【セ・パ交流戦2017】福岡ソフトバンクホークスの試合日程や順位、注目選手をご紹介します!

2017年セ・パ交流戦が開催中です、普段のリーグとは違う楽しさがありますね。 今回はパリーグ2位、交流戦絶好調の福岡ソフトバンクホークスのセ・パ交流戦の見どころなどを紹介します。 日程や注目選手の他、過去の成績や見どころをピックアップして紹介、セ・パ交流戦の福岡ソフトバンクホークスに注目です。

2017年セ・パ交流戦 福岡ソフトバンクホークスの見どころを紹介します

今年もこの季節がやってきました、セリーグとパリーグのチームが対戦するセ・パ交流戦、各チームが相手リーグの各チームと3戦ずつ、18試合を行います。

特にDHの有無で戦略が変わるセ・パ交流戦、パリーグのピッチャーが打席に立ったり、セリーグのチームがDH制で選手を起用したりと見どころがたくさんありますね。

今回はパリーグ2位で交流戦に入った好調の福岡ソフトバンクホークスのセ・パ交流戦の見どころを紹介します、注目選手や日程、過去の成績などをチェックしてください。

2017年セ・パ交流戦 福岡ソフトバンクホークスの日程紹介

  月   火   水   木   金   土   日
 5/30 中日

ヤフオクD

◯10-2

 5/31 中日

ヤフオクD

◯7-2

6/1 中日

ヤフオクD

●1-5

2 DeNA

横浜

◯6-4

3 DeNA

横浜

◯7-3

4 DeNA

横浜

●3-5

5 6 ヤクルト

ヤフオクD

◯2-1

7 ヤクルト

ヤフオクD

◯4-1

8 ヤクルト

ヤフオクD

◯15-1

9 阪神

ヤフオクD

◯3-0

10 阪神

ヤフオクD

 

11 阪神

ヤフオクD

 

12 13 巨人

東京D

 

14 巨人

東京D

 

15 巨人

東京D

 

16 広島

マツダ

 

17 広島

マツダ

 

18 広島

マツダ

 

19 20 21 22 23 西武

ヤフオクD

 

24 西武

ヤフオクD

 

25 西武

ヤフオクD

 

26

 

27 日ハム

ヤフオクD

28 日ハム

ヤフオクD

29 日ハム

ヤフオクD

30 楽天

Koboパーク宮城

2017年6月9日までの福岡ソフトバンクホークス

本拠地ヤフオクDに中日を迎えて2017年の交流戦をスタートしたソフトバンク、東浜が先発をし、中日吉見を打ち崩す圧勝で幸先の良いスタートを切りました。2戦目では若い石川が先発、期待に答えて見事に勝ち投手となりましたね。

中日戦を2勝1敗、続くDeNA戦も2勝1敗と安定した成績で迎えたヤクルト戦、柳田のラッキーなサヨナラヒットなどもあり見事に3連勝を決めました。

続くセ・リーグ2位の阪神戦も初戦をバンデンハーク先発で完封リレーできっちり勝ち、首位の楽天に肉薄しています。

得意の交流戦で勝ち星を積み上げるソフトバンク、リーグ戦に向けていい試合を続けていますね。

2017年交流戦のラストは、同じく交流戦で好調の広島と敵地マツダスタジアムで対戦します、好調同士の両チームの試合から目が離せません。

福岡ソフトバンクホークス セ・パ交流戦の記録

福岡ソフトバンクホークスのセ・パ交流戦の過去の記録を振り返ります。

福岡ソフトバンクホークス セ・パ交流戦の通算記録(2016年まで)

300戦180勝108敗12分(通算順位1位)

福岡ソフトバンクホークス セ・パ交流戦の最高順位

1位(2008年、2009年、2011年、2013年、2015年、2016年)

福岡ソフトバンクホークス セ・パ交流戦の最低順位

11位(2012年)

交流戦で圧倒的な力を見せつけているソフトバンク、通算180勝はもちろん12球団でトップの成績、交流戦優勝も12回中6回という圧倒的な成績です。

2012年こそ11位に低迷しましたがほぼ交流戦で崩れることがない、12回中10回勝ち越しを決めています。

パ・リーグが勝ち越すことが多いセ・パ交流戦ですが、その中でも最も強いチーム、それが福岡ソフトバンクホークスです。

セ・パ交流戦2017!福岡ソフトバンクホークス 見どころ

2017年セ・パ交流戦 福岡ソフトバンクホークスの見どころをピックアップして紹介します。

セ・パ交流戦2017!セリーグ主催試合のオーダーはどうなるの?

