北海道日本ハムファイターズ【松本剛選手】のプロフィールを紹介!帝京魂で目指せレギュラー定着!

2017年ペナントレースをBクラスで終えることがほぼ確実な北海道日本ハムファイターズ。チーム状況が苦しい中、人一倍気を吐いている選手がいます。北海道日本ハムファイターズ松本剛選手です。2011年にドラフト2位指名で入団しますが、2016年までは一軍で成績を残せていませんでした。しかし、2017年シーズンでは規定打席には僅かに足りていませんが打率3割に届きそうな活躍をしています。そんな北海道日本ハムファイターズ松本剛選手のプロフィール、成績、年俸、経歴、性格をご紹介していきます。

絶賛アピール中!北海道日本ハムファイターズ松本剛選手


2017年シーズンを最下位で終えるのは是が非でも避けたい北海道日本ハムファイターズ

中田翔選手の不調、大谷翔平選手の怪我などネガティブなニュースが多いですが、もちろん明るい話題もあります。プロ6年目の松本剛選手の活躍です。
2016年までの5年間で一軍での公式戦出場が25試合であった松本剛選手ですが、2017年は100試合に出場(9月18日現在)、外野手のレギュラーとしてチームに貢献しています。
そんな北海道日本ハムファイターズ松本剛選手のプロフィール、成績、年俸、経歴、性格などをまとめてみました。

北海道日本ハムファイターズ松本剛選手のプロフィール

  • 名前   :松本 剛(まつもと ごう)
  • 生年月日 :1993年8月11日
  • 出身地  :埼玉県川口市
  • 身長・体重:181cm・78kg
  • 投打   :右投げ右打ち
  • 出身校  :帝京高校
  • 初出場  :2013年10月4日 対ソフトバンク 札幌ドーム
  • 背番号  :12

北海道日本ハムファイターズ松本剛選手の経歴

名門帝京高校時代は1年生からベンチ入り

中学校では埼玉県内のリトルリーグに在籍していた北海道日本ハムファイターズ松本剛選手。
高校進学時は東東京の名門、帝京高校に進学。
1年生からベンチ入りを果たし、2009年には夏の甲子園に出場します。一回戦の県立岐阜商業高校戦では「9番 遊撃手」でスタメン出場をしています。その試合唯一の1年生ででのスタメン選手でしたので、監督から評価されていたのが想像できます。
2年生では春の選抜に出場、準々決勝まで駒をすすめますが沖縄の興南高校に0対5で敗れます。
松本剛選手は「6番遊撃手」でスタメン出場、4打数1安打の成績でした。
最後の夏は2年ぶりに甲子園出場を決めます。3年生時は4番を任せられるようまでの存在となります。
一回戦は大谷翔平投手率いる花巻東戦でしたが、8対7で退けます。続く二回戦の八幡商業高校戦は8回まで3点差をつけていましたが、最終回に満塁ホームランを含む5失点を浴び3対5で敗北、松本剛選手の高校野球生活はここで終わります。

帝京高校出身の現役プロ野球選手は何人!?

帝京高校といえば、甲子園常連校であると同時にプロ野球選手も数多く輩出しています。
2017年現在での帝京高校出身の選手はどれくらいいるのでしょうか、まとめてみました。

  • 中村 晃  2007年ドラフト3位
    福岡ソフトバンクホークス
  • 杉谷 拳士 2008年ドラフト6位
    北海道日本ハムファイターズ
  • 原口 文仁 2009年ドラフト6位
    阪神タイガーズ
  • 山崎 康晃 2014年ドラフト1位
    横浜DeNAベイスターズ
  • 松本 剛  2011年ドラフト2位
    北海道日本ハムファイターズ
  • 伊藤 拓郎 2011年ドラフト9位
    横浜DeNAベイスターズ→群馬ダイヤモンドペガサス
  • 石川 亮  2013年ドラフト8位
    北海道日本ハムファイターズ
  • 田島 洸成 2015年育成ドラフト4位
    読売ジャイアンツ
  • 郡  拓也 2016年ドラフト7位
    北海道日本ハムファイターズ

松本剛選手を含む9人の選手が2017年現在、現役のプロ野球選手として在籍しています。面白いのは、9選手中4選手が北海道日本ハムファイターズの選手でした。偶然であるとは思いますが、興味深い点です。また、松本剛選手の2年先輩に原口文仁選手、1年先輩に山崎康晃選手、同期に伊藤拓郎投手がいます。松本選手が1年生の時には上記の選手たちが全員ベンチに入っていました。
今考えると豪華な面々ですよね。甲子園常連校ならではですね。

