【2017年9月最新版】千葉ロッテマリーンズの試合日程と注目選手を紹介!

2017シーズンも後半戦最後の戦いに入ってきました。千葉ロッテマリーンズは8月27日現在、パリーグ最下位と苦しいシーズンになっています。選手たちは懸命に戦っているものの結果がついてこず、ファンにとっても残念なシーズンになっている2017年。しかしまだシーズンの試合日程は終わっていません。これから9月の試合をファンも全力で応援していきましょう。今回は千葉ロッテマリーンズの2017年9月の試合日程と、注目選手を5人紹介します。

パリーグ最下位に沈む千葉ロッテマリーンズ!

昨シーズンは3位に入りクライマックスシリーズ進出も果たした千葉ロッテマリーンズ。しかし今シーズンは8/27現在、パリーグ最下位と、ファンにとっては残念な成績となっています。

得点が少なく、失点が多いという良いところのない今シーズンの千葉ロッテマリーンズですが、まだシーズンが終わったわけではありません。

12球団一とも言われる熱狂的なファンに応えるためにも、最後まで全力で戦って欲しいですね。

今回はシーズン最終盤となる千葉ロッテマリーンズの2017年9月の試合日程と、注目選手を5人紹介します!

千葉ロッテマリーンズ9月の試合日程は?

1 vs日 2 vs日 3 vs日
4 5 vs西 6 vs西 7 vs西 8 vsソ 9 vsソ 10 vsソ
11 vsソ 12 vsオ 13 vs日 14 vs日 15 16 vs楽 17 vs楽
18 vs楽 19 vs西 20 vs西 21 vs西 22 23 vs日 24 vs日
25 26 vsソ 27 28 vsオ 29 vsオ 30 vs楽
  • 太字は本拠地ZOZOマリンスタジアムでの開催です。
  • 9/9、9/10、9/16、9/17、9/18、9/24はデイゲーム。それ以外はナイトゲームでの開催です。
  • 9/11は予備日です。

千葉ロッテマリーンズ9月のイベントを紹介!

9月2日はBLACK BLACK 2017開催!

この日はチームや選手たちを後押しするために、ZOZOマリンスタジアムを真っ黒に染めて、球場全体で応援するイベントが開かれます!

来場者全員に現行のビジターブラックユニフォームが配布されるので、早速そのユニフォームを着て、千葉ロッテマリーンズファン一体となり、チームを応援しましょう!

9月8日、9日、10日はからあげ祭を開催!

日本全国から集まった、人気のからあげ店が大集合するイベントです。日本で一番美味しいからあげを決める「からあげグランプリ」で最高金賞や金賞を受賞した店が多数、出店します!

ビールの特設ブースもからあげ店に併設されているということで、からあげ&ビール好きの人には、たまらないイベントです!

千葉ロッテマリーンズの注目選手を紹介!

9月の試合で期待できる千葉ロッテマリーンズの注目選手を5人紹介します!

千葉ロッテマリーンズ注目選手その1:涌井秀章投手

最多勝のタイトルを3度にわたり獲得している、球界を代表するピッチャーである涌井秀章投手。2014年に埼玉西武ライオンズから千葉ロッテマリーンズに移籍してからも活躍しています!

バランスのとれた投球フォームのキレイさは、球界トップクラスとの呼び声も高く、キレのある速球を中心に、変化球を織り交ぜ、どの球種でも勝負ができる、完成度の高い本格派右腕、それが涌井秀章投手です!

昨シーズンも10勝と自身7度目の二けた勝利を挙げ、チームのエースとして期待されています。

今シーズンは打線の援護がないこともあって、8/27現在、4勝9敗と大きく負け越し、涌井秀章投手にとっても苦しいシーズンになっています。

涌井秀章投手はポーカーフェイスなだけに、なかなか感情をあらわにはしませんが悔しい思いは当然あるでしょう。

9月の試合では1つでも勝ち星を伸ばすべく、1試合1試合を丁寧に投げ切ってほしいですね!

