2017年日本シリーズ第1戦のハイライト!名場面やスーパープレイをご紹介!

2017年もいよいよ日本シリーズが開幕!福岡のヤフオク!ドームで2試合行われ、戦いの場を横浜スタジアムに移しました。ここまで福岡ソフトバンクホークスが3勝、横浜DeNAベイスターズが3敗という展開です。このまま福岡ソフトバンクホークスが勢いのまま日本一になるのか、横浜DeNAベイスターズが本拠地で流れを変えるのか。今回は2017年日本シリーズ第1戦の名場面やスーパープレイなどを振り返ろうと思います!

2017年日本シリーズ第1戦のハイライト!名場面やスーパープレイをご紹介!

2017年もいよいよ日本シリーズが開幕!

福岡のヤフオク!ドームで2試合行われ、戦いの場を横浜スタジアムに移しました。

ここまで福岡ソフトバンクホークスが3勝、横浜DeNAベイスターズが3敗という展開です。

このまま福岡ソフトバンクホークスが勢いのまま日本一になるのか、横浜DeNAベイスターズが本拠地で流れを変えるのか。

今回は2017年日本シリーズ第1戦の名場面やスーパープレイなどを振り返ろうと思います!

2017年日本シリーズ第1戦のハイライト:オーダーをチェック!

SMBC日本シリーズ2017第1戦のハイライト、名場面、スーパープレイをご紹介。

EXILEのTAKAHIROさんによる国歌独唱、
村上茉愛さん(2017年体操世界選手権女子種目別床運動 金メダリスト)による始球式が行われ、開幕しました!

まずはオーダーから見てみましょう。

横浜DeNAベイスターズ

投手 守備位置 選手名 投球
先発 (投) 井納 翔一
打順 守備位置 選手名 打席
1 (中) 桑原 将志
2 (二) 柴田 竜拓
3 (一) ロペス
4 (左) 筒香 嘉智
5 (三) 宮﨑 敏郎
6 (右) 梶谷 隆幸
7 (捕) 嶺井 博希
8 (指) 乙坂 智
9 (遊) 倉本 寿彦

横浜DeNAベイスターズの先発はこれまで短期決戦で好成績を収めていた井納翔一投手。
クライマックス・シリーズファイナルステージ第4戦で今永昇太投手がリリーフ登板していて中4日しかあいていなかったというのもあるでしょう。

普段はDH(指名打者)制のないセ・リーグですが、パ・リーグ主催試合という事で第1、2戦は横浜DeNAベイスターズも指名打者を使う事ができます。
この日は指名打者に乙坂智選手を起用。

打順は右打者、左打者、右打者、左打者とジグザグ打線でバランス良く組まれました。

福岡ソフトバンクホークス

投手 守備位置 選手名 投球
先発 (投) 千賀 滉大
投手 守備位置 選手名 投球
1 (中) 柳田 悠岐
2 (遊) 今宮 健太
3 (指) デスパイネ
4 (一) 内川 聖一
5 (右) 中村 晃
6 (三) 松田 宣浩
7 (左) 長谷川 勇也
8 (二) 明石 健志
9 (捕) 甲斐 拓也

先発はシーズン13勝の千賀滉大投手。
ワールド・ベースボール・クラシックにも選ばれた信頼感抜群のエースです。

この日はレフトに今シーズン23試合出場にとどまった長谷川勇也選手を起用。
結果的にこれがハマりました。

シーズンでは怪我でなかなか揃わなかった柳田悠岐選手、内川聖一選手が揃い、非常に強力な打線となっています。

2017年日本シリーズ第1戦のハイライト:名場面

SMBC日本シリーズ2017第1戦のハイライト、名場面、スーパープレイをご紹介。

まずは先発オーダーをご紹介しました。
次に名場面を振り返ります。

1回裏、福岡ソフトバンクホークスの理想的な先制攻撃!

