【セ・パ交流戦2017】千葉ロッテマリーンズ試合日程や順位、注目選手をご紹介します!

2017年セ・パ交流戦が開催中です、普段のリーグとは違う楽しさがありますね。 今回はパリーグ6位、得意の交流戦でなんとか浮上したい千葉ロッテマリーンズのセ・パ交流戦の見どころなどを紹介します。 日程や注目選手の他、過去の成績や見どころをピックアップして紹介、セ・パ交流戦の千葉ロッテマリーンズに注目です。

2017年セ・パ交流戦 千葉ロッテマリーンズの見どころを紹介します

今年もこの季節がやってきました、セリーグとパリーグのチームが対戦するセ・パ交流戦、各チームが相手リーグの各チームと3戦ずつ、18試合を行います。

特にDHの有無で戦略が変わるセ・パ交流戦、パリーグのピッチャーが打席に立ったり、セリーグのチームがDH制で選手を起用したりと見どころがたくさんありますね。

今回は昨年Aクラス入りをしましたが、2017年は不調で低迷している千葉ロッテマリーンズのセ・パ交流戦の見どころを紹介します、打線は上向き、交流戦で勢いをつけることができるのか、注目選手や日程、過去の成績などをチェックしてください。

2017年セ・パ交流戦 北海道日本ハムファイターズの日程紹介

  月   火   水   木   金   土   日
5/30 阪神

ZOZO

●7-15

 5/31 阪神

ZOZO

●0-5

6/1 阪神

ZOZO

◯8-1

2 広島

マツダ

◯5-4

3 広島

マツダ

●5-6

4 広島

マツダ

●1-7

5 6 中日

ZOZO

●0-3

7 中日

ZOZO

●2-4

8 中日

ZOZO

◯9-5

9 ヤクルト

ZOZO

◯6-1

10 ヤクルト

ZOZO

◯4-1

11 ヤクルト

ZOZO

●6-9

12 13 DeNA

横浜

 

14 DeNA

横浜

 

15 DeNA

横浜

 

16 巨人

東京D

 

17 巨人

東京D

 

18 巨人

東京D

 

19 20 21 22 23 オリ

ほっともっと

 

24 オリ

ほっともっと

 

25 オリ

京セラD

 

26 27 西武

那覇

28 西武

那覇

29 30 日ハム

ZOZO

2017年6月11日までの千葉ロッテマリーンズ

2017年シーズンはとにかく厳しい戦いを強いられている千葉ロッテマリーンズ、4月終了時点でパリーグ5位、5月終了時点でパリーグ最下位に沈んでいます。

5月までは打撃陣が絶不調、鈴木大地以外は規定打席に達していない時期が長らく続きました(2017年6月11日現在清田も規定打席に到達)。

チーム打率も2割を切るなど打撃陣の不調が顕著、しかし交流戦の時期になると打撃成績が上向き、12戦を消化した段階で5勝7敗と負け越してはいますが5月までに比べれば調子は上向きと言えそうです。

キューバ代表、走り打ちが特徴的なサントスの加入が一つのきっかけとなったようです、1番バッターとして3割を超える打率(2017年6月11日現在)でリードオフマンとして期待以上の活躍を見せてくれています、そして楽天など日本の複数球団で活躍をした大砲ペーニャの加入も決定、これからの巻き返しに期待です。

投手陣も苦しんでいますが二木が4勝を上げる活躍、そして中継ぎ以降は内、大谷などが頑張っています、涌井や石川の調子が上がってくれば勝ち星も増えていくのではないでしょうか。

まだ交流戦勝ち越しが見えるロッテ、DeNA戦、巨人戦をそれぞれ2勝1敗ずつで勝率5割、まずはそこを目指して頑張ってもらいたいですね。

千葉ロッテマリーンズ セ・パ交流戦の記録

千葉ロッテマリーンズのセ・パ交流戦の過去の記録を振り返ります。

千葉ロッテマリーンズ セ・パ交流戦の通算記録(2016年まで)

300戦159勝127敗14分(通算順位3位)

千葉ロッテマリーンズ セ・パ交流戦の最高順位

1位(2005年、2006年)

