阪神タイガースメッセンジャー投手!ラーメン通の頼れる「助っ投」の魅力とは?

メッセンジャー投手はマリナーズから来日以来阪神タイガースの投手陣を支える活躍をしている選手。毎年10勝前後の成績を残すだけでなく、人柄もよくチームメイトやファンに愛されています。ラーメンに対して独自のこだわりを持つことでも有名で、本拠地甲子園でもメッセンジャー投手プロデュースのこだわりラーメンが販売されていて人気メニューです。本記事では、阪神タイガースの先発ローテーションを長く支えている優良助っ人外国人メッセンジャー投手の経歴やエピソード、ラーメン愛についてお届けします。

阪神タイガースの頼れる「助っ投」、メッセンジャー投手をご紹介!


7月27日現在セントラル・リーグの3位を走る阪神タイガース。現在広島やDeNAを追い、後半戦へ逆転Vを狙います。

開幕から上位を走り続ける阪神タイガースの強さの要因の一つは秋山投手や桑原投手といった好調投手陣といわれています。中でも7月27日現在セリーグ最多勝の10勝の成績を上げるメッセンジャー投手は阪神の好調を支える立役者の一人であり、長く阪神を支える主戦力です。

メッセンジャー投手はラーメンが好きなことでも知られている投手。今回は、阪神の投手陣を支える助っ人外国人、メッセンジャー投手の経歴やエピソード、ラーメン愛についてお届けします。

阪神タイガースメッセンジャー投手の経歴

メッセンジャー投手は198センチの長身から角度のある150km前後のストレートと多彩な変化球を投げ込む投手。ラーメン好きなことでも知られる選手です。

本名はランディ・メッセンジャーで出身はアメリカのネバダ州。1999年のMLBドラフト11巡目でフロリダ・マーリンズに指名されます。2005年にメジャーデビュー、2006年には59試合に登板。2007年にサンフランシスコ・ジャイアンツに、2008年にはシアトル・マリナーズに移籍します。

マリナーズでは城島健司さんとバッテリーを組んだ他、イチロー選手やバレンティン選手などともチームメイトでした。2009年オフに自由契約となりますが、城島さんが阪神入りした際に阪神の首脳陣に獲得を強く推薦したことで阪神タイガースに入団します。

1年目は中継ぎなどで起用され思うような成績は残せませんでしたが、2年目からは先発ローテーションに定着。2011年から2017年までの7シーズンでどのシーズンも9~13勝の成績を残し長く阪神の先発ローテーションの中でエース格の活躍をしています。

またファンから愛されているのと同時に阪神に対する愛もあり、阪神タイガースで選手生活を終えたいともコメントしたことがある選手です。

阪神タイガースメッセンジャー投手のエピソード


阪神タイガースのメッセンジャー投手は人柄がいいことでも知られており、後輩や同僚によくアドバイスを送ったり仲良さそうにしていたりするところをよく見る選手です。

同じ一軍の先発投手ということで藤浪投手とは仲がよく、トレーニング方法を教えたり今シーズン不調の際は何度かアドバイスを送ったりしたこともあります

また、メッセンジャー投手は投手最年長ということもあり助っ人外国人たちのまとめ役も果たしています。新しく入ってきた助っ人外国人が日本やチームに馴染めるように協力するようなことも多く、メッセンジャーの影響でラーメン好きになった助っ人も数多くいます。

また外国人以外にも、新しく入ってきたルーキーに気軽に声をかけることも多くあり阪神の精神的主柱の役目も果たしています。まだ入ったばかりだったルーキー望月投手に声をかけ投球を褒めたり、投球スタイルが似ていたトラヴィス投手にアドバイスを送ったりとこれまで多くの選手の支えとなってきました。

実力だけでなく人柄も「エース級」の大活躍。メッセンジャー投手はそんな選手です。

阪神タイガースメッセンジャー投手はラーメンにこだわり!

阪神タイガースのメッセンジャー投手はラーメン好きなことでも広く知られる選手です。そのエピソードをいくつかご紹介します。

ラーメンの中でもお気に入りは天下一品の「こっさり」。「あっさり」と「こってり」を合わせた味がお気に入りとのことです。他にも神戸の「丸高中華そば」「麺蔵」「らあめん力丸」などのお気に入りのお店があります。

また、メッセンジャー投手は特にラーメンの「具」には特にこだわりがある選手です。スープの味が変わることから「もやしは入れない」主義で、ネギやメンマも入れずチャーシューだけのラーメンがお気に入り。また、替え玉はスープが薄くなるということで2杯注文するこだわりもあります。


ラーメンに詳しいということでメッセンジャー投手自身がプロデュースしたラーメン「メッセの豚骨醤油ラーメン」が甲子園球場で販売されており、阪神タイガース選手のプロデュースメニューの中では2年間連続1位の売上を誇る人気メニューとなっています。とんこつベースのスープを焦がしニンニク油で黒くし、チャーシュー・ほうれんそう・たまご・フライドガーリックを具にした黒ラーメンは「行きつけのラーメン屋の黒ラーメンよりも美味しい」と本人も語っており、ファンからもかなり人気が高いメニューです。

ラーメンが好きなメッセンジャー投手ですが、ラーメンで激太りした時期もありました。といっても今年はきっちり体を絞ってキャンプインしており、ラーメンの体重への影響はなさそうです。

メッセンジャー投手はトレーニングにラーメンを取り入れてもいます。メッセンジャー投手は春先にはランニングを多めにして夏には徐々に減らしていき、逆にウェイトトレーニングは夏場に増やしていき、ラーメンは体重をキープするために少しずつ増やしていって夏場はガンガン食べるという独自の「ラーメン・ランニング・ウェイトトレーニング」のバランスが自分にとって重要と語ったこともあり、もはやメッセンジャー投手の活躍の源といえるでしょう。


自分がラーメンを食べるだけでなく他の外国人助っ人に美味しいラーメン屋を教えることも多く、今までもゴメス選手やヘイグ選手などに美味しいラーメン屋を教え、今ではドリス選手は好んでケータリングでラーメンを頼むようになったというエピソードもあります。

ラーメンにも投球にも自身のこだわりがあり、皆から好かれるメッセンジャー投手。もしかしたら、引退後にはラーメン屋を始めるかもしれません!

阪神タイガースメッセンジャー投手の今後の活躍に注目!


【画像:写真AC
今回は阪神タイガースのメッセンジャー投手の経歴・エピソードやラーメン愛についてお届けしました。メッセンジャー投手は実力もラーメン愛も人柄も阪神タイガースの「エース級」。これからも長くファンを楽しませチームを支えてくれることでしょう。これからもメッセンジャー投手とそのラーメン愛に注目です!

阪神タイガースの関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。