未完のタイキ!?一級品の速球を持つ阪神タイガース小野泰己選手のプロフィール紹介

2016年に阪神タイガースは金本知憲新監督の下、スローガンに超変革を掲げ若手中心の起用で注目を集めました。2017年は新人選手の小野泰己選手に注目が集まりました。小野泰己選手がブルペンやシート打撃に入ると多くの人だかりに。5月21日のヤクルトスワローズ戦で1軍初登板を果たしましたが勝利にはならず、13登板目の8月29日に6回無失点と好投し一軍初勝利を挙げました!! 今回はそんな阪神タイガースの小野泰己選手のプロフィールや経歴、成績や年俸、性格などに迫ります!

一級品の速球!阪神タイガース小野泰己選手のプロフィール紹介

2016年に阪神タイガースは金本知憲新監督の下、スローガンに超変革を掲げ若手中心の起用で注目を集めました。ペナントレースの結果は4位と低迷しましたが、数々の有望な若手選手が台頭してきてこれからの阪神タイガースを期待させてくれる内容でした。

2017年はそんな期待の若手たちが春季キャンプで躍動し、非常に活気があるキャンプとなりました。そんな中、新人選手の小野泰己選手に注目が集まりました。阪神タイガース首脳陣だけでなく、他球団のスコアラーやプロ野球解説者達から「小野泰己選手が良い」との評判で、小野泰己選手がブルペンやシート打撃に入ると多くの人だかりが出来るようになっていました。

キャンプの疲れもありオープン戦で結果が残せず開幕1軍にはなりませんでした。5月21日のヤクルトスワローズ戦で1軍初登板を果たしましたが勝利にはならず、その後も好投はあるものの勝利を挙げることがなかなか出来ません。しかし、13登板目の8月29日に6回無失点と好投し一軍初勝利を挙げました!!

今回はそんな阪神タイガースの小野泰己選手のプロフィールや経歴、成績や年俸、性格など阪神タイガースの小野泰己選手の魅力に迫ります!

阪神タイガース小野泰己選手のプロフィールと経歴

プロフィールと経歴概要

  • 名前 : 小野 泰己(おの たいき)
  • 出身 : 福岡県北九州市
  • 経歴 : 折尾愛真高等学校

-富士大学

-阪神タイガース

  • 生年月日 : 1994年5月30日
  • 身長 : 184 cm
  • 体重 : 75 kg
  • 投球・打席 : 右投右打
  • 守備位置 : 投手
  • 背番号 : 28

小学校・中学校時代

兄弟がソフトボールをやっていたこともあり、小学校1年生の時にソフトボールを始めました。上津役中学校で軟式野球部に所属しました。

高校時代

折尾愛真高等学校に進学後は1年生の時からベンチ登録を果たすと2年生の秋からエースとして活躍しました。しかし、在学中には甲子園への出場は果たせませんでした。

卒業後のNPB入りを希望していた為、3年生の秋にプロ志望届を日本学生野球協会へ提出していましたが、どの球団からも指名はなかったので富士大学へ進学することにしました。

大学時代

富士大学へ進学後は2年生の春から公式戦に出場するようになりました。北東北大学野球リーグでは、3年生の秋季リーグで登板した4試合ですべてに勝利、防御率0.00という素晴らしい成績を残し、最優秀防御率のタイトルを獲得しました。

4年生の秋季リーグでは登板した5試合全てで勝利し、優勝に大きく貢献しました。在学中はリーグ戦通算22試合で12勝1敗という成績を残しています。

2016年のNPBドラフト会議で阪神タイガースから2巡目で指名され、入団となりました。この年に引退をし、長年阪神タイガースの主力として活躍した福原忍選手の背番号28番を受け継ぐなど期待されていることがわかります!

阪神タイガース小野泰己選手はどんな選手?

一級品のストレート!!

小野泰己選手の特徴は何といっても一級品のストレートでしょう!ピッチャーの生命線でもあるストレートの切れが非常に良く、打者の外角に力の伝わった回転の良い速球を投げます。

実はドラフト指名された時はほぼ無名だったので、一部のファンなどからドラフト失敗とも言われていました。しかし、キャンプで投球を披露したことで一気に「小野泰己選手は逸材」という評価にかわりました!それだけ小野泰己選手のストレートが素晴らしいのかがわかりますね!

春季キャンプで金本知憲監督からは「ドラフト1位以上の価値がある」「将来はエースになるんじゃないか」と高く評価されており期待が伺えますね!

楽天イーグルス岸孝之選手2世!?

小野泰己選手は楽天イーグルスの岸孝之選手2世と言われています。すらっとした体型でリーチの長さから右肘を柔らかくして投げる綺麗なオーバースローは岸孝之選手に似ています。

また、切れの良い速球、フォーク、100km/h台のスローカーブと投げる球種も似ています。

将来は岸孝之選手のように球界を代表する投手に成長して欲しいですね!!

タイキの由来!?

泰己という名前を付けたのは父の勝己さんです。勝己さんは競馬好きで競走馬のタイキブリザードから名前をとったそうです!

小野泰己選手が生まれた1994年5月時点でタイキブリザードはあまり有名ではなかったので勝己さんがよほどの競馬好きなのがわかります。

その後1997年にタイキブリザードは念願のGⅠを勝利。小野泰己選手もタイキブリザードのように活躍して欲しいですね!

性格は?

小野泰己選手は真面目な性格だそうです。折尾愛真高時代は片道10kmを自転車通学し、早朝に家を出て帰宅は日をまたぐ時もあったそうです。

そんな中遅刻は1度のみで同高校野球部の奥野監督は小野待泰己選手を「ドがつくほどの真面目。妥協することがなかった」とコメントしているほどです。

この真面目な性格で地道に努力を重ね活躍していってほしいですね!

阪神タイガース小野泰己選手の成績と年俸は?

一軍と二軍の成績(9月17日時点)

一軍
年度 登板 セーブ 奪三振 防御率
2017 14 1 7 0 59 4.64
二軍
年度 登板 セーブ 奪三振 防御率
2017 5 1 2 0 18 4.18

年俸と契約金

年度 所属チーム 年俸 契約金
2017 阪神タイガース 1200万円 7000万円

13登板目での勝利だったのでそれまで首脳陣が我慢して登板させていたことから期待の高さを伺えます。勝利こそ1勝のみですが、実はQSを14登板中の6回を達成してQS率が42.9%なので、5勝くらいしてても不思議ではない成績です。

打線の援護がなく勝ちがついていないのでちょっと運悪いですね。

また奪三振率が高く9イニング平均7.21個という数字で各球団のエース選手に匹敵する数値を出しています。ちなみに今シーズン12勝を挙げている阪神タイガースの秋山拓己選手は7.16です。

こういう数字を見ると勝ちはついていませんが、潜在能力の高さが伺えますね!

*QSとはクオリティースタートのことで6回3失点を先発投手の合格点とする考え方です。この数が多いと試合を作れる投手という評価になります。

これからの成長に期待!阪神タイガース小野泰己選手!

2017年の阪神タイガースは現在2位で優勝は厳しい状況です。

しかし、ペナントレース終了後にはクライマックスシリーズ、日本シリーズがあります。短期決戦は「如何に先制点を取るか」が重要で「先制点を与えない先発投手」が鍵となります。

阪神タイガースは先発投手に怪我や不調の選手が多く厳しい状態です。しかし、そんな時こそ活気あふれる新人選手の小野泰己選手に実力を発揮してもらいたいですね!

阪神タイガース小野泰己選手に注目です!!

(出展:photoAC

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。