初登板で初勝利!阪神タイガースの竹安大知選手のプロフィール紹介

阪神タイガースは11月2日からは秋季キャンプで若手選手たちが来シーズン活躍すべく厳しい練習を開始しました。そんな若手選手たちの中で竹安大知選手はシーズン終盤にいきなり1軍登録され、初登板で初勝利を挙げました。阪神タイガースファンも驚いたことでしょう!そんな竹安大知選手はどんなプロフィールなのでしょうか?今回は阪神タイガース竹安大知選のプロフィールについてご紹介します。

初登板で初勝利!阪神タイガースの竹安大知選手

2017年も日本シリーズが終了し、全日程が終了となりました。

阪神タイガースはシーズン2位でクライマックスシリーズに出場しましたが、ファーストステージで敗退と悔しい結果となりました。

既に来シーズンに向け走り始めており、11月2日からは秋季キャンプで若手選手たちは来シーズン活躍すべく厳しい練習を行っています。

そんな若手選手たちの中で竹安大知選手はシーズン終盤にいきなり1軍登録され、幸運にも初登板で初勝利を挙げてしまいました。

阪神タイガースファンも驚いたことでしょう!

そんな竹安大知選手はどんなプロフィールなのでしょうか?

今回は阪神タイガース竹安大知選のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸についてご紹介します。

阪神タイガースの竹安大知選手のプロフィール紹介

プロフィールと経歴概要

  • 名前 : 竹安 大和(たけやす だいち)
  • 出身 : 埼玉県蓮田市
  • 経歴 : 二松学舎大学附属高等学校

-静岡県立伊東商業高等学校
-熊本ゴールデンラークス
-阪神タイガース

  • 生年月日 : 1994年9月27日
  • 身長 : 183cm
  • 体重 : 84 kg
  • 投球・打席 : 右投右打
  • 守備位置 : 投手
  • 背番号 : 42

小学校・中学校時代

埼玉県蓮田市で出生後に、静岡県伊東市へ転居。

伊東市立冨戸小学校の1年生の時に地元の富戸ジュニアで野球を始め、中学生時代には伊東リトルシニアに所属しました。

高校時代

二松学舎大学附属高等学校に進学し、1年生の夏からベンチ入りを果たしました。

しかし、練習方法が合わなかったようで1年生の夏に中退。

地元の静岡県立伊東商業高等学校に転校したので、1年間は対外試合に出場することは出来ませんでした。

2年生秋から対外試合に出場するようになり、3年生の夏にはNPBの複数球団が視察するほどまでに成長。

しかし、在学中は春夏ともに甲子園出場は果たせませんでした。

ちなみに、二松学舎大学附属高等学校では広島カープで活躍する鈴木誠也選手と同級生で一緒にプレーしていました。

熊本ゴールデンラークス時代

卒業後には熊本・福岡でスーパーマーケットを運営する、鮮ど市場に入社し、同社の社会人野球チームの熊本ゴールデンラークスに入部。

2013年の1年目から公式戦で登板し、2年目にはHonda熊本の強化選手として都市対抗野球大会に出場するなど活躍しました。

しかし、2014年12月に右肘靱帯を痛め、トミー・ジョン手術を受け長期離脱に。

2015年9月に復帰すると、翌月に開かれたドラフト会議で阪神タイガースから3位指名され、入団となりました。

入団の際にライバル視している選手を聞かれ同級生だった鈴木誠也選手を挙げています。

同級生だった二人の対決を見てみたいですね!

阪神タイガースの竹安大知選手はどんな選手?

投球スタイルは?

プロフィール通り、身長183cm、体重84kgとがっちりした体型のオーバースロー右腕投手です。

最速147km/hとプロ野球ではそこまで速くはありませんが、伸びのある速球が武器で打者に攻めていきます。

制球も比較的安定しており、低めに丁寧に投げこみ、時より内角の速球で勝負する場面も見られます。

変化球はフォークボールを得意としており、カーブやスライダー、シュートを投げます。

投球スタイルや投球フォームはメジャーで活躍する岩隈久志選手を参考にしており、投球フォームは似ていますね!

