横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手!「ハマの青い韋駄天」のプロフィールを紹介!

横浜DeNAベイスターズに「ハマの青い韋駄天」と言われるスピードスターがいます。梶谷隆幸選手です。プロ入りしてしばらくは二軍で盗塁王に輝くことはあったものの、打撃に課題があり一軍定着からはほど遠かった梶谷隆幸選手。中畑清監督との出会いもあり、一軍出場のチャンスを掴んだことで横浜DeNAベイスターズに欠かすことのできない選手に成長しました。今回は横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します。

横浜DeNAベイスターズ「ハマの青い韋駄天」梶谷隆幸選手!

(出典:いらすとや

トリプルスリーも狙えるほどの身体能力の高さを備えると言われる横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手。「ハマの青い韋駄天」とも言われる俊足選手は、自慢のスピードで相手チームを翻弄する力を持っています。

グラウンド上では感情を表に出すことも少ない梶谷隆幸選手ですが、実は熱い気持ちを持った選手でもあります。

今回は横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します!

横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手のプロフィール

  • 名前   :梶谷隆幸(かじたに たかゆき)
  • 出身地  :島根県松江市
  • 経歴   :開星高等学校-横浜ベイスターズ(横浜DeNAベイスターズ)
  • 生年月日 :1988年8月28日
  • 身長   :180cm
  • 体重   :85kg
  • 投球・打席:右投左打
  • ポジション:外野手
  • 背番号  :3

横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手の経歴

小学校から中学校まで

梶谷隆幸選手は小学校4年生の時に地元の少年野球チームで軟式野球を始め、中学校では学校の野球部を経て、クラブチームの乃木ライオンズシニアに所属して野球を続けていました。

甲子園で初戦敗退も、プロへ

開星高校に進学すると、1年生の頃からレギュラーとしてプレーし、高校3年生の夏には甲子園にも出場しています。甲子園では日大山形相手に初戦敗退を喫し、チームとしての結果を残せませんでした。

しかし、持ち前の俊足やシュアなバッティング、守備の能力を評価され、2006年の高校生ドラフトにおいて3位に指名され、梶谷隆幸選手は横浜DeNAベイスターズに入団することになります!

横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手の特徴

身体能力に優れ走攻守バランスの取れた選手

梶谷隆幸選手は打撃、走力、守備全てにおいて高い能力を持ち合わせているバランスのいい選手で、身体能力も高く専門家からはトリプルスリーも狙える選手だと評価されています。

梶谷隆幸選手は浅いカウントから当てにいくバッティングをするのが嫌いだと断言していて、打席に立った際にはバットを強く振ることをなによりも大切にしています。そのため三振が多く、好不調の波が激しいのが欠点かもしれません。

しかし好不調の波が少ないと言われる足の速さを生かしての盗塁を決める能力は折り紙付きで、梶谷隆幸選手の「ハマの青い韋駄天」とも言われる走力はリーグでもトップクラスです!走力も含め、横浜DeNAベイスターズ打線では欠かせない存在として不動のレギュラー選手となっています。

実は喜怒哀楽が激しい性格

梶谷隆幸選手は試合中のグラウンド上での仕草や表情などから、落ち着いた雰囲気のある緩い性格の持ち主だという印象を持つファンも多いようです。しかし実際の梶谷隆幸選手は「喜怒哀楽の激しい選手」だと自己分析していて、試合中の梶谷隆幸選手は必死に自分を作っているそうです。

本来の梶谷隆幸選手の性格が表に出てしまうと、一つ一つのプレーに一喜一憂して惑わされてしまうとのことで、あえて自分を抑えてプレーしているとのこと。

そんな梶谷隆幸選手が、実はかなり熱いハートの持ち主だと多くのファンが気付いたエピソードはなんといっても2016シーズンのクライマックスシリーズでの出来事です。

横浜DeNAベイスターズにとって初のクライマックスシリーズ進出となったファーストステージの第3戦で、梶谷隆幸選手は、読売ジャイアンツの内海哲也投手から死球を受け骨折してしまう大ピンチに陥ります。

チームにとって初のクライマックスシリーズでの試合を骨折を理由に休むと思われた梶谷隆幸選手でしたが、骨折しながらも、その後のポストシーズンでの試合に出場し、対広島東洋カープとのファイナルステージ第4戦ではホームランを打つ活躍を見せました!

