【セ・パ交流戦2017】北海道日本ハムファイターズ試合日程や順位、注目選手をご紹介します!

2017年セ・パ交流戦が開催中です、普段のリーグとは違う楽しさがありますね。 今回はパリーグ5位、交流戦でも苦しい戦いをしている北海道日本ハムファイターズのセ・パ交流戦の見どころなどを紹介します。 日程や注目選手の他、過去の成績や見どころをピックアップして紹介、セ・パ交流戦の北海道日本ハムファイターズに注目です。

2017年セ・パ交流戦 北海道日本ハムファイターズの見どころを紹介します

今年もこの季節がやってきました、セリーグとパリーグのチームが対戦するセ・パ交流戦、各チームが相手リーグの各チームと3戦ずつ、18試合を行います。

特にDHの有無で戦略が変わるセ・パ交流戦、パリーグのピッチャーが打席に立ったり、セリーグのチームがDH制で選手を起用したりと見どころがたくさんありますね。

今回は昨年の日本一、今年はパ・リーグで5位と不調の北海道日本ハムファイターズのセ・パ交流戦の見どころを紹介します、注目選手や日程、過去の成績などをチェックしてください。

2017年セ・パ交流戦 北海道日本ハムファイターズの日程紹介

  月   火   水   木   金   土   日
5/30 DeNA

札幌D

●0-3

 5/31 DeNA

札幌D

◯6-1

6/1 DeNA

札幌D

◯5-3

2 阪神

甲子園

◯4-2

3 阪神

甲子園

●2-4

4 阪神

甲子園

●3-4

5 6 広島

札幌D

●3-4

7 広島

札幌D

●3-8

8 広島

札幌D

●3-5

9 巨人

札幌D

●1-2

10 巨人

札幌D

◯3-2

11 巨人

札幌D

 

12 13 中日

ナゴヤD

 

14 中日

ナゴヤD

 

15 中日

ナゴヤD

 

16 ヤクルト

神宮

 

17 ヤクルト

神宮

 

18 ヤクルト

神宮

 

19 20 21 22 23 楽天

札幌D

 

24 楽天

札幌D

 

25 楽天

札幌D

 

26 27 SB

ヤフオクD

28 SB

ヤフオクD

29 SB

ヤフオクD

30 ロッテ

ZOZOマリン

2017年6月10日までの北海道日本ハムファイターズ

シーズン序盤から苦しむ日本ハム、4月には10連敗を喫するなど泥沼状態でした。

5月に入りロッテ、オリックスに対して大きく勝ち越し、月間成績が14勝9敗と調子を上げて来ました。

交流戦に入ると4戦目までで3勝1敗と好調でしたがその後6連敗、6月9日の巨人戦では巨人の連敗を13でストップさせる敗戦でしたね。

6月10日の巨人戦では巨人からトレードで加入した大田と復調してきた中田の活躍で連敗ストップ、なんとかここから巻き返したいところです。

6月10日時点で交流戦4勝7敗、まだまだ勝ち越しが狙える成績、これからの日本ハムの戦いぶりに注目です。

ちなみに6月10日の勝利で栗山監督が監督として400勝目という記録が誕生しました。

北海道日本ハムファイターズ セ・パ交流戦の記録

北海道日本ハムファイターズのセ・パ交流戦の過去の記録を振り返ります。

北海道日本ハムファイターズ セ・パ交流戦の通算記録(2016年まで)

300戦160勝130敗10分(通算順位2位)

北海道日本ハムファイターズ セ・パ交流戦の最高順位

1位(2007年)

北海道日本ハムファイターズ セ・パ交流戦の最低順位

10位(2005年)

交流戦では安定していい成績を残している日本ハム、通算成績では貯金が30で2位となっています。

交流戦優勝経験は2007年の1回のみですが、安定して4位以上に入っており、勝ち越し回数は過去12回の交流戦で9回、交流戦で貯金を稼ぐのが日本ハムのスタイルですね。

