2017年日本シリーズ第2戦のハイライト!名場面やスーパープレイをご紹介!

2017年日本シリーズ第2戦の名場面やスーパープレイをご紹介!2017年もいよいよ日本シリーズが開幕!福岡のヤフオク!ドームで2試合行われ、戦いの場を横浜スタジアムに移しました。ここまで福岡ソフトバンクホークスが3勝、横浜DeNAベイスターズが1敗という展開です。俄然面白くなってきた日本シリーズ2017。今回はそんな2017年日本シリーズ第2戦の名場面やスーパープレイなどを振り返ろうと思います!

2017年日本シリーズ第2戦のハイライト!名場面やスーパープレイをご紹介!

2017年もいよいよ日本シリーズが開幕!

福岡のヤフオク!ドームで2試合行われ、戦いの場を横浜スタジアムに移しました。

ここまで福岡ソフトバンクホークスが3勝、横浜DeNAベイスターズが1敗という展開です。

福岡ソフトバンクホークスが3連勝でイッキに日本一に大手をかけましたが、横浜DeNAベイスターズが待ったをかけ、俄然面白くなってきましたね!

今回は2017年日本シリーズ第2戦の名場面やスーパープレイなどを振り返ろうと思います!

2017年日本シリーズ第2戦のハイライト:オーダーをチェック!

SMBC日本シリーズ2017第2戦のハイライト、名場面、スーパープレイをご紹介。

吉高由里子さん(女優)による始球式が行われ、開幕しました!

まずはオーダーから見てみましょう。

横浜DeNAベイスターズ

投手 守備位置 選手名 投球
先発 (投) 今永 昇太
打順 守備位置 選手名 打席
1 (中) 桑原 将志
2 (右) 梶谷 隆幸
3 (一) ロペス
4 (左) 筒香 嘉智
5 (三) 宮﨑 敏郎
6 (二) 柴田 竜拓
7 (指) 細川 成也
8 (捕) 戸柱 恭孝
9 (遊) 倉本 寿彦

横浜DeNAベイスターズはクライマックス・シリーズで大活躍のエース今永昇太投手が中5日で先発登板!

普段はDH(指名打者)制のないセ・リーグですが、パ・リーグ主催試合という事で第1、2戦は横浜DeNAベイスターズも指名打者を使う事ができます。
前日は乙坂智選手を起用していましたが、この日は第1戦で高卒新人日本シリーズ初打席初安打の快挙を達成した細川成也選手を起用。

第1戦のキャッチャーは嶺井博希選手でしたが、この日は戸柱恭孝選手が先発マスク。
そして柴田竜拓選手と梶谷隆幸選手の打順が第1戦と逆になりました。

打順は第1戦同様、右打者、左打者、右打者、左打者とジグザグ打線でバランス良く組まれました。

福岡ソフトバンクホークス

投手 守備位置 選手名 投球
先発 (投) 東浜 巨
打順 守備位置 選手名 打席
1 (中) 柳田 悠岐
2 (遊) 今宮 健太
3 (指) デスパイネ
4 (一) 内川 聖一
5 (右) 中村 晃
6 (三) 松田 宣浩
7 (二) 川島 慶三
8 (右) 江川 智晃
9 (捕) 甲斐 拓也

先発はシーズン16勝、チームの勝ち頭東浜巨投手。

この日は横浜DeNAベイスターズの先発投手が今永昇太投手であるだろうという事で右打者を多く起用。
(横浜DeNAベイスターズラミレス監督が予告先発を拒否したためオーダー交換まで互いの先発投手は不明)
川島慶三選手や江川智晃選手が起用されました。

上位打順は変更がありません。

福岡ソフトバンクホークスはポストシーズンで左投手を苦手としていて、しっかり対策を打ってきました。

2017年日本シリーズ第2戦のハイライト:名場面

SMBC日本シリーズ2017第2戦のハイライト、名場面、スーパープレイをご紹介。

まずは先発オーダーをご紹介しました。
次に名場面を振り返ります。

1回裏、福岡ソフトバンクホークスがわずか5球で先制!

福岡ソフトバンクホークスが2夜連続の初回先制点で勢いをつけました。

横浜DeNAベイスターズの先発・今永昇太投手に対して先頭の柳田悠岐選手がフルスイングでライト前ヒット。
2番今宮健太選手が初球をキッチリバントし、1アウト2塁に。
3番デスパイネ選手が三遊間を破るタイムリーヒットを打ち、まるで前日の再現の様に先制点を奪いました!

