2017東京ヤクルトスワローズ二軍で期待の注目選手13人をご紹介!

2017シーズンに向け走り始めた東京ヤクルトスワローズ。チーム全体を強くするには一軍の選手たちはもちろん、二軍の選手たちの成長もチームの勝利に欠かせません。そこで今回は2017シーズンに活躍すると期待されている東京ヤクルトスワローズの二軍の注目選手13人を紹介します。

2017ヤクルトスワローズ二軍選手紹介

2016シーズンはセリーグ5位に終わった東京ヤクルトスワローズ。2015年シーズンはセリーグ優勝を果たしていただけに残念な結果になってしまいました。

2017シーズンへの巻き返しのためには一軍のトップ選手のレベルアップはもちろんのこと二軍の選手たちの底上げもシーズンを戦う上での重要な要素となるでしょう。

そこで2017年のシーズンを二軍キャンプからスタートし、一軍への昇格を目指す注目選手達を紹介します。

二軍の注目選手 投手

注目選手その1 背番号11 由規

  • 生年月日 1989年12月5日
  • 身長 179㎝
  • 体重 80㎏
  • 右投左打
  • プロ5年の通算成績 出場試合数73 防御率3.52 28勝29敗

2007年に3年生として望んだ夏の甲子園で当時甲子園のスピードガンで計測された中では史上最速だった155キロの球速を記録し話題となりました。

プロ入り後はケガに苦しむなど苦労もありましたが、プロ三年目には初めての二けた勝利を挙げています。

スリークォーターから最速161㎞の球威のあるストレートと、フォークやスライダーを中心とした切れのある変化球が持ち味。

その才能は誰もが認めるところですが、制球面で問題がありその才能を生かしきれずにいると言ってもいいかもしれません。

制球さえよくなれば大化けする可能性を秘めた才能のある投手であることは間違いないので、ぜひ自分の課題をクリアして東京ヤクルトスワローズを代表するピッチャーになってほしいものです。

注目選手その2 背番号26 久古健太郎

  • 生年月日 1986年5月16日
  • 身長 181㎝
  • 体重 82㎏
  • 左投左打
  • プロ6年の通算成績 出場試合数222 防御率3.96 8勝6敗2セーブ

社会人からヤクルトに入団し、プロ一年目から52試合に登板。

21試合連続無失点というセリーグの新人投手としては最多タイという記録を残しました。その後も一軍と二軍を行き来することはありますが、2015年にはチームの優勝にも貢献。

相手選手からは球が見えずらいであろう左サイドハンドからの投球で、タイミングが合いづらく打ちにくいスライダーやカットボール、シュートやカーブ、さらにはチェンジアップなどの多彩な変化球で相手を翻弄し、時には相手の左打者への内角のストレートで思い切った勇気のある投球もします。

左打者へのワンポイント登板のためにもチームにとって必要な選手でしょう。

注目選手その3 背番号38 梅野雄吾

  • 生年月日 1999年1月13日
  • 身長 175㎝
  • 体重 84㎏
  • 右投右打
  • プロ1年目

2016年のドラフト会議でヤクルトから3位指名を受けてチームに入団することになりました。

佐賀県で生まれ育ち、九産大九産高に進学した梅野選手は1年秋からベンチ入りを果たすと2年の春にはチームのエースの座をつかむなど早くから高校の中で目立つ存在になっていました。2年の秋には自身最速の149㎞のストレートを披露し、プロ9球団から注目されプロ入りが現実的なものに。

プロのスカウトが注目する中行われた試合で、154㎞の球速を記録するなどしたことから甲子園経験はなかったもののドラフト上位でヤクルトに指名されるに至りました。

注目選手その4 背番号47 高橋奎二

  • 生年月日 1997年5月14日
  • 身長 178㎝
  • 体重 73㎏
  • 左投左打
  • プロ2年目 出場試合数0

京都出身なことから高校時代には古都のライアンという愛称がつけられ、右足を大きく振り上げるフォームから最速145㎞のストレートとスライダーやカーブ、チェンジアップを武器に一軍昇格を目指しています。

イケメン選手としても人気がありファンからは竹野内豊に似ていると評判のようです。

注目選手その5 背番号54 中澤雅人

  • 生年月日 1985年2月16日
  • 身長 179㎝
  • 体重 80㎏
  • 左投左打
  • プロ7年の通算成績 出場試合数108 防御率4.65 12勝14敗

プロ1年目となった2010年のシーズンでは20試合に先発し、7勝を挙げるなどそれなりの結果を残しましたが、2年目以降は制球難に苦しむなどの理由から一軍と二軍を行ったり来たりを繰り返しました。

ここ3年間は中継ぎ投手として多彩な球種を武器にチームに貢献しています。

注目選手その6 背番号62 徳山武陽

  • 生年月日 1989年7月21日
  • 身長 185㎝
  • 体重 84㎏
  • 右投両打
  • プロ4年の通算成績 出場試合数54 防御率4.55 3勝4敗

長身を生かして上から投げ下ろすように投球するのを特徴とする選手です。

2015年には39試合に登板しヤクルトの優勝に貢献。しかし2016年のシーズン中に黄色靭帯骨化症を発症しシーズンオフに手術。リハビリをして完治を目指しています。

注目選手その7 背番号58 杉浦稔大

  • 生年月日 1992年2月25日
  • 身長 189㎝
  • 体重 86㎏
  • 右投右打
  • プロ3年の通算成績 出場試合数28 防御率5.00 6勝7敗

