東北楽天ゴールデンイーグルスの森原康平投手!新人ながらフル回転する快速右腕のプロフィールを紹介!

今シーズン、ドラフト5位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団した、森原康平投手。新人ながら、ここまで中継ぎとしてフル回転し、チームの勝利に貢献しています。そんな森原投手のプロフィール、気になるところですよね。今回は、東北楽天ゴールデンイーグルス、森原康平投手の経歴、成績、年棒、性格などのプロフィールについて紹介します!

ルーキーながらフル回転!東北楽天ゴールデンイーグルスの森原康平投手

(出典:いらすとやより)

今シーズン、チームに新加入した、東北楽天ゴールデンイーグルスの森原康平投手。

ルーキーながら、ここまで42試合に登板するなど、中継ぎとしてチームを支えています。

森原康平投手の特徴は、150km/hを超える速球と、新人とは思えないマウンド度胸。これらを武器に、躍動感溢れる投球で打者に立ち向かっていきます。

今回は、そんな森原康平投手の経歴、成績、年棒、性格などのプロフィールについて、紹介していきます。

東北楽天ゴールデンイーグルス、森原康平投手のプロフィール

  • 名前:森原 康平(もりはら こうへい)
  • 生年月日:1991年12月26日(25歳)
  • 出身地:広島県福山市神辺町
  • 身長/体重:185cm/88kg
  • 投打:右投げ左打ち
  • ポジション:投手
  • 背番号:52
  • 経歴:山陽高等学校→近畿大学→新日鐵住金広畑→東北楽天ゴールデンイーグルス(2016年 ドラフト5巡目)

東北楽天ゴールデンイーグルス、森原康平投手の経歴

野球を始めたきっかけは祖父

(出典:いらすとやより)

森原康平投手が野球を始めたきっかけは、祖父とのキャッチボールだそうです。

野球に興味を持った森原投手でしたが、当時通っていた小学校には野球チームがなく、隣の小学校の野球部に入団します。これが、森原康平投手の野球人生の始まりでした。

中学に上がっても、軟式野球のチームでプレーを続けます。最初は捕手を守っていましたが、中学2年時に投手に転向。以降、投手としてプレーするようになります。

高校、大学ともにエースとしてチームを引っ張るも、プロ入りはならず

高校は、地元広島で野球名門校として知られる山陽高校に入学した森原康平投手。高校ではチームのエースとして、3年夏には県大会4強進出の原動力となる活躍を見せますが、プロ入りとはなりませんでした。

高校卒業後、森原康平投手は関西の野球強豪校である近畿大学に進学します。

1年秋からリーグ戦で登板機会を得ると、3年時には先発1番手として活躍。3年秋のリーグ戦から3季続けて防御率1位に輝き、チームもリーグ優勝を果たすなど、エースとしてチームの勝利に貢献しました。

このように、大学時代はチームのエースとして目立つ活躍を見せた森原康平投手でしたが、高校時代に続き、プロ入りの夢を果たすことはできませんでした。

一念発起して入団した社会人野球チームで急成長!一躍プロ注目の存在へ

大学卒業後のプロ入りは叶わなかった森原康平投手でしたが、卒業後は社会人野球の強豪である新日鐵住金広畑に入団します。

すると、社会人入り後に急成長を遂げます。徹底した体作りによって、球速が大きく向上。最速151km/hをマークするほどの投手に変貌しました。

この速球を武器に、社会人2年目にエースの座を獲得すると、チームの日本選手権出場に大きく貢献。一躍、注目選手となりました。

そして、2016年度ドラフト会議において、東北楽天ゴールデンイーグルスより5巡目で指名され、見事、森原康平投手はプロ入りを果たしました。

ドラフト5位での入団でしたが、当時の楽天のスカウト陣は「森原選手ほどの投手を5巡目で獲得できてよかった」と語っており、森原康平投手がいかに優れた選手であったかを物語っています。

