2017年WBC開幕!1回戦相手キューバ代表の注目投手を紹介!

2017年WBCがいよいよ開幕します。日本と同じプールBに出場し、1回戦の相手でもあるキューバ代表。初戦は日本にとっても2017年WBCを勝ち抜く為にも大事な試合となります。日本はキューバ代表投手を打ち崩し、初戦に勝利することができるのでしょうか?今回はそんなキューバ代表の投手について詳しくまとめました。

2017年WBC開幕!日本の1回戦相手はキューバ

赤いユニフォームを身に纏い「赤い彗星」とも言われるWBCキューバ代表。2017年WBCでは日本と同じプールBに出場し、1回戦目の相手となっています。

キューバ代表と言えば「野球王国」といも言われ、1982年から97年の16年間で国際大会151連勝、オリンピックでも3度の金メダルを獲得するなど「強い」という印象を持っている方も多いのではないでしょうか。ですが実はWBCではキューバは1度も世界一に輝いていないのです。

日本はWBCでのキューバとの対戦成績は3勝1敗と勝ち越しており、2006年WBC第1回大会決勝戦でキューバを打ち破り優勝に輝いた瞬間は記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

キューバ代表には3年間千葉ロッテマリーンズで活躍し、今シーズンからは福岡ソフトバンクホークスへの加入が決まっているアルフレド・デスパイネ選手や読売ジャイアンツで活躍していたフデレリク・セペダ選手も出場が決まっています。

今回はそんなキューバの投手に注目して、プロフィールや成績について紹介していきます。

2017年WBCキューバ代表投手一覧

  • ブラディミール・バノス
  • ラザロ・ブランコ
  • ノエルビス・エンテンサ
  • ホセ・アンヘル・ガルシア
  • ブラディミール・ガルシア
  • ミゲル・ラエラ
  • レアンドロ・マルティネス
  • ライデル・マルティネス
  • リバン・モイネロ
  • アライン・サンチェス
  • ヨスバニ・トーレス
  • ヨアンニ・イエラ

エースの候補として期待されていたフレディ・アルバレス投手は残念ながら怪我のため、辞退が決定となりましたがこのようなメンバーが2017年WBCへの参加出場を決めています。

メンバーは全体的に30歳前後の選手が多く、MLBに参加するために亡命した選手などは今回の2017年WBCには参加をしません。

そのため少し物足りないように感じるかもしれませんが、注目の選手を紹介していきます。

初戦先発投手!ノエルビス・エンテンザ投手

 

ノエルビス・エンテンザ投手のプロフィール

  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長/体重:188cm/95kg
  • 生年月日:1985年7月13日
  • 2016年所属チーム:バケーロス・デ・ラ・アバナ

今までにWBCの出場経験は無く、2017WBCが初出場となります。現在はサブエソス・デ・オルギンへとチームを替えて活動しています。

2017年WBC初戦となる日本との3月7日の試合で先発出場が予定されており、注目を集めています。

昨シーズンは17試合に出場し、その内15試合で先発をしています。97イニングを投げ7勝3敗、防御率3.80、被安打89、与四球46、奪三振44という成績でした。

3月5日に行われた埼玉西武ライオンズとの壮行試合にも先発しており、1安打2四死球で1死満塁を招きましたが無失点で抑えています。

中日に加入!ライデル・マルティネス投手

ライデル・マルティネス投手のプロフィール

  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長/体重:180cm/79kg
  • 生年月日:1996年10月11日
  • 2016年所属チーム:ベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオ

2017WBCキューバ代表として出場が決まっているライデル・マルティネス投手は2017年シーズンは中日ドラゴンズの育成選手として契約が結ばれました。

昨シーズンは11試合2勝2敗、防御率1.45という成績をおさめています。3月5日に行われた埼玉西武ライオンズとの壮行試合では6回に登板し、打者3人相手に18球を投げ、三者凡退で打ち取っています。

キューバ代表のエース!ラザロ・ブランコ投手

ラザロ・ブランコ投手のプロフィール

  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長/体重:193cm/90kg
  • 生年月日:1986年2月23日
  • 2016年所属チーム:アラサネス・デ・グランマ

昨シーズンは21試合に出場した内、20試合を先発し、143.1イニングを投げています。成績は14勝3敗で防御率1.63という成績をおさめ、最優秀防御率のタイトルも獲得しています。

日本代表戦での先発も囁かれていましたが、今回は控えに回っています。

先発候補!ブラディミール・ガルシア投手

ブラディミール・ガルシア投手のプロフィール

  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長/体重:188cm/122kg
  • 生年月日:1988年5月24日
  • 2016年所属チーム:ティグレス・デ・シエゴ・デ・アビラ

2009年WBC、2013年WBCにも出場経験があり、今大会でも先発候補の1人として名前が挙げられています。

昨シーズンの成績は20試合に先発で出場し、152イニングを投げて12勝6敗、防御率2.78という成績をおさめています。体格からも見てとれるようにパワーピッチャーで最速155km/hのストレートを投げます。

脱三振王!ヨアンニ・イエア投手

ヨアンニ・イエア投手のプロフィール

  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長/体重:170cm/74kg
  • 生年月日:1989年10月18日
  • 2016年所属チーム:ココドゥリロス・デ・マタンサス

昨シーズンの成績は20試合に先発し、その内19試合で先発。119.1イニングを投げ13勝2敗、26与四球、123奪三振、防御率2.41という成績をおさめています。昨シーズンは奪三振王を獲得するなど実力を備えた投手の1人です。

WBCについてもっと知りたい方はコチラ!

キューバ代表の投手を打ち破り初戦勝利なるか!?

このように日本にとっては強敵となる投手が沢山いるキューバ代表。その投手達を日本は打ち破り、見事2017WBC初戦勝利をおさめることができるのでしょうか?

WBCで日本はキューバの他にも、オーストラリア、中国と対戦し、2位以上になると2次ラウンドへと勝ち進むことができます。相手チームの出場選手にも注目することによってよりWBCを楽しく見ることができることでしょう。

どの球団のファンも1つになって日本代表を応援しましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。