ドラフト2位指名・プロ入り後

2011年のドラフト会議にて、松本剛選手は、北海道日本ハムファイターズから2位指名を受けて入団します。
1年目ながらイースタンリーグで103試合に出場、2年目の2013年の10月には一軍初出場を果たします。
3年目は一軍出場なしに終わりますが、4年目の2015年には代打で一軍初安打を放ちます。
2016年には一軍で初打点・初盗塁を決め、12試合に出場します。
6年目を迎えた2017年は、交流戦での打率がパリーグ打者中トップの.396の成績で日本生命賞を受賞しました。
今後は、北海道日本ハムファイターズの主力選手として期待されるのではないでしょうか。

北海道日本ハムファイターズ松本剛選手の成績

2012年の入団から2016年まではイースタンリーグでの出場が主だった為、イースタンリーグでの成績と一軍での成績をご紹介します。
まずはイースタンリーグの成績です。

年度 試合 打率 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 得点 三振 犠打 盗塁 長打率 出塁率
2012 103 .225 414 378 85 8 1 1 29 30 53 16 5 .259 .261
2013 57 .254 255 228 58 9 2 3 16 26 23 3 6 .351 .321
2014 92 .242 406 376 91 21 3 1 29 41 37 5 16 .322 .284
2015 77 .285 324 281 80 8 1 6 37 38 26 10 2 .384 .354
2016 81 .263 359 331 87 14 2 4 25 39 36 4 6 .353 .304
2017 8 .458 30 24 11 2 0 0 0 7 1 0 1 .542 .567

※2017年は9月21日現在の成績

2016年まではシーズンの大半をファームで過ごしているのがわかりますが、2017年は逆に大半を一軍で過ごしています。
ファームの成績もわずかな打数ですが4割以上を記録しており、猛アピールをしています。
一軍に帯同するのもうなずけます。

続いて一軍の成績です。

年度 試合 打率 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 得点 三振 犠打 盗塁 長打率 出塁率
2013 2 .000 5 5 0 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 .000
2015 11 .182 14 11 2 1 0 0 0 2 5 2 0 .273 .250
2016 12 .238 22 21 5 1 0 0 2 1 5 1 1 .286 .238
2017 103 .278 393 353 98 13 0 4 31 38 55 19 5 .348 .316

※2017年は9月21日現在の成績
※2012・2014年は一軍出場なし

2016年までは一軍出場がありませんでしたが、突如2017年に100試合以上の出場を果たします。
ファームでは着実に成績を伸ばしていたのは事実ですが、ここまでの飛躍は珍しいパターンではないでしょうか。

転機は外野手としての出場!?

松本剛選手は帝京高校時代から内野手としてプレーしていました。
もちろんプロ入り後も内野手として出場していたのですが、失策が非常に目立つ選手でした。

  • 2012年 遊撃手として28失策(リーグ最多)
  • 2014年 二塁手として12失策(リーグ最多)

稚拙な守備が松本剛選手を一軍昇格の壁になっていたと推測できます。
2015年からは、内野手登録のまま外野手としてプレーします。
打撃に関しては力をつけていた状況だったので、外野手の控え選手として一軍昇格を果たしています。それ以降は、内野手としてのプレーすることはほとんどなく(一塁手として数試合出場有)、外野手として出場しています。
守備位置コンバートが功を奏したといっていいでしょう。

北海道日本ハムファイターズ松本剛選手の年俸

年度 年俸(推定)
2012 600万円
2013 600万円
2014 620万円
2015 620万円
2016 630万円
2017 650万円

2016年までは一軍での実績がほとんどなかったので、年俸の大幅アップがないのは当然といえるでしょう。
ただ、2017年シーズンで一軍で100試合以上に出場、打率も2割後半の成績を残すなど一気に首脳陣の評価を上げています。
今オフの契約更改では年俸のアップ提示は間違いないなく、大幅アップが期待できます。何%ほどアップするか注目です。

北海道日本ハムファイターズ松本剛選手の今後・レギュラー定着へ

ここまで北海道日本ハムファイターズ松本剛選手のプロフィール、経歴等をご紹介しました。
20代中盤の、体力的にも高いパフォーマンスを発揮できる時期に力をつけてきた印象です。
課題であった守備も内野手から外野手に転向し、問題なくこなせています。元々脚力にも定評がある選手なのでむしろ外野手の方が自分らしさを出せているのかもしれません。
あとはレギュラー定着が松本剛選手の最大の目標となってくるでしょう。現状、外野手のレギュラーで定着しているのは西川遥輝選手ぐらいです。
残り2席を争う戦いになります。大田泰示選手、岡大海選手などライバルがいますが何とか勝ち取って欲しいですね。
帝京魂でレギュラーの座を掴め!松本剛選手!

関連記事はこちら