読売ジャイアンツ不動のエース菅野智之!プロフィールや成績などまとめて紹介!

2017シーズンも約半分が過ぎ去ろうとしています。シーズンが始まる前は優勝候補の筆頭に挙げられていた読売ジャイアンツは球団史上最悪となる13連敗を喫するなど苦しい戦いを強いられています。しかし苦しいチーム事情の中でもエース菅野智之投手はチームに欠かせない存在として良いピッチングを続けていて、シーズン後半の読売ジャイアンツの巻き返しに向けチームメート共に戦っています。今回は読売ジャイアンツのエース菅野智之投手のプロフィールや成績、年俸などを紹介します。

読売ジャイアンツのエース菅野智之投手

2017シーズン優勝候補の筆頭としてファンからも期待されていた読売ジャイアンツ。しかし球団史上最悪の13連敗を記録するなど苦しい戦いを強いられています。シーズン後半へ向け、巻き返しが期待されます!

チームは苦しい状況ながらも孤軍奮闘し、チームの勝利のために全力を尽くしているピッチャーがいます。菅野智之投手です!

読売ジャイアンツ不動のエースピッチャーとして、セリーグでは28年ぶりとなった3連続完封勝利を果たすなど、プロ野球全体でもトップクラスの実力を今シーズンも発揮しています。

今回は読売ジャイアンツのエース菅野智之投手のプロフィールや成績、年俸などを紹介します!

読売ジャイアンツ菅野智之のプロフィール

  • 名前   :菅野智之(すがの ともゆき)
  • 出身地  :神奈川県相模原市
  • 経歴   :東海大学附属相模高校-東海大学-読売ジャイアンツ
  • 生年月日 :1989年10月11日
  • 身長   :186㎝
  • 体重   :92㎏
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • 背番号  :19

原辰徳元巨人監督の甥

菅野智之投手は小学校に上がる直前にあった叔父でもある原辰徳元巨人監督の引退試合を見たことがきっかけで野球を始めることになったそうです。

小学校の頃から投手としてプレーしていて、中学の時には神奈川の県大会で優勝したり、関東大会でもベスト8になったりするなど、野球エリートの血を引いているからなのか能力の高さを発揮していました。

高校は東海大相模高校に進学し2年生の秋頃から主戦投手として活躍し始め、当時最速148㎞のストレートを武器にプロからも注目を集めるピッチングを披露していましたが、甲子園への出場はなりませんでした。

東海大学へ進学した菅野智之投手は1年時から主戦投手としてプレーし、首都大学リーグで通算14完封というリーグ新記録を達成するなど活躍。プロからも大注目の存在となります。

ドラフト会議をめぐり1年間の浪人生活

菅野智之投手は原辰徳元巨人監督の甥ということもあって、子供の頃から読売ジャイアンツに入ってプレーすることが夢だったようです。大学卒業後にプロ入りする際には、読売ジャイアンツ以外考えていなかった菅野智之投手をめぐり混乱が起こります。

菅野智之投手の指名には読売ジャイアンツの単独指名が濃厚だと思われていましたが、北海道日本ハムファイターズも1位指名し、くじ抽選の結果、北海道日本ハムファイターズが独占交渉権を獲得します。

しかし菅野智之投手は、子供の頃から夢だった読売ジャイアンツ入団にこだわりがあったことから、北海道日本ハムファイターズへの入団を断り、前代未聞の1年間の浪人生活をおくることになります。

これはドラフトでの入団を断り、社会人野球などに進んだ場合には2年間ドラフト会議で指名されることがなくなることから、菅野智之投手はどのチームにも所属することなく、浪人生活をすることになりました。

そして翌年のドラフト会議において、DeNAや楽天などが1位指名することを公言していたものの、結局、読売ジャイアンツのみが単独指名する結果となり、子供の頃からの夢をだった読売ジャイアンツへの入団という夢を叶えることになりました!