パリーグのチームがセリーグ主催試合を戦う場合、ピッチャーが打席に入りDHを使用できません。ソフトバンクの場合はDHでデスパイネを起用することが多いですが、セ・リーグ主催試合ではどのようなオーダーを組むのでしょうか。

注目の6月2日横浜スタジアムで行われたDeNA戦ではデスパイネをレフトで起用、少々の守備難はお構いなしで、攻撃重視のオーダーを組みました。

DeNA戦全てでデスパイネは先発、おそらくこの後控えている巨人戦、広島戦でもデスパイネを起用するのではないでしょうか、投手陣も好調なソフトバンクですが、やはりその攻撃力が魅力的です。

セ・パ交流戦2017!攻撃陣に特に注目!

DHの項でも触れましたが、ソフトバンクホークスの打撃は2017年交流戦のこの時期に好調で、6月9日現在打率が.310という驚異的な数字が出ています。

ここに来て調子を上げているのはトリプルスリー経験者の柳田、6月8日現在で打率.421、ホームランが6本、長打率が 1.000です。

ヤクルト戦でのラッキーなサヨナラヒットなどツキもあり、手がつけられない状態になっていますね。

柳田だけをマークできないソフトバンクの強力打線、中村、上林、デスパイネ、川崎など2017年交流戦打率が3割を超える調子のバッターが並び、更に長打力もある、相手投手にとっては戦いたくないオーダーではないでしょうか。

投手がオーダーに入るセ・リーグ主催試合でも得点力がさほど変わらないように見えますね。

セ・パ交流戦2017福岡ソフトバンクホークス注目選手

将来の主砲候補:上林誠知

甲子園で活躍をし、2014年ドラフト4位で仙台育英からソフトバンクに入団した上林誠知、元々打撃には定評がありましたが、4年目となる今年大ブレイクしスタメンを確保しました。

なんといっても魅力なのはそのパワー、柳田にも負けない長打力を誇ります、オーダーでは基本的に下位打線に入る上林、相手投手に息をつかせない、どこからでも得点できるのがソフトバンクの強みとなっています。

まだまだ守備は荒削りですが、そこに目をつぶってでも工藤監督が起用する期待の若手、将来のソフトバンク、そして日本の主砲になれる逸材です。

アメリカ帰りのムードメーカー:川崎宗則

2012年メジャー挑戦で海を渡り、シアトル・マリナーズとマイナー契約をした川崎宗則、同年3月26日に実力でメジャー28人枠に昇格メジャーデビューを果たしました。

その後もブルージェイズ、カブスと渡り、マイナーからメジャーへ何度も昇格するなど活躍をしました。

メジャーでは日本人離れをしたコミュニケーション能力を発揮、そのひょうきんな姿に地元のファンからも愛されていましたね。

2017年に日本に復帰、古巣のソフトバンクに加入した川崎、チームは川崎加入し1軍ベンチ入りをするとチームは絶好調に、選手としての実力はもちろん、ムードメーカーとしても大事な存在となっています。

交流戦でも.333と好調な川崎、今年のソフトバンクの交流戦制覇、リーグ制覇のため欠かせない存在となっています。

セ・パ交流戦2017福岡ソフトバンクホークスに注目

2017年セ・パ交流戦の福岡ソフトバンクホークスの見どころや注目選手などを紹介しました。

2016年にエースとして活躍をした和田、武田が怪我で離脱、交流戦期間中に内川も離脱するなどけが人が続出しているソフトバンク。

しかしチームは好調、現在12球団で最も層が厚いチームとして、けが人をカバーして好調を維持しています。

このまま交流戦を駆け抜けるのか、特にラストの広島戦に注目しましょう。

福岡ソフトバンクホークスの他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。