チームは日本シリーズには進出することは出来なかったものの、骨折しながらも試合出場を続けた梶谷隆幸選手は自身について「俺ってけっこう根性あるんだな、と思いました。自分で自分をようやったな、と。個所によっては骨が折れてもやれるんだな、と分かりました」と語っていました。

横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手の成績と年俸

  • 2009年の成績と年俸

試合数22 打率.128 本塁打1 打点2 盗塁1 年俸510万円

  • 2010年の成績と年俸

試合数5 打率.000 本塁打0 打点0 盗塁0 年俸660万円

  • 2012年の成績と年俸

試合数80 打率.179 本塁打2 打点11 盗塁5 年俸640万円

  • 2013年の成績と年俸

試合数77 打率.346 本塁打16 打点44 盗塁7 年俸1000万円

  • 2014年の成績と年俸

試合数142 打率.263 本塁打16 打点72 盗塁39 年俸2300万円

  • 2015年の成績と年俸

試合数134 打率.275 本塁打13 打点66 盗塁28 年俸4600万円

  • 2016年の成績と年俸

試合数107 打率.273 本塁打18 打点56 盗塁26 年俸8300万円

プロ入り後しばらくは打撃に課題

梶谷隆幸選手は、プロに入ってからしばらくは主に二軍での生活を続けます。イースタン・リーグでは持ち前の俊足を生かしたプレーで存在感を発揮。

2010年には33盗塁を記録し盗塁王になるなど、走力に関してはチームからも高く評価されていたものの、打撃の評価が高まらずなかなか一軍定着へのチャンスを握ることはできませんでした。

中畑清監督就任で開幕スタメンに抜擢!

梶谷隆幸選手が大きく飛躍したのは、2012年から横浜DeNAベイスターズの監督に就任した中畑清監督の存在がきっかけでした!

中畑清監督がチームの方針に「機動力野球」を掲げたことから、二軍で盗塁王になったこともある梶谷隆幸選手が注目されます。オープン戦でも打率.347、13盗塁の成績を残したこともあり、いきなりのスタメン出場、しかも1番・遊撃手での開幕スタメンに抜擢されました!

2012年は開幕後もしばらくスタメン起用が続きレギュラー選手としてプレーしていた梶谷隆幸選手でしたが、期待されたような結果を出すことはできず、二軍落ちの憂き目にもあいました。

2014年に外野手に転向

2013年までは内野手での起用がされてきた梶谷隆幸選手でしたが、守備でのミスが多く見られたことから、2014年からは外野手へ転向することになりました。

外野手に転向したこともあって安定的に試合に出場するようになり、2014シーズンは一軍での初めての個人タイトルである盗塁王を獲得しました!

2015年はオールスターに初出場!

2015年は3番・ライトとしてレギュラーに定着し、シーズン開幕から好調だったこともあってオールスターのファン投票で外野手部門3位となりオールスターへの初出場を果たしました!

2016年は中畑清監督からアレックス・ラミレス監督に変わったものの、ラミレス監督からチームのキーマンに指名された梶谷隆幸選手。しかし開幕前に守備練習でフェンスに激突し肋骨や筋肉を傷めたことから、シーズン初出場は5月まで持ち越されました。

しかし2016年は梶谷隆幸選手が復帰してからチームも上昇気流に乗り、チーム初のクライマックスシリーズ進出を果たすなど、梶谷隆幸選手にも自分を大きく成長させるいい経験になりました!

2017年は強打の2番打者としてシーズンスタート

2017年は前年にラミレス監督が「2番・梶谷」構想を掲げたこともあり、開幕戦から2番・ライトで起用された梶谷隆幸選手。長打力のある梶谷隆幸選手を2番に置いた攻撃的打線は爆発力を生み、チームの打線に刺激を与えました!

チームの状況や、打者の調子などによって打順が変わることもありますが、横浜DeNAベイスターズ打線の新しい形を作りつつあります。9月21日現在、横浜DeNAベイスターズの得点力はセ・リーグ3位となっており、一定の成果は出ていると言えるでしょう!

梶谷隆幸選手の今シーズンのここまでの成績は、打率.248、本塁打19、打点55、盗塁18となっています。

横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手を再びCSで見たい!

今回は横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介しました。「ハマの青い韋駄天」が昨シーズンに続き再びポストシーズンで躍動する姿をぜひ見たいですね!

プロ入り当初は打撃に課題があり、なかなか一軍の試合に出ることがなかった梶谷隆幸選手は、中畑清監督が抜擢したことにより現在の横浜DeNAベイスターズに欠かせない選手へと成長しました。プロ野球の世界でも人との出会いの大切さを感じさせてくれます。

現在チームはクライマックスシリーズ進出に向けて最後の戦いを繰り広げています。2年連続のクライマックスシリーズ進出に期待して横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手を応援していきましょう!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。