阪神タイガース一筋16年!2017年限りで引退をする安藤優也選手のプロフィール紹介!

2017年、安藤優也選手は阪神タイガースの現役最年長投手として臨みましたが、昨年に続き開幕2軍スタートとなりました。1軍の中継ぎ投手陣の調子が良く、誰も2軍に落とせない状況で安藤優也選手の1軍昇格の機会がありませんでした。1軍への出場機会が無いことと、体力の衰えを感じたことから9月12日に引退の意思を球団へ伝え、14日に球団を通じて引退を発表。今回は阪神タイガース一筋16年で長年チームを支えてきた安藤優也選手の経歴やプロフィール、性格、成績、年俸などをご紹介します!

2017年限りで引退!阪神タイガース安藤優也選手

2016年の阪神タイガースは金本知憲新監督の下、スローガンを超変革として若返りを図りました。若手中心の起用で沢山の若虎達が台頭しきた半面、中堅選手やベテラン選手の出場機会は減っていく一方でした。

しかし、そんな若手中心の起用の中で安藤優也選手は開幕こそ2軍スタートでしたが、シーズン途中で昇格し、50試合登板、ホールドポイント11、防御率2.53と阪神タイガースの中継ぎ陣の中でも1、2を争う好成績を挙げチームに貢献しました。

2017年は阪神タイガースの現役最年長投手として臨みましたが、春季キャンプから2軍となり昨年に続き開幕2軍スタートとなりました。2軍では23試合登板で防御率0.41と実力の違いを見せつけており、1軍への昇格を期待されました。しかし、1軍の中継ぎ投手陣の調子が良く、誰も2軍に落とせない状況で安藤優也選手の1軍昇格の機会がありませんでした。

1軍への出場機会が無いことと、体力の衰えを感じたことから9月12日に引退の意思を球団へ伝え、14日に球団を通じて引退を発表しました。

翌15日には引退会見を開き「毎日身体の心配をしなくても良いので、引退を決めたことで肩の荷が下りた。小さい頃から憧れていた甲子園で一軍初勝利を挙げられたばかりか、仕事場になったのは夢のようで、(ファンの)声援が力になった」と語りました。

今回は阪神タイガース一筋16年で長年チームを支えてきた安藤優也選手の経歴やプロフィール、性格、成績、年俸などをご紹介します!

阪神タイガース安藤優也選手のプロフィールと特徴は!?

プロフィールと経歴概要

  • 名前 : 安藤 優也(あんどう ゆうや)
  • 出身 : 大分県大分市
  • 経歴 : 大分県立大分雄城台高等学校

-法政大学

-トヨタ自動車

-阪神タイガース

  • 生年月日 : 1977年12月27日
  • 身長 : 184 cm
  • 体重 : 96 kg
  • 投球・打席 : 右投右打
  • 守備位置 : 投手
  • 背番号 : 16

小学校・中学校時代・高校時代

小学校時代に「ふじが丘少年野球団」で野球を始めました。小中学校の後輩には東北楽天ゴールデンイーグルスやオリックスバファローズで活躍した鉄平さんがいます。大分雄城高校では県ベスト8位が最高で無名の選手だったようです。

大学時代

法政大学に進学しましたが、慶応義塾大学時代の高橋由伸選手にそれまで田淵幸一さんが持っていた東京六大学リーグ通算本塁打記録を破る23本目の本塁打を打たれた投手になってしまいました。

肩の故障などもあって大学通算7勝4敗と大学でも結果が残せなかった為、卒業後は地元の大分銀行に就職し軟式野球に転向する予定でした。しかし、「23本目を打たれた投手と言われ続けるのは嫌だ」ということで内定を辞退してトヨタ自動車へ入社し、社会人野球の道へ進みました。

社会人時代

トヨタ自動車へ入社後は最速150km/hの速球を投げる本格右腕として活躍し、都市対抗野球に2年連続出場を果たし、日本代表に選ばれるなど活躍をしました。

そして2001年のドラフト自由枠で阪神タイガースに入団しました。同期入団で同じ自由枠であった、浅井良選手とは法政時代にバッテリーを組んでいた後輩でした。

安藤優也選手の特徴は?

  • 抜群の制球力!!

球速こそ140km/h前後とそこまで速くないのですが、打者の外角低めにどんどん投げ込める制球の良さが安藤優也選手の生命線です。ほぼ狙ったところに投げられる制球力は安定したフォームから来ているようです。

チームメイトである藤川球児選手から「ゆっくり足を上げて、しっかり体重移動し、腕の振りはそこまで早くないのに球速がある。あの投げ方であれだけの球が来たら打者は打ちづらいと思います。」と理想のフォームと言っています。

外角低めギリギリに決まる安藤優也選手の速球は惚れ惚れします!

