即戦力ルーキー!ヤクルトスワローズ【星知弥投手】のプロフィール

最速156キロ直球を投げ込む、東京ヤクルトスワローズドラフト2位ルーキー星知弥投手。新人ながら1軍で20試合以上に登板し先発ローテーションに定着しています。昨シーズンチーム防御率リーグ最下位の投手軍の起爆剤となるべく奮闘中です!威力のある直球を武器に勝利を積み重ねるか注目です!そんな気になるヤクルトスワローズ、星知弥投手のプロフィール、経歴、成績、年俸、性格にまで迫ります!

期待のドラフト2位ルーキー ヤクルトスワローズ星知弥投手

昨シーズン5位に沈んだ東京ヤクルトスワローズ。

低迷するチームに新戦力が加わりました。最速156キロ直球を投げ込む、東京ヤクルトスワローズドラフト2位ルーキー星知弥投手。チーム新人投手の中で唯一の1軍で20試合以上に登板し先発ローテーションに定着しています。昨シーズンチーム防御率リーグ最下位の投手軍の起爆剤となるべく奮闘中です!威力のある直球を武器に勝利を積み重ねるか注目です!そんな気になるヤクルトスワローズ、星知弥投手のプロフィール、経歴、成績、年俸、性格にまで迫ります!

ヤクルトスワローズ【星知弥投手】のプロフィール

  • 選手名:星 知弥(ほし ともや)
  • 出身地:栃木県那須郡那須町
  • 生年月日:1994年4月15日(23歳)
  • 身長/体重:183cm/78kg
  • 投球/打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • 背番号:24

剛腕が魅力!ヤクルトスワローズ【星知弥投手】の経歴

  • 栃木県立宇都宮工業高等学校
  • 明治大学
  • 東京ヤクルトスワローズ(2017年~)

高校時代

宇都宮工業高校に入り硬式野球を始めます。2年生の秋にはチームのエースとなり、直球を中心とするピッチングでチームの中心として貢献。3年夏の栃木大会の矢板高等学校との試合では自己最速を4キロ更新する150キロをマークし一躍注目される選手になりました。また決勝戦では惜しくも強豪校の作新学院高校に敗れ、甲子園への出場とはならず、高校時代の3年間は甲子園大会の出場はありませんでした。

大学時代

高校時代からプロスカウトからも評判が高かった星知弥選手でありますが、プロ入りはせず明治大学に進学。1年生ながらリーグ戦に出場すると、いきなり154キロを計測するなど高校時代からさらに、パワーアップした姿を見せつけます。速球をかわれ大学3年生までは主に、抑えを務め、4年生から先発をするようになりました。

4年生秋の大会では3勝をマークし、チームメイトの柳裕也投手(中日ドラゴンズ)との2枚看板で、東京六大学野球リーグ優勝を果たしました。また第47回明治神宮野球大会での決勝戦では、佐々木千早投手(千葉ロッテマリーンズ)擁する桜美林大学戦となり、5イニングを投げ無失点の好投を見せ、自らも本塁打を放つなどして明治大学の5年ぶりの優勝に大きく貢献しました。

大学通算では、46試合に登板し防御率2.59の好成績を残し、プロのスカウトの評価も一気に上げました。2016年のドラフト会議では、東京ヤクルトスワローズから2巡目で指名を受け、契約金7000万円・推定年俸1200万円で契約し入団しました。

明治神宮外苑創建90年記念奉納試合

2016年の神宮球場で行われた明治神宮外苑創建90年記念奉納試合では東京六大学野球選抜チームに選出されます。先発で登板し、いきなりシーズントリプルスリー達成の山田哲人選手と対峙し、全球直球勝負で最後は148キロのストレートで三振を奪うなどして、プロ相手に2回を無失点に抑えました。対戦した山田選手からも大絶賛され、ヤクルトスワローズの真中監督からは「相手のMVPは星君」と評価されるなど実力を発揮しました。

先発ローテーションに定着!ヤクルトスワローズ【星知弥投手】の成績

登板 防御率 勝利 敗戦 投球回 被安打 三振 与四死球 失点 自責点
24 4.73 4 7 110 1/3 116 71 54 64 58

※9/24 現在

ヤクルトスワローズの新人投手の中では唯一、先発ローテーションを守っています。新人ながら4勝をマークし、投球回も100回以上を記録するなどして、経験を積めるプロ1年目になりましたので、来年以降にかなり期待が持てる数字となっています!先発としても活躍中ですが、速球が早く大学時代から抑えもしていたことからクローザーとしても起用もあるかもしれません!今後の星知弥投手の起用法としても注目が集まります。

ヤクルトスワローズ【星知弥投手】の年俸

年度 所属チーム 推定年俸
2017年 ヤクルトスワローズ 1200万円

経歴でもご紹介しましたが、星知弥投手は2016年に契約金7000万円、推定年俸1200万円でヤクルトスワローズと契約しました。今シーズンの登板回数、ルーキということからも来季の年俸増は確実視されています。このまま順調に成績同様に年俸も上げていってほしいですね!

ケガで離脱!東京ヤクルトスワローズ【星知弥選手】のケガの症状は?

9月半ば星知弥投手が「右肘疲労骨折」をしていることがわかりました。入団前から同箇所にひびが入っていましたが、シーズンに入り回復していたことから1軍で投げ続けていたんですが、9月に入り右肘の回復が思わしくない事から、診断をうけると右肘疲労骨折。球団によると今後の手術する予定はなく、保存治療で経過を見ると発表されましたが活躍していただけに、このケガは痛いですね。慎重に治して、来シーズンの開幕には間に合わせてほしいですね!

ヤクルトスワローズ【星知弥投手】の特徴・性格は?

星知弥投手の特徴

星知弥投手の選手としての特徴は、やはり最速156キロの直球を投げ込むところです。160キロを目標としているそうなんですが、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手を意識しており「追いつき、追い越せ」の精神を持っているとの事ですので、神宮球場のマウンドで星知弥投手の160キロを投げている姿が見たいですね!

また投手軍の台所事情は苦しい、ヤクルトスワローズでは先発、中継ぎと共にこなせることもチームにとっても大きな存在になるのではないでしょうか。

星知弥投手の性格

星知弥投手はマウンドでもあまり表情などを崩さない事からも落ち着いた性格ではないでしょうか。また星知弥投手は自分自身の性格を「マイペース」と表現しています。普段のトレーニングの時間もバラバラで「あっ、今やりたいな」と思った際にやる。やりたくない際にトレーニングを行っても意味がない。と発言しており、マイペース具合が伺えますね!

ヤクルトスワローズ【星知弥投手】の今後に注目!

ここまでヤクルトスワローズのドラフト2位ルーキー・星知弥投手のプロフィール、経歴をご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

今シーズン、チームの投手陣が離脱者が多い中で、新人ながら先発ローテーションとして活躍してきた星知弥投手。最速156キロの直球を武器に4勝をマークし、大物になる予感を漂わせました。9月に入り、骨折で離脱しましたが、来シーズン優勝を狙うヤクルトスワローズにとっては必要不可欠な存在です。ケガを治し、来シーズン開幕から1軍のマウンドで投げる姿が見たいですね!今後も東京ヤクルトスワローズ、星知弥投手に注目です!

その他おすすめの記事

(出典:いらすとやより)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。