1回表、2四球でピンチを招くも無失点で切り抜けた福岡ソフトバンクホークス千賀滉大投手。
その裏、故障からクライマックス・シリーズファイナルステージ最終戦で復帰し、この試合も1番に起用されていた柳田悠岐選手がセンター前ヒットで出塁。
犠打の得意な2番今宮健太選手がしっかり柳田選手をセカンドに送り。
3番キューバの至宝デスパイネ選手がキッチリレフトに二塁打を放ち1点を先制。

試合前に福岡ソフトバンクホークス工藤公康監督は

「どっちが早く点を取ってリラックスできるかが大事。1回からフルスロットルで飛ばして何とか点を取れるように」

(引用:西日本スポーツ

と語っていた通りこれで福岡ソフトバンクホークスが勢いに乗りました。

2回裏、福岡ソフトバンクホークス長谷川勇也選手の起用がズバリ!2ランホームラン!

今シーズン故障などによる不振から23試合の出場にとどまった長谷川勇也選手ですが、この試合は7番レフトでスタメン出場。

2回裏、横浜DeNAベイスターズ井納翔一投手が投じた外角高めのストレートをセンター右のテラス席に運びました。

「打ったのはストレート。ランナー一塁だったので、右方向に打って最低でも進塁させようと思い打席に入りました。ホームランテラスに入り、最高の結果になりましたが、投げた人形が一塁ベンチ上のスタンドに入らず残念でした…」

(引用:デイリースポーツ

と長谷川選手は振り返っています。

頼れる選手会長の一発で流れをイッキに持っていきました。

9回表、横浜DeNAベイスターズ細川成也選手が快挙を達成!

試合は 横浜DeNAベイスターズ1-10福岡ソフトバンクホークス という一方的な展開になってしまいましたが、

そんな中、横浜DeNAベイスターズ細川成也選手が快挙を達成しました!

細川選手は9回表に代打で登場。初打席、初安打を放ちました!

高卒新人野手の日本シリーズでの安打は1988年の立浪和義さん(中日ドラゴンズ)以来で、初打席は1982年の工藤公康さん(西武、現福岡ソフトバンクホークス監督)以来35年ぶり2人目、野手としては初(工藤さんは投手)。
高卒に限らず代打での新人初打席初安打は史上初の快挙となります!

ドラフト5位のルーキーは

「多少緊張はしたが、積極的に振った結果」
「今日1打席立った分、(明日は)リラックスして入れる」

(引用:スポニチアネックス

と語り、これに横浜DeNAベイスターズのラミレス監督は

「19歳で、日本シリーズでヒットを打つことは簡単にできることではない。自信をつけてくれると思う」

(引用:スポニチアネックス

と目を細めました。

2017年日本シリーズ第1戦のハイライト:スーパープレイ

SMBC日本シリーズ2017第1戦のハイライト、名場面、スーパープレイをご紹介。

先発オーダー、名場面をご紹介しました。
次はこの試合のスーパープレイを選びました。

7回1失点の好投でエースの役割を全うした千賀滉大投手の力投!

1回に2四球、3回までに毎回ランナーを背負う苦しい立ち上がりながら粘りのピッチング。
それが打線の爆発に繋がり、初戦の勝利に繋がりました!

失点は5回のエラーからの1点のみで自責点は0。
日本シリーズ初戦の先発を任された千賀滉大投手が役割をしっかり全うしました。

千賀投手は

「大事な初戦でチームの流れを持ってきたい一心でマウンドに上がった。1回、2回と点を取ってくれて、楽に投げられた」

(引用:日刊スポーツ

と打線の援護に感謝していました。

2017年日本シリーズ第1戦のハイライト:今後のシリーズ展開に注目!


(画像出典:freedesignfile.com

SMBC日本シリーズ2017第1戦のハイライト、名場面、スーパープレイをご紹介してきました。

福岡ソフトバンクホークスが3勝0敗で大手をかけた日本シリーズ2017

このまま福岡ソフトバンクホークスが全勝で決めるのか、ここから横浜DeNAベイスターズの逆襲が始まるのか、日本シリーズから目が離せませんね!

日本シリーズ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。