実家は老舗酒造!?阪神タイガースの浜地真澄選手のプロフィール紹介

プロ野球は10月26日のドラフト会議で清宮幸太郎選手が史上最多タイとなる7球団の競合となり話題になりましたね。阪神タイガースの今年のドラフト会議は真っ向勝負の作戦となりましたが、昨年のドラフトはどちらかというとサプライズ作戦でした。その中で面白そうな素材は浜地真澄選手です。高卒選手として4位と阪神タイガースからは高評価を受けています。そんな浜地真澄選手はどんなプロフィールを持っているのでしょうか?今回は浜地真澄選手のプロフィールについてご紹介します。

実家は老舗酒造!?阪神タイガースの浜地真澄選手

プロ野球は10月26日にドラフト会議が有り、清宮幸太郎選手が史上最多タイとなる7球団の競合となり話題になりましたね。

阪神タイガースは清宮幸太郎選手を指名し抽選に外れ、次の抽選でも安田尚憲選手の抽選に外れ、再々抽選で馬場皐輔選手を獲得しました。

今年のドラフト会議は真っ向勝負の作戦となりましたが、昨年のドラフトはどちらかというとサプライズ作戦で大山悠輔選手を一本釣りしました。

続く2位以下もサプライズが多い指名で、その中でも面白そうな素材は浜地真澄選手です。

報道的にはあまり注目されることがありませんでしたが、高卒選手として4位と阪神タイガースからは高評価を受けています。

そんな浜地真澄選手はどんなプロフィールを持っているのでしょうか?今回はそんな阪神タイガースの浜地真澄選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸についてご紹介します。

阪神タイガース浜地真澄選手のプロフィール紹介

プロフィールと経歴概要

  • 名前 : 浜地 真澄(はまち ますみ)
  • 出身 : 福岡県福岡市西区
  • 経歴 : 福岡大学附属大濠高等学校

-阪神タイガース

  • 生年月日 : 1998年5月25日
  • 身長 : 184cm
  • 体重 : 88 kg
  • 投球・打席 : 右投右打
  • 守備位置 : 投手
  • 背番号 : 36

小学校時代

実家は創業1870年の明治3年から浜地酒造「杉能舎」を営んでいます。140年も続く老舗酒造ですね!

元岡小学校に入学すると、1年年生の時から野球を始めました。6年生の時には福岡ソフトバンクジュニアに選出され、NPB12球団ジュニアトーナメントに出場しました。

中学校時代

元岡中学校時代には軟式野球部に所属し、3年生の時には第8回15U全国KB野球秋季大会に出場、県内4強に入りました。

中学校時代から速球が140km/hを記録する等、その時から周囲の評価は高かったそうです。

高校時代

福岡大学附属大濠高等学校に進学し、1年生の秋からベンチ入り、2年生の秋から主戦力となりました。

2年生の時から甘酒が体に良いことを母親から聞き、実家で作られた甘酒を牛乳で割って毎朝飲んでいたようです。

甘酒はアミノ酸が豊富で疲労回復に良いとされているそうで、スポーツ選手には良いそうですね。

福岡ソフトバンクホークスの本多雄一選手も甘酒を愛用しているそうです。浜地真澄選手も「体の調子が良くなり、朝すっきりします。風邪も引かなくなりました」とコメントしています。

3年生の春には九州大会で市優勝を果たしています。3年生の夏の大会は優勝候補として注目されましたが、初戦で6失点(自責点2)を与え、まさかの敗退してしまいました。

高校での3年間で甲子園出場はありませんでした。

高校生活ではそこまで実績が無く、報道もあまりされていませんでしたが、将来性の高さから2016年のドラフト会議で阪神タイガースから4位指名を受けて入団となりました。

阪神タイガースの浜地真澄選手はどんな選手?

質のいい速球とコントロール!

プロフィールでご紹介した184cm、88kgのがっちりした体格で最速150km/hを投げる右投右打のオーバースローの本格速球派投手です。

肘を使った柔らかいフォームで質の良い速球を武器としており、浜地真澄選手自身も「質の良い速球とコントロールが武器」とコメントしています。

目標とする選手は現在のチームメイトでもある阪神タイガースの藤川球児選手で、藤川球児選手の分かっていても打てない「火の玉ストレート」を目標にさらに速球に磨きをかけて頑張って欲しいですね。

ゲームを作る力

浜地真澄選手は自分の特徴を「調子にかかわらず、ゲームを作ることが出来る力」とアピールしています。

3年生の春の九州大会で優勝をしていますが、この時は不調により本来の力が出せていなかったそうです。そんな状況でも試合の中で悪いなりに工夫して粘りの投球が出来たことがこのコメントになっているんですね。

浜地真澄選手は勝てる投手になりたいとコメントしています。この「ゲームを作る力」があることは非常に重要で、今後に期待せてくれます。

性格

浜地真澄選手は初戦敗退について「敗戦は自分の責任。敗戦で悔しい思いを沢山したので、負けたくない。目標は勝てる投手になること。」とコメントしており、負けず嫌いの性格が出ています。

福岡大学附属大濠高等学校の八木監督も浜地真澄選手について「負けず嫌いだと思うが、表に出さない。勝負師だと思う」コメントしています。

また、浜地真澄選手は自身の性格を「前に出るのは好きじゃない」とコメントしており、恥ずかしがり屋だそうです。

浜地真澄選手の母親も「小さいころから極度の恥ずかしがり屋でした。人前だとないてしまうくらい」とコメントしています。

大歓声の前で投げる野球選手としては少し心配になりますね。

しかし、浜地真澄選手は新入団発表会は恥ずかしくなかったのかと問われると「あれは大丈夫でした。私生活じゃないので。」と私生活でなければ問題ないとコメントしています。

大歓声の前でも大丈夫そうで安心しましたが、面白い性格ですね!

阪神タイガース浜地真澄選手の成績と年俸は?

二軍の成績

二軍
年度 登板 ホールドP 奪三振 防御率
2017 6 1 1 0 4 6.00

年俸と契約金

年度 所属チーム 年俸 契約金
2017 阪神タイガース 500万円 4000万円

高卒新人選手として今シーズンは4月27日にオリックス・バファローズ戦で2軍デビューを果たし、主にリリーフとして6試合に登板して1勝1敗と初勝利を挙げました。

残念ながら今シーズンは1軍への出場とはなりませんでしたが、7月に1軍の練習に初参加し、その際金本知憲監督は「高卒1年目にしては能力が高い。楽しみ。」とコメントしています。

浜地真澄選手への期待の高さが伺えますね!

1年目は出場も少なく主に体つくりがメインでしたが、来年からは試合に出場し始めると思います。浜地真澄選手の活躍が楽しみですね。

まずは念願の1軍登板へ!阪神タイガース浜地真澄選手に注目!

2017年の阪神タイガースは10月10日にペナントレース全日程を終了しました。その最終戦で9回を任されたのは浜地真澄選手と同期で同じ高卒、ドラフト順位が1つ上の才木浩人選手でした。

同じ高卒で一軍への切符を先に手にしたのは才木浩人選手だったので浜地真澄選手は悔しかったでしょう。

プライベートでは仲のいい二人ですが、野球となればライバルです。そんな若虎達で刺激し合ってお互いを高めていってほしいですね!

浜地真澄選手の将来が楽しみです。

以上が阪神タイガースの浜地真澄選手のプロフィール紹介でした!

(出典:ぱくたそ-フリー写真素材より)

阪神タイガースのおすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。