千葉ロッテマリーンズ セ・パ交流戦の最低順位

10位(2008年、2011年)

千葉ロッテマリーンズは通算成績で3位と交流戦を得意にしています、交流戦が始まった2005年、2006年と続けて交流戦に優勝、2016年には2位となっています。

勝ち越し回数は8回、得意の交流戦で波に乗りたいところですね。せめて交流戦を5分で切り抜けられるか、残り2カードの戦いに注目しましょう。

セ・パ交流戦2017!千葉ロッテマリーンズ 見どころ

2017年セ・パ交流戦千葉ロッテマリーンズの見どころをピックアップして紹介します。

セ・パ交流戦2017!セリーグ主催試合のオーダーはどうなるの?

パリーグのチームがセリーグ主催試合を戦う場合、ピッチャーが打席に入りDHを使用できません。

ロッテは2017年DHを固定できず多くの選手を試していますが、主にダフィー、パラデスのどちらかが務めることが多くなっています。

セリーグ主催試合の最初のゲームである広島戦ではダフィー、パラデス双方ともベンチスタート、3戦目でダフィーがファーストスタメンで出場しました。

6月13日からのDeNA戦においても、両外国人がスタメンから外れるオーダーが基本となりそうですね。

セ・パ交流戦2017!千葉ロッテマリーンズは巻き返しなるか

得意の交流戦で巻き返しを図りたい千葉ロッテマリーンズ、得点力はサントスの加入などでアップしているので投手陣の頑張りが重要となってきます。

先週と同じローテーションなら、石川、チェン、唐川、涌井、二木、佐々木となります。

不調だった石川は中日戦で敗戦投手となったものの8イニングを投げて自責点3、復調の兆しが見えてきました。

チェン、二木は今年のロッテでは安定した力を発揮しています、実績のある涌井、唐川がしっかり投げることができれば連勝もありそうですね。

佐々木はヤクルト戦で7イニングを投げて自責点8、次のチャンスをもらえるか注目です、ドラフト1位の注目ルーキー佐々木は本領を発揮できるのでしょうか。

セ・パ交流戦2017!謎のマスコットが登場、いったい何者!?

交流戦の直前、2017年5月28日に登場した新キャラクター、謎の魚、その独特なビジュアルに驚かされました。

一体この魚は何なのでしょうか、走ったり踊ったり、妙にアクティブです。

この画像の魚の状態は第2形態、交流戦期間中にまさかの第3形態が登場しました、その画像はこちら。

まさかの中身が飛び出す事態に!このシュールなマスコット謎の魚、今後の展開に注目です、こちらは交流戦が終わってからも注目したいですね。

交流戦中はビジターにマスコットが同行することが多いのですが、マーくんではなくこの謎の魚が横浜スタジアムや東京ドームに登場することがあるのでしょうか。

セ・パ交流戦2017 千葉ロッテマリーンズ注目選手

キューバ代表走り打ちのリードオフマン:サントス

WBCキューバ代表のサントスと2017年シーズン途中に契約合意をして獲得となりました。

キューバ時代は通算打率3割を超え、特に魅力なのはその脚力、脚力を活かした独特な走り打ちでヒットを重ねるリードオフマンです。

日本に適応できるか心配されましたが、交流戦でデビューをすると2017年6月11日現在打率が.378、出塁率425とチームを引っ張る活躍を見せてくれています。

サントスの活躍がロッテ交流戦勝ち越しの鍵となります。

チームを引っ張るチームキャプテン:鈴木大地

ロッテをチームキャプテンとして牽引する鈴木大地、チームが不調野中も1人気を吐き2017年6月11日現在打率.292と活躍をしています。

2017年にショートからセカンドにコンバートされ、打撃の調子が上向いた鈴木大地、チームが勝つためにはキャプテンの力が必須となりますね。

セ・パ交流戦2017 千葉ロッテマリーンズに注目

2017年セ・パ交流戦の千葉ロッテマリーンズの見どころや注目選手などを紹介しました。

チームの成績は低迷していますが、なんとか上位陣に食らいついていくため交流戦の戦いが重要となってきます。

交流戦のロッテに注目しましょう!

ロッテのおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。