ベストナイン受賞時の輝きを再び!読売ジャイアンツ【吉川光夫投手】のプロフィールをご紹介!

吉川光夫投手は巨人に所属する本格派サウスポーです。 日本ハムからドラフト1位指名で入団。1年目の途中から先発ローテーション入りするなどチームに貢献します。 さらなる飛躍が期待された2年目以降は思うような成績が残せませんでしたが、2012年に最優秀防御率・ベストナインに選出されるなど大活躍をします。 しかし、それ以降結果が出せず、2016年オフには交換トレードで巨人に移籍します。新天地での活躍が期待されます。そんな巨人の吉川光夫投手のプロフィール、経歴、年俸などをご紹介します。

読売ジャイアンツ吉川光夫投手は本格派サウスポー


読売ジャイアンツ吉川光夫投手は、2006年に日本ハムからドラフト1位指名を受け入団しました。
1年目から一軍で登板する機会が与えられますが、十分な結果を残すまでは至っていませんでした。そんな中迎えた6年目の2012年に最優秀防御率のタイトルを獲得、ベストナインにも選出され一流投手の仲間入りを果たします。

しかし、翌年の2013年以降は勢いが失速、2016年には交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍となります。人気球団への移籍、首脳陣やファンへ自分をアピールするチャンスということもあり、期待したいところです。そんな読売ジャイアンツ吉川光夫投手のプロフィール、経歴、性格などをご紹介していきます。

読売ジャイアンツ吉川光夫投手のプロフィール

  • 名前   :吉川 光夫(よしかわ みつお)
  • 生年月日 :1988年4月6日
  • 出身地  :福岡県福岡市東区
  • 身長・体重:178cm・76kg
  • 投打   :左投げ左打ち
  • 出身校  :広陵高校→日本ハム→巨人
  • 初出場  :2007年5月17日 対楽天 東京ドーム
  • 背番号  :21

読売ジャイアンツ吉川光夫投手の経歴

先ほど吉川光夫投手のプロフィールを紹介しましたので、次に吉川光夫投手の経歴について紹介したいと思います!

福岡県出身の吉川光夫投手は、中学生のときに地元福岡市東区のボーイズリーグで全国大会に出場するなど県外からも注目を浴びる投手でした。高校進学時には広陵高校の中井監督の指導を受けたいという希望から広陵高校に進学します。

高校時代には2年生からエースナンバーを背負い活躍します。
1学年下には野村祐輔投手(広島東洋カープ)と小林誠司捕手(読売ジャイアンツ)がおり、吉川光夫投手が3年生の時には広島県大会の優勝候補とされていましたが、準決勝で崇徳高校に敗れてしまいます。結局、3年間で甲子園は未出場に終わります。

ドラフト指名・プロ入り後

2006年のドラフト会議で田中将大投手の交渉権に失敗した日本ハムファイターズから、外れ1位指名を受け入団します。日本ハムファイターズには10年間在籍して162試合に登板して48勝をあげます。2016年オフには、2対2の交換トレードにより、読売ジャイアンツへと移籍します。
日本ハムとしては若手の長距離打者として大田泰示選手を、読売ジャイアンツは先発の即戦力として吉川光夫投手の獲得に成功、注目を浴びました。

読売ジャイアンツ吉川光夫投手の特徴・性格


タイミングのとりずらそうな投球フォームから繰り出される、最速152km/hの真っすぐと縦に割れるスライダーの投げわけが特徴、生命線です。
投球フォームからは本格派に見えませんが、リリース時の腕の振りが速いので、打者からしたら手元で伸びてくるように感じるのではないでしょうか。
制球難に苦しむシーズンが多く、ベストナインを受賞した2012年は与四死球率が2.59と安定したものの2015年はリーグ最多の11個の死球、2016年は与四死球率4.69と厳しい数字となっています。