千葉ロッテマリーンズ注目選手その2:二木康太投手

プロ3年目となった昨シーズンはプロ初勝利を挙げるなど7勝を挙げた二木康太投手。今シーズンはそれ以上の成績を期待されてシーズンを迎えました。

ここまでの成績は5勝7敗、防御率3.47と、やはり打線の援護に恵まれずなかなか勝ち星にはつながっていません。

しかし187cmの長身から投げ下ろす角度のあるストレートを武器に、縦スライダー、横スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク、シンカーと多彩な変化球を操れるうえ、制球力も抜群な二木康太投手は、これからの千葉ロッテマリーンズを背負うピッチャーとして期待されています。

9月の試合でも、来シーズンに向けて自信の付くようなピッチングをしてもらいたいですね!

千葉ロッテマリーンズ注目選手その3:唐川侑己投手

唐川侑己投手は「特徴がないのが特徴」とも言える不思議な投手です。ストレートもそれほど速いわけではなく、変化球もそれほどキレがあるわけでもないのに、なぜかバッターを抑えることが出来る。それが唐川侑己投手のピッチングスタイルです。

相手バッターからは「球速表示よりも球が速く感じる」と評されていて、実際にバッターボックスに立ってみると打ちづらい球を投げているようです。

一時期ストレートの球速が落ち、打たれることも多くなってきましたが、昨シーズンはストレートが140キロを超えることも増えてきました。

その結果、昨シーズンの唐川侑己投手は5年ぶりの完封勝利を挙げるなど、6勝6敗、防御率2.84とまずまずの成績を残し復活の兆しを見せてくれました。

しかし今シーズンはやはり打線の援護がなく、ここまで4勝10敗と苦しいシーズンになっています。9月の試合では唐川侑己投手の笑顔が見れるゲームを期待したいですね!

千葉ロッテマリーンズ注目選手その4:角中勝也選手

角中勝也選手は首位打者を2回獲得するなど、球界を代表するバットコントロールの持ち主です!コンパクトなスイングでチームバッティングを徹底しています。

昨シーズンは打率.339と自身最高の成績を残し、堂々の首位打者を獲得。今シーズンは引退したサブロー選手の背番号3を引き継ぎ、千葉ロッテマリーンズの顔としての役割も期待されてシーズン開幕を迎えました。

しかしチーム全体が低迷していることもあってか、角中勝也選手もなかなか成績が上がらず、ここまで打率.276と昨シーズンと比べると寂しい結果となっています。

9月の試合では持ち前のバットコントロールを生かしたバッティングで打率3割超えを目指してほしいですね!

千葉ロッテマリーンズ注目選手その5:鈴木大地選手

1988年ソウルオリンピック背泳ぎで金メダルを獲得した鈴木大地選手の名前からあやかって付けられたという、千葉ロッテマリーンズの鈴木大地選手。

鈴木大地選手は走攻守すべてにおいて安定感のある選手で、首脳陣からの信頼を得てレギュラーポジションをつかんでいます!

昨シーズンは打率.285と好成績を残し、チームの中心的役割を期待されるまでの選手になりました。

今シーズンは鈴木大地選手のここまでの成績は、打率.270と率は少し落ちたものの、自身初めてのホームラン10本を達成し、徐々にパワーがついてきていることをうかがわせます。

9月の試合でも安定感のあるプレーで、チームを引っ張る役割を期待していきましょう!

シーズン最後まで千葉ロッテマリーンズを応援しよう!

今回は千葉ロッテマリーンズの2017年9月の試合日程と、注目選手を5人紹介しました!

千葉ロッテマリーンズは現在パリーグ最下位と苦しんでいますが、9月の試合では来シーズンを見据えた気持ちのこもった試合が見てみたいと思うファンは多いんじゃないでしょうか。

最悪の状況にいる今こそ、12球団一熱狂的な千葉ロッテマリーンズファンの熱い声援を、選手たちに向けて発信しなければいけません。

9月の試合では、ZOZOマリンスタジアムに吹く強い風に負けないパワーを、千葉ロッテマリーンズファンが作り出し、気持ちを込めて応援していきましょう!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。