アメトークで人気沸騰!カピパラ三兄弟のカピパラ度が高いと噂【広島東洋カープ】今村猛投手のプロフィール!

広島東洋カープの勝利の方程式を築く今村猛投手。いまやチームの勝利は彼の活躍なしでは語れません。緊張感のある大事な場面での登板で得意の牽制も交えながらピンチの芽を確実に摘み取る活躍を続けています。今シーズンは抑え投手を任されることもあり、よりチームにおける重要性を増している「カピバラ3兄弟」の一人、今村猛投手。今回は広島東洋カープ今村猛投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します。

抑えでも活躍!広島東洋カープ今村猛投手!

(出典:いらすとや

昨シーズンは中継ぎ投手としてチームの25年ぶりの優勝に大きく貢献した広島東洋カープ今村猛投手。今シーズンはチーム事情もあり抑えでの登板も多くなり、守護神としての活躍も光っています!

リリーフ投手として与えられたポジションでしっかり結果を残す今村猛投手は、チームの勝利の方程式に欠かせない存在として重要な投手の一人です。

さらに、人気バラエティ番組「アメトーク」で”カピパラ三兄弟”と紹介され話題となった選手でもあります。その中でも特に、今村猛投手は「カピパラ度が高い」と言われ人気を集めています。
今回はそんな広島東洋カープの今村猛投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介していきます!

広島東洋カープ今村猛投手のプロフィール

  • 名前   :今村猛(いまむら たける)
  • 出身地  :長崎県佐世保市
  • 経歴   :長崎県立清峰高等学校-広島東洋カープ
  • 生年月日 :1991年4月17日
  • 身長   :183cm
  • 体重   :98kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • 背番号  :16

広島東洋カープ今村猛投手の経歴

長崎県佐世保市で生まれ育った今村猛投手が野球を始めたのは小学校3年生の時です。最初は一塁手を務めていた今村猛投手でしたが、後に遊撃手と投手を兼任するようになります。

中学校に進学すると遊撃手と三塁手のポジションを守るようになり、2年生の時には九州大会で優勝し全国大会にも出場しました!

ちなみに同じ年にはプロ野球のオフシーズンに城島健司さんらが開催した野球教室で、城島健司さん相手に今村猛投手が対戦するシーンもあったんです。

この時、今村猛投手は城島健司選手の脇腹にデッドボールを当てる痛恨のミスを犯してしまい、城島健司さんに笑いながら追いかけまわされたというエピソードもあります。

清峰高校に進学した今村猛投手は1年夏にはベンチ入りを果たし、秋になると球速が140キロを突破するなど成長を続けます。

2年の夏には甲子園にも出場し、3年の春にも甲子園に出場した今村猛投手はエースとしてチームを引っ張り、決勝では現埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手がいた花巻東高校と対戦しました。

現在はお互いプロで活躍する同い年のピッチャー同士の投手戦となった決勝戦は1-0で清峰高校の勝利。今村猛投手は甲子園の優勝投手となり、長崎県勢としては春夏合わせて初の甲子園優勝も果たします!

つづく夏の甲子園での活躍にも期待が集まりましたが、長崎大会の準々決勝で長崎日大高校と対戦し、現在チームメイトである大瀬良大地投手と投げ合った結果、敗れてしまい今村猛投手は3年夏の甲子園出場を逃しました。

しかし春の甲子園での活躍や、練習試合で最速152キロのストレートを投げたことなどが高く評価され、2009年のドラフト会議において広島東洋カープから単独で1位指名を受けた今村猛投手は、広島東洋カープに入団することになりました!

広島東洋カープ今村猛投手の特徴

今村猛投手は牽制の名手

広島東洋カープの今村猛投手は中継ぎ投手としてチームへの貢献度が高い投手ですが、中継ぎ投手としての評価をより高めているのが「牽制の名手」とまで言われるほど牽制が上手いことが大きな理由の一つです。

あまり対戦経験のないパ・リーグのコーチからは「パであれだけ牽制がうまい投手は思い当たらない」と評価されたこともあります。

もちろん牽制だけではなく、最速154キロのストレートと縦、横のキレのあるスライダーを投げ分ける、右の本格派投手でもあります!2012年の終盤からはフォークも会得し、投球の幅を広げています。

ポーカーフェイスな「カピバラ3兄弟」

今村猛投手はマウンド上ではポーカーフェイスで感情をほとんど表に出しません。中継ぎ投手が慌てふためいてしまうと試合が壊れてしまうので、いつもポーカーフェイスで投げられる今村猛投手が中継ぎ投手として信頼されているのも、マウンド上での落ち着き払った表情や態度が要因です!

