東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手!貴重な先発左腕のプロフィールを紹介!

東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手。今シーズンも先発ローテーションとして活躍しているチームにとって貴重な先発左腕です。高卒ルーキーとして東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し、生え抜きの先発ローテーションとして確固たる地位を築きつつあります。ポストシーズンでも先発投手としての活躍が期待されます。今回は東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します。

東北楽天ゴールデンイーグルス「左腕」辛島航投手

(出典:いらすとや

チームの貴重な先発左腕として活躍している東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手。今シーズンも先発ローテーション投手として活躍を続けています!

高卒ルーキーとして東北楽天ゴールデンイーグルスに入団した辛島航投手は、生え抜き投手としてさらなる活躍も期待されています。

今回は東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します!

東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手のプロフィール

  • 名前   :辛島航(からしま わたる)
  • 出身地  :福岡県福岡市博多区
  • 経歴   :飯塚高等学校-東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 生年月日 :1990年10月18日
  • 身長   :173cm
  • 体重   :72kg
  • 投球・打席:左投左打
  • ポジション:投手
  • 背番号  :58

東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手の経歴

辛島航投手は小学校1年生の時に地元の少年野球のチームに入り野球を始めます。小学校3年生の時には一旦ソフトボールに移って、外野手や一塁手をしていました。中学では再び野球に転向すると中学2年生の時から投手に転向しています。

飯塚高校に進学した辛島航投手は、1年生でベンチ入りすると2年生の時にはエースとして活躍するようになります。

そして3年夏の福岡大会では、県内の強豪高校を次々と破る快進撃を見せ、飯塚高校創部46年目にして初めてとなる甲子園出場を果たしました!

甲子園では初戦で沖縄代表の浦添商業高校と対戦し先発登板しましたが、途中で爪が割れてしまうアクシデントもありチームは敗れてしまいました。

しかし県大会での好投でプロのスカウトの目にとまった辛島航投手は、2008年のドラフト会議において東北楽天ゴールデンイーグルスに6位指名され、契約金3000万円、年俸600万円の条件でプロ入りすることになりました!

東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手の特徴

緩急を使って相手を惑わす投球スタイル

辛島航投手のストレートは平均137キロの球速でそれほど速い球を投げるわけではありません。辛島航投手はストレートと変化球を上手く組み合わせ、緩急を使って相手バッターを惑わす投球スタイルを持っている投手です!

変化球は緩いカーブにチェンジアップ、スライダーなどの球種を持っています。ストレートと緩いカーブで緩急をつけ、カウントを整えたうえで、追い込んだ時にはチェンジアップで空振りを奪うのが辛島航投手の1つの得意パターンとなっています。

23歳の時に4歳年上の女性と結婚

辛島航投手はまだ若手の投手ですが、23歳の時にはすでに4歳年上の一般女性と結婚しています。子供もいるとのことで、イケメン好きの東北楽天ゴールデンイーグルスファンの女性にとっては残念な話かもしれません。

辛島航投手は高卒ルーキーとして東北楽天ゴールデンイーグルスに入団してきた生え抜き投手ですが、イーグルスファンの間ではいまいち人気がないとも言われます。早く結婚しちゃったからというのも理由の一つとしてあるかもしれませんが他にも理由があります。

ヒーローインタビューでの「そっけない受け答え」がいまいち人気が出ない原因だと言われているようで、ファンからすればもう少し愛想よくインタビューに答えてほしいとの気持ちがあるのかもしれませんね。

ただ辛島航投手はイケメンでもあり、笑うと笑顔もかわいいので、ヒーローインタビューで素の辛島航投手を出してくれれば、どんどん人気が上がりますよね!

