での成績

試合数 投球回 被安打 奪三振 与四死球 失点 防御率
4試合 29 13 43 10 1 0.31

甲子園大会での成績

対戦校・回戦 投球回 被安打 奪三振 与四死球 自責点
高川学園 1回戦 9 2 11 2 0
横浜高校 2回戦 9 6 4 4 1
常総学院 3回戦 7.2 4 7 2 2
通算 25.2 12 22 8 3

ヤクルトスワローズにドラフト1位で入団した寺島成輝投手でありましたが、高校3年の夏の大会の成績がすごいですね。特に失点の数が少ないのが際立っています。高校時代には寺島成輝投手の他に、横浜高校の「藤平尚真投手」、作新学院の「今井達也投手」、花咲徳栄の「高橋昴也投手」の4選手で「高校ビッグ4」と呼ばれ注目を集めてましたが、ライバル達の影響もあり、ここまでの成績も出せたんではないでしょうか。

イースタンリーグでの成績

試合 投球回 防御率 勝利 敗戦 被安打 三振 与四死球 失点
5 14 2.57 0 1 8 13 8 5

※9/22日現在の数字

ヤクルトスワローズに入団してキャンプでは1軍に帯同。しかし、足のケガで離脱します。長期のケガではなかったものの開幕前の離脱は痛かったですね。イースタンリーグでは5試合の登板に留まっておりますが、内容を見ると防御率2.57とまずまずな成績ではないんでしょうか。

真中監督は「シーズンの最後に1軍でチャンスがあれば投げさせたい」と発言している事から、順調にいくとシーズン終盤の時期に1軍でのデビューもあるのかもしれないですね!1年目でのデビューとなれば来シーズンにも生きてくるではないでしょうか!

ヤクルトスワローズ【寺島成輝投手】の年俸

年度 所属チーム 推定年俸
2017年 ヤクルトスワローズ 1200万円

寺島成輝投手は契約金1億円プラス出来高、年俸1200万円で契約したわけでありますが、球団の高卒新人での出来高が付くのは異例ということで、期待の高さが表れていますね!真中監督も寺島成輝投手を大絶賛しております。

ヤクルトスワローズ【寺島成輝投手】の特徴・性格とは?

寺島成輝投手の特徴

投手としての特徴は、やはり最速150キロのストレート。コントロールもよく打者の内角を付ける度胸満点なピッチングも魅力です。さらに、変化球も多彩でスライダー・カーブ・フォーク・チェンジアップ・カットボールを投げ、打者に的を絞らない所も高校生離れしてる所以でした。

また投手として大活躍の寺島成輝投手でありますが、打者としても一流です。高校時代にU-18日本代表に選ばれ、インドネシア戦での試合では、4番打者としてスタメン入りし4打数4安打4打点と打ちまくり打者としても凄さも発揮しました。

寺島成輝投手の性格

寺島成輝投手はとにかく負けず嫌いな性格として有名です。プロ野球で目標の選手を聞かれた際に現ニューヨーク・ヤンキースに所属する「田中将大投手」のような負けない投手になりたいと言ってる姿からも負けず嫌いな性格を物語っていますね!

また打者のインコースによく投げることからも、強気な性格も読み取れますね!プロの打者にはインコースを投げないと中々抑えられないので、寺島成輝投手のような性格は投手向きともいえるんではないでしょうか。

ヤクルトスワローズ【寺島成輝投手】の今後に注目!

ここまでヤクルトスワローズの期待のドラフト1位選手、寺島成輝投手のプロフィールをご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

プロフィール・経歴からも分かるように、高校時代からその名を轟かせてきた寺島成輝投手。非凡な才能で左腕からの最速150キロの直球は凄く魅力がありますね!ここ2シーズン低迷しているヤクルトスワローズの救世主として活躍が期待されます。まずは来シーズンに向けての調整をして、2018年シーズンは先発ローテーションへ加わってほしいですね!そんな期待のドラフト1位ルーキー、寺島成輝投手の今後の活躍に期待です!

その他おすすめの記事

(出典:いらすとやより)

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。