一方、今村猛投手は顔が「カピバラ」に似ていることから一岡竜司投手や大瀬良大地投手と並び「カピバラ3兄弟」と呼ばれています。

今村猛投手はカピバラと言われるのが嫌なのかなと思いきや、広島東洋カープのオフィシャルグッズショップが今村猛投手とカピバラのデザインTシャツを限定販売したこともあるので、意外と本人もカピバラと呼ばれることを気に入ってるのかもしれません。

広島東洋カープ今村猛投手の成績と年俸

  • 2010年の成績と年俸

登板数2 投球回4.0 0勝 1敗 0セーブ 0ホールド 防御率15.75 年俸1000万円

  • 2011年の成績と年俸

登板数54 投球回94.0 3勝 8敗 2セーブ 13ホールド 防御率4.69 年俸1000万円

  • 2012年の成績と年俸

登板数69 投球回85.2 2勝 2敗 4セーブ 26ホールド 防御率1.89 年俸2000万円

  • 2013年の成績と年俸

登板数57 投球回65.1 2勝 5敗 3セーブ 18ホールド 防御率3.31 年俸5000万円

  • 2014年の成績と年俸

登板数17 投球回20.2 1勝 1敗 0セーブ 0ホールド 防御率4.35 年俸5000万円

  • 2015年の成績と年俸

登板数21 投球回26.0 1勝 1敗 0セーブ 1ホールド 防御率3.46 年俸4000万円

  • 2016年の成績と年俸

登板数67 投球回73.2 3勝 4敗 2セーブ 22ホールド 防御率2.44 年俸3650万円

リリーフ投手として才能を開花

高卒ルーキーとして広島東洋カープに入団した今村猛投手は1年目をほぼ二軍での生活となるものの、一軍で2度の先発登板を任されるなど球団からの期待値の高さをうかがわせました。

2年目となった2011年からは早くも中継ぎや抑えを任されるようになると、10月8日の対東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初セーブを挙げ、球団の最年少セーブ記録を更新します!

2012年にはまたも球団新記録となる29試合連続無失点を記録。オフには日本代表選手に選出されるなど球界を代表する中継ぎ投手として評価を高めました。

その後は不調の時期が続き二軍での生活を送る日々も続きましたが、広島東洋カープが25年ぶりの優勝を果たした昨シーズンに再び復活を果たします!

今村猛投手はチームの勝利パターンの中継ぎ投手としてシーズンを通し活躍し、広島東洋カープの優勝に大きく貢献しました。

日本シリーズでは行われた6試合すべてに登板する大車輪の働きをし、日本シリーズ最多の4ホールドを記録します。日本一は逃したものの、中継ぎ投手として充実したシーズンを送りました!

2017シーズンは抑えでの登板も!

2016シーズンの活躍もあり年俸が6100万円にまで上がった今村猛投手。2017シーズンは抑えの中崎翔太投手が開幕直後にケガで戦線を離脱し、空席となった抑え投手に今村猛投手が指名されました。

広島東洋カープの新守護神となった今村猛投手は、今シーズン序盤は抑え投手として活躍を続け、9月15日現在までの成績は、2勝4敗23セーブ17ホールド、防御率2.30でチームの首位独走に大きく貢献しています!

最近の試合では復帰した中崎翔太投手に抑えのポジションを譲っていますが、勝ち試合の中継ぎ投手として大事な場面を任されていて、引き続きチームの勝利に貢献大の今村猛投手です!

広島東洋カープ今村猛投手の活躍で日本一を!

今回は広島東洋カープ今村猛投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介しました。今シーズンは「カピバラ3兄弟」の一人として、大瀬良大地投手や一岡竜司投手と共に活躍が目立っています!

今村猛投手は、チームの勝利に最も重要で緊張感のある場面での登板が多く、チームの勝敗に直結する仕事を任されており首脳陣からの信頼も絶大です。

チームはセ・リーグ2連覇を確実にし、あとは悲願の日本一達成へ向けて驀進するのみです。悲願達成へ向け勝利の方程式を築く広島東洋カープ今村猛投手のピッチングに注目していきましょう!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。