東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手の成績と年俸

  • 2009年の成績

登板数2 投球回5.0 0勝 0敗 防御率9.00 年俸600万円

  • 2010年の成績

登板数12 投球回12.2 0勝 1敗 防御率4.97 年俸610万円

  • 2012年の成績

登板数16 投球回103.1 8勝 5敗 防御率2.53 年俸620万円

  • 2013年の成績

登板数11 投球回59.0 3勝 4敗 防御率4.42 年俸2200万円

  • 2014年の成績

登板数25 投球回154.1 8勝 13敗 防御率3.79 年俸2100万円

  • 2015年の成績

登板数14 投球回76.2 5勝 7敗 防御率4.58 年俸4200万円

  • 2016年の成績

登板数13 投球回72.0 3勝 7敗 防御率3.88 年俸3300万円

  • 2017年の成績(10月1日現在)

登板数19 投球回103 8勝 8敗 防御率4.19 年俸3000万円

球団史上2人目の高卒ルーキー登板

高卒ルーキーとして臨んだ2009年は主に二軍での登板でしたが、8月13日の対福岡ソフトバンクホークス戦でプロ奴登板を果たしました!

球団の高卒ルーキーの投手でプロ1年目に一軍の試合に登板するのは、現在メジャー・リーグでプレーしている田中将大投手以来で、球団史上2人目のこととなりました。

2011年オフの自主トレがきっかけで飛躍

2010年は中継ぎとして12試合に登板したものの目立った結果を残せなかった辛島航投手。2011年にはケガのため全く一軍の試合に登板することはありませんでした。

そんな辛島航投手が大きく変わったのが2011年オフに行った田中将大投手やダルビッシュ有投手との自主トレです。球界トップの投手と自主トレを行ったことで「きっかけじゃないですけど、取り組む姿勢とか、野球を真剣に考えるようになった」と語った辛島航投手。

自主トレではケガをしない体作りを目指し体重を8キロも増量するなどの肉体改造を行います。当初は「体が重くて自分の感覚がついていかなかった」という辛島航投手は、2012年2月の一軍キャンプの紅白戦でストレートのキレやコントロールが定まらない投球を繰り返し、二軍に降格してしまいました。

しかしその後、投げ込みを繰り返し体重を2キロ落としたことで、ストレートにもキレが戻ります。そして迎えたレギュラーシーズンでは5月1日の対埼玉西武ライオンズ戦でプロ初の先発登板を果たすと、6回2/3を投げ1失点に抑える好投を見せ、プロ初勝利を記録しました!

辛島航投手のプロ初勝利には、オフに自主トレをしこの年からメジャーリーグに移籍したダルビッシュ有投手も反応し、ツイッターで「辛島初勝利!」と投稿するなど周りからも祝福されていました!

2013年には日本シリーズ先発登板も

2013年には日本シリーズ第5戦にも先発登板した辛島航投手は、5回を投げ無失点に抑える好投を見せ勝ち星はつかなかったものの、チームを勝利に導き日本一達成にも貢献しました!

2014年には9月7日の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初完封勝利を挙げる活躍を見せるなど、先発ローテーション投手としてシーズン通じて活躍します。

2015年、2016年はケガの影響もあり登板数が少なくなるなど、辛島航投手にとって苦しいシーズンが続きました。

2017年も先発投手として活躍中!

2017年の辛島航投手は開幕から先発投手として安定した投球を続けていて、チームのクライマックスシリーズ進出に貢献しました!

今シーズン最後の先発登板となった10月1日の対千葉ロッテマリーンズ戦では、自身最多となる9勝目を目指しマウンドに立つと、6回を投げ1失点に抑える好投を見せましたが、打線の援護に恵まれず残念ながら勝ち星はつきませんでした。

東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手応援しよう!

今回は東北楽天ゴールデンイーグルス辛島航投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介しました。貴重な先発左腕としてポストシーズンでの活躍にも期待です!

チームは現在パ・リーグ3位となっていて、本拠地でのクライマックスシリーズ開催権を得る2位を目指し、埼玉西武ライオンズと熾烈な戦いを繰り広げています。

本拠地Koboパーク宮城でのクライマックスシリーズ開催へ向け、東北楽天ゴールデンイーグルスを応援していきましょう!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。