北海道出身ということもあり、中学生までは野球と並行し、アイスホッケーもやっていました。

大学は国学院に進み、ドラフト一位でヤクルトに入団することに。

即戦力として期待されていましたが開幕前のキャンプ中に右肘靭帯の断裂の事態に見舞われ、ケガからのリハビリというマイナスからのスタートとなってしまいます。

同じ年の7月に二軍登板、その後9月に一軍での先発登板も果たし4試合に出場、2勝を挙げるなど高い能力の片りんを見せつけました。

2年目は開幕からローテーション入りしましたが結果が出ず右肘の違和感から登録抹消されるなど厳しいシーズンを送ります。

3年目は11試合に先発登板するも3勝に終わり、才能を感じさせ期待を集めていますがその高い能力を生かしきれずにいます。しかし能力を発揮できれば制球の良さとスリークォーターから投げる最速149㎞のストレートを武器にいい結果を残すだけの力はあります。

ちなみに2017年の元日には元モーニング娘でテレビ東京の紺野あさ美さんと結婚したことを明らかにしました。

かわいい伴侶を得てより頑張ってくれることをファンとしては期待しましょう。

二軍の注目選手 捕手

注目選手その8 背番号37 星野雄大

  • 生年月日 1988年10月19日
  • 身長 177㎝
  • 体重 80㎏
  • 右投右打
  • プロ5年目 出場試合数0

遠投110メートルという肩の強さが武器で、強肩を持ち味としている捕手。

打撃は当たれば遠くに飛ばす能力はあるもののムラがあり、星野選手の課題の一つになっています。

しかしポジティブで物怖じしない強気な性格で投手との信頼関係を築く能力が高く経験を積めば十分一軍の戦力にもなってくれるはずです。

注目選手その9 背番号51 藤井亮太

  • 生年月日 1988年9月30日
  • 身長 176㎝
  • 体重 73㎏
  • 右投左打
  • プロ3年の通算成績 出場試合数32 打率.167本塁打0打点2

50メートル5秒8の俊足と遠投120メートルという強肩が持ち味の捕手。

ルーキーイヤーは二軍スタートだったが35試合にに出場し打率.361という好成績を収めたことから5月に一軍昇格。

しかし二軍では好成績を収めるものの一軍では結果を出せずに苦しみました。二軍では好成績を残すことができるのに一軍で結果を残せないのが藤井選手の課題のようです。

二軍の注目選手 内野手

注目選手その10 背番号8 武内普一

  • 生年月日 1983年12月10日
  • 身長 175㎝
  • 体重 85㎏
  • 左投左打
  • プロ11年の通算成績 出場試合数705 打率.223本塁打21打点102盗塁4

プロ入り3年目から頭角を現し始め4年目には代打起用で結果を残すなど活躍。なかなかレギュラーを奪えないものの徐々に成績の向上は見られる。しかし昨シーズンは年齢のこともあり出番が減っているがもう一度の巻き返しに期待したいところです。

注目選手その11 背番号59 今浪隆博

  • 生年月日 1984年7月6日
  • 身長 171㎝
  • 体重 75㎏
  • 右投左打
  • プロ9年の通算成績 出場試合数398 打率.261本塁打3打点67盗塁4

プロ生活は日本ハムファイターズからのスタート。プロ4年目だった2011年にチームで故障者が多発したことから出番が増え、84試合に出場しました。

2014年からはヤクルトスワローズに移籍し、2016年には自身最多のシーズン94試合に出場しています。

二軍の注目選手 外野手

注目選手その12 背番号9 飯原誉士

  • 生年月日 1983年4月26日
  • 身長 181㎝
  • 体重 88㎏
  • 右投右打
  • プロ11年の通算成績 出場試合数884 打率.259本塁打49打点246盗塁76

ルーキーイヤーに出場試合は28試合と少なかったものの、打率.324と好成績を残し打撃に関して非凡な能力を見せている。その後はレギュラーになったりレギュラー落ちになったりの繰り返しですが、打撃に関しては力のあるところを見せ続けていて2016年には代打起用をされることが多くなりました。

2017年にもファンからは代打起用での結果を期待されていることでしょう。

注目選手その13 背番号64 榎本葵

  • 生年月日 1992年7月24日
  • 身長 179㎝
  • 体重 77㎏
  • 左投左打
  • プロ4年の通算成績 出場試合数68 打率.116本塁打0打点2

プロの野球選手生活は楽天ゴールデンイーグルスからのスタート。今期からヤクルトスワローズに移籍してきた選手です。

これまで目立った実績はありませんが、広角に打てる打撃力と足の速さに定評のある選手なので移籍してきて心機一転、実力を発揮してもらいたいものです。

2017シーズンのヤクルトの巻き返しに期待

東京ヤクルトスワローズの2017シーズンに期待しましょう。二軍で頑張っている選手の中にはたくさんの優秀な選手たちがいます。

今回紹介した13人の二軍の選手たちもきっと一軍に昇格し、ファンの応援に応えてくれるはずです。

2016シーズンは5位に終わっただけに、2017シーズンに向け雪辱を期すべく走り続ける東京ヤクルトスワローズに期待しましょう。
おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。