また本人曰く、悩みこんでしまう性格とも語っています。四死球を与えたくないことばかり考えてしまい、結果ストライクを取りにいったボールを狙われてしまうケースが見受けられます。
2017年に移籍した読売ジャイアンツでも与四死球率が4点台、勝ち星が1つと奮わない成績となっています。2012年時にみられた思い切りのよい投球を取り戻して欲しいですね。

読売ジャイアンツ吉川光夫投手の成績


2016年オフに北海道日本ハムファイターズから読売ジャイアンツに移籍した吉川光夫投手。
まずは日本ハム時代の成績です。

北海道日本ハムファイターズ(2007年~2016年)

年度 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 投球回数 防御率 失点 自責点 被安打 四死球 奪三振 暴投 ボーク 被本塁打
2007 19 4 3 0 0 93 1/3 3.66 39 38 83 52 52 6 0 6
2008 7 2 4 0 0 34 2/3 6.23 24 24 39 23 23 5 0 7
2009 3 0 2 0 0 16 1/3 6.61 17 12 19 10 18 0 0 2
2010 9 0 4 0 0 26 6.92 21 20 35 12 20 2 0 7
2011 7 0 5 0 0 38 4.74 20 20 45 22 25 1 0 4
2012 25 14 5 0 0 173 2/3 1.71 35 33 108 50 158 3 1 6
2013 26 7 15 0 0 160 1/3 3.31 72 59 150 62 125 3 0 10
2014 13 3 4 0 0 72 4.48 45 39 79 38 49 3 0 7
2015 27 11 8 0 0 159 1/3 3.84 72 68 151 68 93 3 0 16
2016 27 7 6 0 3 109 2/3 4.19 53 51 125 57 65 1 0 9

読売ジャイアンツ(2017年)

年度 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 投球回数 防御率 失点 自責点 被安打 四死球 奪三振 暴投 ボーク 被本塁打
2017 12 1 3 0 0 38 1/3 5.87 28 25 51 19 28 2 0 4

※成績は10月1日現在

2012年に突如覚醒!ベストナインに選出!

1年目から先発ローテーション入り、1度の完投を含む4勝をあげた吉川光夫投手。

しかし、2年目以降は一軍の壁にぶつかり5年目の2011年まで0勝に終わってしまいます。

そんな中迎えた2012年のシーズン、吉川光夫投手は変貌を遂げます。

自身最多の14勝、防御率1.71で最優秀防御率を獲得します。

この変化には2012年から日本ハムの監督を務めることになった栗山英樹監督の一言があったようです。
それは、「四球を与えてもいいから思い切り腕を振りなさい」と言われたようです。
このアドバイスが功を奏し2012年は吉川光夫投手にとって飛躍の年となりました。

読売ジャイアンツ吉川光夫投手の年俸

次に巨人の吉川光夫投手の気になるプロフィール、年俸を紹介します!

北海道日本ハムファイターズ

年度 年俸(推定)
2007 600万円
2008 1.500万円
2009 1.400万円
2010 1.100万円
2011 1.050万円
2012 1.100万円
2013 7.000万円
2014 6.000万円
2015 6.000万円
2016 9.500万円

読売ジャイアンツ

年度 年俸(推定)
2017 9.500万円

読売ジャイアンツ1年目の2017年は1勝(10月1日時点)という成績からも
減俸は避けられないでしょう。
ただ、実績はありますので読売ジャイアンツで2桁勝つことができれば
1億円プレイヤーも十分あり得ます。
人気球団だけに2桁勝利というのはハードルが高いですが頑張って欲しいです。

読売ジャイアンツ吉川光夫投手の今後


2018年シーズンには30歳を迎える吉川光夫投手
プロ野球選手の平均の引退年齢は29歳といわれています。結果が出ないと簡単に戦力外となってしまう厳しい世界です。特に読売ジャイアンツのようなスター選手を多く抱えている球団であれば尚のことです。吉川光夫投手はまだまだプロの世界でやれる実力を持っている選手です。
ベストナインに輝いた2012年がピークだと言われないよう読売ジャイアンツでもう1度結果を残して欲しいですね。これからも吉川光夫投手を応援していきましょう!

関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。