読売ジャイアンツ入団後は、1年間の浪人生活でのブランク期間があったことから即戦力投手として活躍できるのか心配の声もありましたが、1年目からチームのエース級の活躍をし、読売ジャイアンツファンのみならず、プロ野球ファン全体に能力の高さを示しました!

n読売ジャイアンツ菅野智之の特徴

多彩な変化球で相手バッターを惑わせる

菅野智之投手は多彩な変化球を持っていて、球種はシュートやスライダー、カーブ、カットボール、フォークを武器に相手バッターから三振を奪ったり、ゴロを打たせたりするなど相手に球種を絞らせない投球ができます。

多彩な変化球の中でも特に得意なのはシュートとスライダーで、右バッターには内角に食い込むシュートを投げ込んだ後に外角のスライダーで仕留めるパターンを確立しています。

左バッターには内角低めのストライクからボールになるキレのあるスライダーで空振りを奪うなど、右左関係なく自身の持つ変化球を生かした投球で読売ジャイアンツのエースピッチャーとして活躍しています!

最速157㎞のストレート

2016シーズンあたりからトレーニングの効果もあってかストレートの球威も増し、力のあるストレートで豪快に空振り三振を奪うシーンも増えてきました!

以前の菅野智之投手のピッチングは投球技術には優れているものの、読売ジャイアンツのエースとしての力強さという点においては物足りなさを指摘する声もありました。

しかし最近ではストレートを投げると分かってるシーンであえて、ストレート勝負をし、圧倒的な投球を見せるなど、力強い投球も目立ってきています!

四球の少ない制球力

菅野智之投手の一番の特徴はコントロールの良さからくる四球の少なさでしょう!2016シーズンには与四球率1.47を記録し、セリーグ1位の記録を残しています。

常にコントロールのいい状態が保たれているので、調子が悪いときでも、自ら自滅するピッチングをすることも極めて少なくチームメートからの信頼の高さは読売ジャイアンツのエースにふさわしい投手と言えるでしょう。

四球が少ないだけでなく、甘いボールがいくことが少ないので、固め打ちされることも少なく、現在のプロ野球の先発投手の中でも、最も安定したピッチングをする投手ですね!

読売ジャイアンツ菅野智之の成績と年俸

  • 2013年の成績と年俸

登板数27 13勝 6敗 防御率3.12 奪三振155 年俸1500万円

  • 2014年の成績と年俸

登板数23 12勝 5敗 防御率2.33 奪三振122 年俸7000万円

  • 2015年の成績と年俸

登板数25 10勝 11敗 防御率1.91 奪三振126 年俸1億1000万円

  • 2016年の成績と年俸

登板数26 9勝 6敗 防御率2.01 奪三振189 年俸1億3000万円

1年目からエース級の活躍

2013年の読売ジャイアンツ入団1年目から菅野智之投手はエース級のピッチャーとして活躍しています。1年目からいきなり2桁勝利の成績を残すと、2年目には防御率のタイトルを獲得。

4年目のシーズンとなった2016年には防御率と奪三振の二つのタイトルを獲得し、名実ともにセリーグナンバーワンのピッチャーとして認知されることになりました!

2016年の活躍を受けて2017年の年俸は2億3000万円まで跳ね上がり、チームからの期待もますます高まってきています!

読売ジャイアンツ菅野智之の応援歌と登場曲

応援歌

  • 揺るがぬ想い、その腕に、魂込めたストレート、勝利へ続く道、進め、菅野智之

登場曲

  • 「Change」SHE’S
  • 「NIPPON」椎名林檎

読売ジャイアンツ巻き返しへ!菅野智之投手の活躍がカギ!

(出典:いらすとや

2017シーズンも約半分が過ぎ、読売ジャイアンツは7月2日現在5位と苦しい状況となっています。優勝争いに絡むにはかなり難しい状況ではあるものの、まずはクライマックスシリーズへの出場が期待されます。

この苦しい状況から抜け出すには、やはりチームのエースである菅野智之投手の活躍がカギになるでしょう!エースの活躍がなければこのまま読売ジャイアンツが沈んでしまうことも予想されます。

まずはクライマックスシリーズへの出場へ向け、菅野智之投手と共に、球界の盟主、読売ジャイアンツの躍進が期待されています!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。