埼玉西武ライオンズの「職人肌」外崎修汰選手!地味ながらもチームに貢献する選手のプロフィールを紹介!

今シーズン外野のレギュラーとして定着している埼玉西武ライオンズ外崎修汰選手。昨シーズンまでは内野手としてプレーしていましたが、ポジションを転向して試合出場へのチャンスをつかみ取りました。外崎修汰選手は決して派手さはないものの職人肌の選手として、いまや埼玉西武ライオンズに欠かせない選手となっています。今回は埼玉西武ライオンズ外崎修汰選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します。

埼玉西武ライオンズの「職人肌」外崎修汰選手!

(出典:いらすとや

今シーズン内野手から外野手に転向しレギュラーを獲得している埼玉西武ライオンズ外崎修汰選手。下位打線でのつなぎ役としてチームの勝利に貢献しています!

プロ入り2年目までは二軍での活躍がほとんどでしたが、今シーズンは一軍のレギュラーとして辻発彦新監督の信頼も得て活躍を続けています。

今回は埼玉西武ライオンズの職人肌、外崎修汰選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します!

埼玉西武ライオンズ外崎修汰選手のプロフィール

  • 名前   :外崎修汰(とのさき しゅうた)
  • 出身地  :青森県弘前市
  • 経歴   :青森県立弘前実業高等学校-富士大学-埼玉西武ライオンズ
  • 生年月日 :1992年12月20日
  • 身長   :177cm
  • 体重   :75kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:遊撃手、外野手、二塁手、三塁手
  • 背番号  :44

埼玉西武ライオンズ外崎修汰選手の経歴

青森のリンゴ農家で生まれ育つ

青森県のリンゴ農家で生まれ育った外崎修汰選手は小学校4年生の時に野球を始めました。高校に進学すると1年生の春にはすでに正遊撃手となりましたが甲子園に出場することはありませんでした。

北東北大学野球リーグを代表する選手に成長しプロへ!

岩手県の富士大学に進学すると2年生の時に、北東北大学野球リーグの秋季リーグで打点王になり、3年生の秋季リーグでは盗塁王獲得。4年生の秋季リーグでは首位打者やベストナイン、優秀選手賞を獲得しました!

4年生になるとチームのキャプテンを務めるようになり、春季リーグ、秋季リーグとチームを連続優勝に導く活躍をしました!

北東北大学野球リーグのトップ選手として活躍した外崎修汰選手は2014年のドラフト会議で埼玉西武ライオンズから3位で指名を受け、契約金5000万円、年俸1200万円でプロ入りを果たしました!

埼玉西武ライオンズ外崎修汰選手の特徴

フォア・ザ・チームの職人肌

外崎修汰選手は何かずば抜けた能力がある選手というよりも、チームの勝利のために全力でプレーするフォア・ザ・チームの職人肌の選手です!

次の打者につなぐチームバッティングや、チャンスがあると見るや次の塁を盗み取る走塁で、地味ながらもチームの勝利に貢献しています!

意外とパンチ力もあり、自分のツボに入ればスタンドまで持っていくパワーも持ち合わせています。あくまでもフォア・ザ・チームとして次の打者に繋げるためのバッティングの延長線上に、ホームランも打つことが出来る選手です!

パ・リーグのスター顔?

外崎修汰選手は黒髪の短髪に、きちっと着こなすユニフォームや、ピンと伸びた背筋と姿勢の良さ、真一文字に結ばれた口元、黙々とチームに貢献しようとプレーする姿や、穏やかな性格から「パ・リーグのスター顔」だとも言われています。

「パ・リーグのスター顔」と言っているのは埼玉西武ライオンズの阿部真宏打撃コーチです。阿部真宏打撃コーチによると昔のパ・リーグにいたスター顔のビジュアルをしていると感じるそうです。

現在はセ・パに人気の差はそれほどないですが、昔は「人気のセ、実力のパ」と言われていた時代がありました。確かに外崎修汰選手を見ていると派手さはないものの「野球の実力で勝負してやる」という気概を感じる顔に見えなくもないですね!