  • 打者を翻弄する投球術!?

かつては速球派と呼ばれていましたが、現在は技巧派です。先ほど紹介した制球力も見事ですが、それに加えて多彩な変化球で打者を翻弄します。持っている球種はスライダー、フォーク、シュート、カーブです。

特に右打者の外角低めに空振りやゴロを誘うスライダーやフォークは打てる高さに来ないので非常に厄介です。

そして打者が外角へ踏み込めないようにするシュートも持っており、左右にボールを散らす投球で打者を翻弄する投球はまさに投球術といった見事な投球です。

  • 性格は!?

「阪神で出場機会がなかったら、他の球団でやることもあるか?」との問いかけに対して「自由枠で阪神に入ったから。阪神で終わりたい」と指名してもらった阪神タイガース一筋であるとコメント。こんなことから実直で義理堅い性格であることがわかります。

また真面目で偉ぶらない性格とのことで、後輩からも人望が厚く若手から積極的に安藤優也選手に寄って行ってアドバイスを求める場面も多いそうです。

引退会見ではファンに「時には叱咤激励、厳しい言葉を頂きましたけど、後輩たちにはなるべく厳しい言葉は我慢してもらって、温かい言葉で応援してあげて下さい」と後輩に気に掛けるコメントをしており、後輩思いの優しい性格であることもわかります。

阪神タイガース安藤優也選手の成績と年俸まとめ!

一軍での成績まとめ

一軍
年度 登板 ホールド 奪三振 防御率
2002 17 3 5 40 3.77
2003 51 5 2 60 1.62
2004 57 5 8 72 3.58
2005 24 11 5 0 119 3.39
2006 31 10 3 3 103 3.35
2007 8 2 3 1 17 4.36
2008 25 13 9 0 111 3.20
2009 28 8 12 0 97 3.90
2010 19 2 3 0 31 7.27
2011 1 0 0 0 1 16.2
2012 13 3 7 0 42 4.05
2013 58 4 2 23 32 2.28
2014 53 6 2 23 41 3.80
2015 50 5 4 15 32 3.02
2016 50 0 1 11 24 2.53
通算 485 77 66 76 822 3.56

年俸の推移

年度 所属チーム 年俸(万円)
2002 阪神タイガース 1500
2003 阪神タイガース 1500
2004 阪神タイガース 4100
2005 阪神タイガース 4600
2006 阪神タイガース 7800
2007 阪神タイガース 9800
2008 阪神タイガース 7800
2009 阪神タイガース 1億2000
2010 阪神タイガース 1億1000
2011 阪神タイガース 7700
2012 阪神タイガース 5800
2013 阪神タイガース 5000
2014 阪神タイガース 8500
2015 阪神タイガース 8200
2016 阪神タイガース 8800

2002年に1年目ながら8試合に登板して3勝5敗とまずまずの成績を挙げました。2003年には中継ぎエースとして51試合に登板して防御率1.62とチームのリーグ優勝に大きく貢献。

2005年には先発へ転向し11勝5敗で勝率.668と最多勝率のタイトルを獲得しチームのリーグ優勝に大きく貢献しました。

2008年には自身最多の13勝をマークする等長年にわたり阪神タイガースの投手陣を引っ張ってきた選手です。

一時期は撃ち込まれるなど不振に悩みましたが、2013年からは再度中継ぎへ転向し復活を見せ、4年連続50試合登板とチームの勝利に貢献してきました。

プロフィールのご紹介の通り、安定した制球力により先発でも中継ぎでもコンスタントに成績を残しました。

通算成績77勝66敗防御率3.56と安定した活躍で長年チームを支え、現在の阪神タイガースの選手の中では数少ない2度の優勝を経験した貴重な選手です。

10月10日に引退セレモニー!阪神タイガース安藤優也選手を見よう!

阪神タイガースの2017年のペナントレースの全日程は10月10日の対中日ドラゴンズ戦で終了します。そして10月10日には安藤優也選手の引退試合があります。長年阪神タイガースを支えてきた安藤優也選手の最後の雄姿を甲子園球場で見たいですね!

また試合後には安藤優也選手による挨拶や花束贈呈などの引退セレモニーが開催されます!阪神タイガースの安藤優也選手の引退セレモニー必見です!!

以上が阪神タイガース安藤優也選手のプロフィール紹介でした!

(写真:いらすとや

阪神タイガースのおすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。