東北楽天ゴールデンイーグルス、森原康平投手の成績と年棒

森原投手❗ 日ハム戦2017.8.27 #森原康平 #morihara52 #rakuteneagles #koboパーク宮城

A post shared by ギンパッパ (@akllnobb) on

2017年シーズンの森原康平投手の成績と年棒は、下のようになっています。

登板 勝利 敗北 セーブ ホールド 投球回数 奪三振 失点 自責点 防御率
42 2 4 0 13 39.1 21 22 21 4.81

年棒:1,000万円(2016年度)

開幕から1軍入りし、勝ちパターンの一角に

2017年シーズン、新人ながら開幕1軍入りを果たした森原康平投手。いきなり中継ぎとして、勝ちパターンの7回を任されます。

すると、森原投手は監督の起用に応えるピッチングを披露。開幕から10試合連続無失点を記録するなど好投を見せ、4月は0点台の防御率をマークします。

森原康平投手の活躍に引っ張られるように、チームも開幕から絶好調。シーズン序盤、東北楽天ゴールデンイーグルスは首位を独走するなど、見事にスタートダッシュを決めました。

その後、調子を落とし、シーズン途中で2軍落ち

開幕から好投を続け、チームの勝利に貢献していた森原康平投手。

しかし、5月下旬からは疲労からか、徐々に調子を落としていきます。

打ち込まれるシーンも多くなり、0点台だった防御率は、4点台以上まで悪化。「直球で押し込めなくなっている」と、6月に入って梨田監督は、森原康平投手の2軍降格を決断しました。

1軍復帰後は、再び中継ぎとして奮闘

プロ入り初の2軍落ちを経験した森原康平投手。しかし、2軍でしっかりと調整に取り組むと、8月に入り1軍復帰を果たします。

1軍再昇格後は、再び中継ぎとして持ち味を発揮。9月17日現在で42試合に登板するなどフル回転し、チームを支えています。

東北楽天ゴールデンイーグルス、森原康平投手の特徴

森原康平投手の特徴といえば、150km/hを超える直球がまず挙げられます。

躍動感のあるフォームから繰り出される直球は、特に低めで威力を発揮します。上の動画でも、森原投手の球威を体感することができます。

また、速球派ながら制球力に優れていることでも知られており、開幕から10試合では、無四球無失点を記録しました。速球と変化球を武器に、ストライクゾーンで勝負できる投手だといえますね。

一方で、シーズン中盤には、疲労によって球威の落ちた直球を相手打者に狙い打たれるシーンも目立ちました。打者の狙いを外す、有効な変化球を覚えることができれば、森原投手のさらなる飛躍も期待できます。

浜崎あゆみの大ファン?森原康平投手の性格は?

インターネットで「森原康平」と検索すると、なぜか「森原康平 浜崎あゆみ」という検索結果が上位に出てきます。なぜなのか、まさか二人はお付き合いしているのでしょうか!?

実際にはそうではなく、森原投手が浜崎あゆみさんの大ファンであるためです。

ファン歴は長く、子供の頃から浜崎あゆみさんのファンだったそうです。大学時代には、浜崎あゆみさんのライブにも足を運んでいたという森原康平投手。

入寮の際にも浜崎あゆみさんのライブDVDを持ち込み、オフの日にはリラックスも兼ねて鑑賞しているそうです。また、入場曲にも浜崎あゆみさんの「Boys & Girls」を採用するなど、筋金入りのファンであることが見受けられます。

このことからも、森原康平投手は一途でこだわりが強い性格なのではないか、と想像できますね。一方で、ルーキーながら中継ぎとして、厳しい場面での登板を重ねていることから、強いハートの持ち主であるともいえそうです。

東北楽天ゴールデンイーグルス、森原康平投手の今後の活躍に期待!

ここまで、東北楽天ゴールデンイーグルス、森原康平投手の経歴、成績、年棒、性格などのプロフィールについて紹介してきました。

今シーズン、新人ながら登板を重ねる森原康平投手。途中、2軍落ちもありましたが、現在は再び貴重な中継ぎとしてチームを支えています。

また、チームとしても、途中10連敗を喫するなど苦しい時期もありましたが、現在はリーグ3位につけています。クライマックスシリーズ進出も期待出来そうです。

チームの勝利のため、東北楽天ゴールデンイーグルス、森原康平投手のさらなる活躍に期待しましょう!

東北楽天ゴールデンイーグルスに関する記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。