育成枠からの再スタート!?阪神タイガース歳内宏明選手のプロフィール紹介

2017年の阪神タイガースはペナントレース全日程を終え2位という結果でした。今シーズンの阪神タイガースが好成績だった要因の一番はリリーフ投手陣の活躍でしょう。リリーフ投手陣の調子が良くメンバーが固定されていました。その反面、それ以外のリリーフ選手たちが活躍する機会がほとんどなかったということです。育成枠への降格が報道された歳内宏明選手もその一人です。今回はそんな阪神タイガース歳内宏明選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などをご紹介します。

育成枠へ降格!?阪神タイガースの歳内宏明選手

2017年の阪神タイガースはペナントレース全日程を終え2位という結果でした。昨シーズンの4位からの飛躍で来シーズンはさらに期待が高まりますね!

今シーズンの阪神タイガースが好成績だった要因の一番はリリーフ投手陣の活躍でしょう。6投手が50試合以上登板、5選手が60試合以上登板と史上初の快挙を成し遂げるほど、リリーフ投手陣の調子がよくメンバーが固定されていました。

しかしその反面、それ以外の選手たちが活躍する機会がほとんどなかったということです。10月10日に育成枠への降格が報道された歳内宏明選手もその一人です。

今回はそんな阪神タイガース歳内宏明選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などをご紹介します。

阪神タイガース歳内宏明選手のプロフィール

プロフィールと経歴概要

  • 名前 : 歳内宏明(さいうち ひろあき)
  • 出身 : 兵庫県尼崎市
  • 経歴 : 聖光学院高等学校

-阪神タイガース

  • 生年月日 : 1993年7月19日
  • 身長 : 184cm
  • 体重 : 89 kg
  • 投球・打席 : 右投右打
  • 守備位置 : 投手
  • 背番号 : 26

小学校時代・中学校時代

尼崎市立小園小学校3年生の時に「猪名川エンジェルス」で野球を始めました。

尼崎市立小園中学校に入学後は硬式野球チームの宝塚ボーイズに所属しました。宝塚ボーイズはヤンキースの田中将大選手を排出した強豪チームです。

こんな縁から歳内宏明選手は目標とする選手に田中将大選手を挙げています。

高校時代

宝塚ボーイズの恩師である奥村幸治監督の勧めで聖光学院高等学校へ進学しました。

1年生の秋からベンチ入りを果たしましたが、対外試合で打ち込まれる場面が目立ちました。

2年生の進級当初までは4・5番手投手として扱われており、「たまに投げられればいい」と先輩に頼ってばかりいたそうです。ところが、夏の予選直前に3年生投手が相次いで離脱したこともありエースの座に。

「自分がやるしかない」と意識し始めたところに追い打ちをかけるように斎藤監督から「エースのお前が一番、努力し、ひたむきにプレーしなければダメだ!」とはっぱをかけられたことで投手としての自覚に目覚めたそうです。

そして迎えた夏の大会の地方予選を優勝に導きました。甲子園では春準優勝の広陵高校と対戦し、現在の日本ハムファイターズの有原航平選手と投げ合い完封勝利。順調に勝ちを重ねベスト8に大きく貢献し注目選手に。

3年生へ進級する直前に東日本大震災で聖光学院高校のグランドや寮が被災するなど自身も実家への帰省を余儀なくされました。その後練習は再開されましたが、練習と並行してボランティア活動で支援物資運搬などに携わっていたそうです。

夏の大会では福島県代表で甲子園に出場し2回戦敗退となりましたが、2試合登板で30奪三振と能力の高さを証明し、高校生日本代表に選ばれています。

2011年のドラフト会議で阪神タイガースから2巡目で指名され入団となりました。

阪神タイガース歳内宏明選手の特徴は?

伝家の宝刀スプリット!

歳内宏明選手はプロフィールの通り、身長184cm、体重89kgとスラットした体型から力強い腕の振りが特徴の投手です。速球の最速は150km/hで、常時140km/h前後です。回転の効いた質の良い速球を投げます。

変化球はなんといってもスプリットフィンガード・ファストボールです。「自分のなかでは自信のあるボールではあります。高校では初球からフォーク系を投げるピッチャーがあまりいないんで、甲子園でもそこそこ抑えられたんだと思います」とコメントしている程です。

速球とスプリット主体でスライダーやカーブも織り交ぜながら打者を打ち取っていきます。

低めに決まったスプリットはキレが良くなかなか打てません!

性格は?

歳内宏明選手は真面目な性格だそうです。聖光学院の斎藤智也監督は「ちやほやされることを望んでいない。どちらかというと黙々と練習するほうが好きなタイプ。それが歳内のいいところ」とコメントしているほどです。

兵庫県から福島県の聖光学院に入学して野球以外でも地域に溶け込もうと最初に取り組んだのが「福島弁」だったそうです。

さらに震災後の夏の大会で2回戦敗退後、福島の人に申し訳ないと涙を流しながら謝ったシーンは今も福島の人たちの心に残っていて、復興支援イベントでは12球団のスター選手が参加しますが、毎年一番大きな拍手を浴びているそうです。

そんなことからも歳内宏明選手の真面目でひたむきな性格がわかりますね!

阪神タイガース歳内宏明選手の気になるプロフィール、成績と年俸は?

1軍の成績

一軍
年度 登板 ホールドP 奪三振 防御率
2012 1 0 0 0 3 1.80
2013 5 0 0 0 1 5.63
2014 13 1 3 0 25 6.75
2015 29 1 1 2 23 2.62
2016 9 0 0 2 3 3.00
通算 57 2 4 4 55 4.15

2軍の成績

二軍
年度 登板 セーブ 奪三振 防御率
2012 10 4 2 0 33 1.95
2013 12 2 3 0 24 4.87
2014 13 5 4 0 39 3.52
2015 12 1 1 1 12 7.97
2016 12 2 2 0 10 4.58
2017 2 0 1 0 0 11.3

年俸の推移

年度 所属チーム 年俸(万円)
2012 阪神タイガース 720
2013 阪神タイガース 750
2014 阪神タイガース 750
2015 阪神タイガース 1100
2016 阪神タイガース 1600
2017 阪神タイガース 1500

歳内宏明選手は高卒1年目から2軍戦で10登板で防御率1.95と活躍し、1軍でのデビューも果たしており、能力の高さとチームからの期待が伺えます。

2年目、3年目と順調に経験を積み、2014年にプロ初勝利を挙げると、4年目の2015年には1軍で29試合に登板し防御率2.62と好成績を残し今後の活躍が期待されました。

2016年は1軍で9登板のみと結果を残せませんでしたが、オフにはU-23日本代表に選ばれ4試合無失点の好成績でチームの優勝に貢献しました。

2017年には1軍登板無し、2軍でも2登板にとどまり活躍することが出来ませんでした。

そして、歳内宏明選手を育成枠での再契約をする方針であることが複数のメディアで報道されました。

育成から這い上がれ!頑張れ阪神タイガース歳内宏明選手!

2017年の阪神タイガースはペナントレース2位という好成績でしたが、クライマックスシリーズのファーストステージ敗退と今後に課題が残る内容でした。

既に阪神タイガースの来シーズンへの戦いは始まりました。来シーズンの鍵は若手選手の台頭です。

プロフィールの通り、歳内宏明選手はプロ野球のキャリアは6年と長いですがまだ24歳で若いです。

育成枠へ降格する方針のようですが、高校2年生の時のようにこれをバネに成長していって欲しいですね。

阪神タイガースの歳内宏明選手に注目です!

(写真:いらすとや

阪神タイガースのおすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。