埼玉西武ライオンズ外崎修汰選手の成績と年俸

  • 2015年の成績と年俸

試合数43 打率.186 本塁打1 打点4 盗塁9 年俸1200万円

  • 2016年の成績と年俸

試合数37 打率.176 本塁打2 打点5 盗塁6 年俸1400万円

  • 2017年の成績と年俸(9月24日現在)

試合数129 打率.255 本塁打10 打点47 盗塁19 年俸1300万円

ルーキーイヤーは二軍で盗塁王を獲得!

外崎修汰選手は新人選手として臨んだ2015年のシーズンは主に二軍で活躍しました。イースタン・リーグでは70試合に出場し27個の盗塁を記録し、盗塁王を獲得しました!

一軍では7月に初めて出場選手登録されると7月8日の対オリックス・バファローズ戦で代走として途中出場し、その後回ってきた打席で初安打を記録します。

7月25日の対北海道日本ハムファイターズ戦では8番・遊撃手としてプロ初のスタメン出場を果たすと、第1打席でレフトポール上に大きな当たりを打ち、審判からは一旦ファールと判定されたもののビデオ判定によりホームランに認定されるという珍事が起こりましたが、見事プロ初ホームランを記録しました!

ルーキーイヤーは一軍での出場試合はそれほど多くなかったものの、外崎修汰選手の実力の片りんを見せる結果を残しました。

2016年は開幕戦出場も徐々に出番が無くなる

プロ入り2年目となった外崎修汰選手は開幕戦に9番・遊撃手でスタメン出場し、遊撃手のレギュラー獲得に向け期待も高まりましたが打撃や守備において結果を出すことが出来ず、一軍での出番を失ってしまいました。

二軍ではチーム最多タイとなる16個の盗塁を記録したり、9月の二軍の試合でリーグ最多となる5本塁打を記録したりして月間MVPを獲得するなど、二軍トップクラスの選手であることを結果で証明していました!

2017年は外野手レギュラーとしてブレイク

2017年も遊撃手のレギュラーを目指しオフから守備の練習に取り組んでいた外崎修汰選手でしたが、埼玉西武ライオンズに新人として入団してきた源田壮亮選手が遊撃手として活躍したことで行き場を失ってしまいました。

埼玉西武ライオンズの内野にはセカンドにキャプテンを務める浅村栄斗選手や、サードに主砲の中村剛也選手がいることから、外崎修汰選手はポジションを外野に転向します。

すると今シーズンから監督に就任した辻発彦新監督の「脚を生かして戦う」というスローガンと合致したこともあり、外崎修汰選手にとっては野球人生でほぼ初めてという外野手でのレギュラー出場が増える結果となりました!

外崎修汰選手の今シーズン序盤は打率がなかなか上がらず打率も2割に満たないほどしか結果を残せていませんでしたが、5月30日の対広島東洋カープ戦で辻発彦監督から「少しバットを短く持ってみたらどうだ?」とアドバイスされ実践したところ、今までにないいい感触を得たことで徐々に打率も上がるようになりました。

下位打線でのつなぎ役として活躍することをイメージしているという外崎修汰選手ですが、現在ホームランは10本を記録していてパンチ力の強さも垣間見せています。

埼玉西武ライオンズ外崎修汰選手を応援しよう!

今回は埼玉西武ライオンズ外崎修汰選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介しました。地味ながらも活躍する職人肌の外崎修汰選手は今シーズン外野手に転向し、チャンスを掴みました!

辻発彦新監督も現役時代は職人肌の選手として有名でしたが、外崎修汰選手に自分の姿を重ね合わせているのかもしれませんね!

現在パ・リーグ2位につけている埼玉西武ライオンズ。クライマックスシリーズでの躍進が期待されますが、ポストシーズンの短期決戦では外崎修汰選手のような職人肌の選手の活躍こそがチームの勝利に最も必要な要素でしょう。

チームの勝利に向け、外崎修汰選手の活躍は埼玉西武ライオンズの日本一達成に大きく貢献してくれるはずです!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。