苦手な左投手から幸先の良いスタートとなりました。

6回表1死、横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手が「思い切って」同点弾!

1点を追う6回表1アウトの場面、横浜DeNAベイスターズ梶谷隆幸選手が福岡ソフトバンクホークスの先発東浜巨投手の内角のストレートを捉え、同点ソロホームラン放ちました!

梶谷隆幸選手は

「打ったのはストレートだと思います。ボール気味でしたが、思い切って振っていきました。とにかく勝つという気持ちしかありません。逆転できるように頑張ります」

(引用:日刊スポーツ

と振り返ります。

試合を振り出しに戻しました!

6回表2死、横浜DeNAベイスターズ宮崎敏郎選手が値千金勝ち越し2ランホームラン!

6回表1アウトから横浜DeNAベイスターズは梶谷隆幸選手のソロホームランで同点に追いつき、
2アウトになってから宮崎敏郎選手が勝ち越し2ランホームランを放ちました!

福岡ソフトバンクホークス先発東浜巨投手のストレートを左中間スタンドへ運びました。

セ・リーグ首位打者の宮崎敏郎選手。
これが日本シリーズ初安打となり、大きな一本となりました!

「入ってくれーと思いながら走っていました。今永が粘り強く投げていたので、なんとか逆転したいと思っていました。この試合勝てるように頑張ります」

(引用:日刊スポーツ

と宮崎敏郎は大粒の汗を流しながらコメント。

試合は 横浜DeNAベイスターズ3-4福岡ソフトバンクホークス という結果で、福岡ソフトバンクホークスの2連勝となりました。
福岡ソフトバンクの勝ち越しシーンについては次のスーパープレイで詳しく見ていきたいと思います!

2017年日本シリーズ第2戦のハイライト:スーパープレイ

SMBC日本シリーズ2017第2戦のハイライト、名場面、スーパープレイをご紹介。

先発オーダー、名場面をご紹介しました。
次はこの試合のスーパープレイを選びました。

横浜DeNAベイスターズ先発今永昇太投手の6回1失点10奪三振の力投!

横浜DeNAベイスターズの先発今永昇太投手は結局失点は初回の1点のみ、4連続を含む毎回の10三振を奪う力投を見せました。
勝ち投手の権利を持ってマウンドを降り、大舞台でエースの投球を披露しました!

福岡ソフトバンクホークスはまたしても左投手にやられてしまう結果となりました。

今永昇太投手は

「イニングの先頭打者を出すことが多く、自分自身もリズムに乗れずに、攻撃にもいいリズムで繋げることができませんでした」
「その後は開き直って粘り強く投げることができたと思います。腕をしっかり振って緩いボールを投げることができたことで、ストレートがいき、今日の好結果に繋がったと思います」

(引用:スポニチアネックス

と振り返りました。

7回裏1死、福岡ソフトバンクホークス今宮健太選手が神走塁で決勝点をもぎ取る!

2-3で1点差となった7回裏1アウト1塁の場面。今宮健太選手が放ったセカンドゴロを柴田竜拓選手が巧みに処理し、併殺かと思われましたが、二塁に入った倉本寿彦選手が補給できずオールセーフ。
横浜DeNAベイスターズにとってこのミスが命取りとなってしまいました。

その後、デスパイネ選手が三振に倒れ2アウト。内川聖一選手が四球を選び満塁。
そして中村晃選手がタイムリーヒットを放ちます。

同点のランナーは余裕を持って生還。
この後、逆転のランナー今宮健太選手が気迫のヘッドスライディング。
1度はアウト判定でチェンジと思われましたが、福岡ソフトバンクホークス工藤公康監督がリプレー検証を要求。
ネットでも大変話題になった非常に微妙な場面でしたが、リプレー検証の結果セーフとなり、福岡ソフトバンクホークスが逆転に成功しました!

今宮健太選手の神走塁が決勝点となりました!

2017年日本シリーズ第2戦のハイライト:今後のシリーズ展開に注目!


(画像出典:freedesignfile.com

SMBC日本シリーズ2017第2戦のハイライト、名場面、スーパープレイをご紹介してきました。

3勝1敗で福岡ソフトバンクホークスが大手をかけている状態の日本シリーズ2017

このまま福岡ソフトバンクホークスが全勝で決めるのか、第4戦の勝利から勢いをつけ横浜DeNAベイスターズが下克上を達成するのか、日本シリーズから目が離せません!

日本シリーズ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。