CM出演!?

熊本ゴールデンラークス時代には熊本市内の「ゴールドジム新市街熊本」でトレーナーとして野球のオフシーズンにトレーニングの指導やカウンセリングを任されていました。

阪神タイガースから指名挨拶の際に「熊本ゴールデンラークスを全国の人に知ってもらいたい。一時期熊本県内でCMを放送していたので、CM再開したら出演したい」と志願しました。

まだまだ知名度が低いのでオファーはありませんが、プロ野球で活躍して有名になればオファーが来るかもしれませんね!

大胆な性格!?

野球ファンなら上の動画をご存知でしょう!

これは阪神タイガースでプレーした下柳選手が守備でミスした遊撃手の田中秀太選手に対して怒りを露わにしてグラブを叩きつけた有名なシーンです。

竹安大知選手は入団会見でこのプレーを話題に出し笑いを取ったほど大胆な性格です。

入団会見で背番号の印象を聞かれ「下柳選手です。長くプレーされた選手で目標でもあります。非常に良い番号を頂いたなと思います」とコメントしています。

続いて「担当スカウトは田中秀太さんなんですけど、グラブは投げるものじゃない、大切にしろと言われたので教えを守ります」とコメントし、会場は大きな笑いに包まれたそうです。

球団社長や監督などの大先輩がいる中で新人選手として笑いをとった大胆な性格は野球でも格上の選手をどんどん攻めていける性格と言えるでしょう!

阪神タイガースの竹安大知選手の成績と年俸

一軍の成績

一軍
年度 登板 ホールドP 奪三振 防御率
2017 1 1 0 0 1 0.00

二軍の成績

二軍
年度 登板 ホールドP 奪三振 防御率
2016 6 0 2 0 1 10.6
2017 20 5 4 0 53 2.76

年俸推移

年度 所属チーム 年俸 契約金
2016 阪神タイガース 840万円 5000万円
2017 阪神タイガース 840万円

1年目は二軍で6試合、同期入団選手の中では唯一1軍経験がありませんでしたが、それには理由があります。

2014年12月にトミー・ジョン手術を受けており、完治までには1年半~2年かかると言われています。

その為、球団が無理をさせずに、リハビリやトレーニングを優先した為です。

2017年からは主に先発投手として二軍で20試合に登板して5勝4敗防御率2.76と好成績を残しました。

特に7月には2勝0敗、防御率0.56と目覚ましい活躍を見せ、阪神タイガースが制定する月間最優秀選手賞を受賞するほどの活躍でした。

シーズン終盤まで好調を維持すると、10月5日に一軍登録。

同日の中日ドラゴンズ戦で即プロ初登板を果たすと、1イニングを三者凡退に抑え見事に勝利投手になりました。

そんな竹安大知選手に対して金本知憲監督は「強運ですね。持っているのかなと思います」と評価しました。

来シーズン1軍定着なるか!?阪神タイガースの竹安大知選手

2017年の阪神タイガースは2位という好成績でしたが、怪我や不調選手が多く、先発投手陣の枚数が足らない事態となり終盤は中継ぎ投手陣頼みの苦しい試合が続きました。

2018年の優勝の鍵は先発投手の枚数を揃えることでしょう。

そんな若手先発投手の中で期待されるのは竹安大知選手です。

トミー・ジョン手術で長期離脱していましたが、2017年で感覚は完全に戻ったはずなので、2018年はさらに期待が出来るでしょう!

初登板で初勝利を挙げた幸運でチームを勝利を導けるか!?

来シーズンの阪神タイガース竹安大知選手に注目です!

以上が竹安大知選手のプロフィール紹介でした。

(出典:ぱくたそ-フリー写真素材より)

阪神タイガースのおすすめの関連記事

みんなのコメント

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。