最低順位の10位は交流戦が始まった最初の年、その他の年は最低でも7位となっています。2017年6月10日現在日本ハムの交流戦順位は10位、このままでは初年度の10位と並ぶ最低成績となってしまいますね、これからの奮起に期待したいところです。

セ・パ交流戦2017!北海道日本ハムファイターズ 見どころ

2017年セ・パ交流戦 北海道日本ハムファイターズの見どころをピックアップして紹介します。

セ・パ交流戦2017!セリーグ主催試合のオーダーはどうなるの?

パリーグのチームがセリーグ主催試合を戦う場合、ピッチャーが打席に入りDHを使用できません。

2017年の日本ハムの指名打者は怪我で離脱する前は主に大谷が努めていました、大谷負傷後は2017年6月10日現在打率が4割を超える絶好調の近藤が主に努めています。

最初のセリーグ主催試合となった阪神戦では近藤は外野として起用、大田、西川とともに固定されて起用されました、予想通り近藤はスタメンでしたね。

中日戦、ヤクルト戦共に近藤が起用されるのは間違いないでしょう。

セ・パ交流戦2017!近藤の打率4割はどこまで継続するの?

元々打撃に定評があった近藤ですが2017年に入り大ブレイク、2017年6月10日現在で打率が.407でもちろん12球団でトップの成績です(規定打席到達者)。

近藤は打率だけではなく選球眼もとてもよく210打席で四死球が58あり、出塁率は.567と異次元の成績を残しています。

不調のチームを牽引する近藤、どこまで4割を継続するのでしょうか?

NPBにおいてシーズン最高打率は1986年に阪神のバースがマークした.389がトップです、パリーグ記録は2000年にオリックスに所属していたイチローが記録した.387、もし近藤がシーズン終了まで4割をキープしたら大記録の誕生となります。

シーズン中4割以上を維持した記録は1987年にクロマティが記録した97試合です、6月10日現在近藤は50試合出場、クロマティの記録まで折り返しを過ぎたところです。

かなり難しい記録ですが是非近藤には記録を達成してもらいたいですね、四死球が多いため打数が少ない近藤、不調で安打がでないとすぐに打率が下がってしまいます、逆に固め打ちをすれば一気に打率が上がります。

交流戦期間を4割以上の成績で乗り切るか、普段対戦しないセリーグ投手との対戦に注目です。

セ・パ交流戦2017!若手の活躍に注目

日本ハムの主力選手は若手が本当に多いです、前述の近藤も23歳、主力として貫禄十分の中田も28歳。

その他、中島、石井、西川、岡など主力野手が軒並み20代、若い力の躍動が日本ハムの躍進にはかかせません。

投手陣も有原、加藤などの活躍に期待、特に有原は2017年は不調、2016年の調子を取り戻すのが日本ハム浮上のために必要ですね。

セ・パ交流戦2017 北海道日本ハムファイターズ注目選手

北海道で開花した大器:大田泰示

2008年巨人とソフトバンクがドラフト1位で競合し、巨人へ入団した大田泰示、そのパワーに期待されました。

しかし巨人時代はなかなか目がでず2017年シーズンに日本ハムへトレードで移籍、日本ハムに加入してからのびのびと成長し今や欠かせない戦力となっています。

すでにホームランを7本放っている大田、古巣巨人戦でも大活躍を見せてくれました、その豪快なホームランは見ていて気持ちいいです。

夢の4割へ:近藤健介

日本ハムの見どころの項でも紹介した近藤健介、夢の4割へ好調にヒットを重ねています。

捕手登録ですが守備につく際は主に外野、守備に不安があると言われていますが徐々にそちらも改善しているようです、阪神戦では難しい飛球をうまくキャッチしました。

寿司ポーズ:レアード

2017年5月の月間MVPを獲得したレアード、5月にホームランを10本量産、長打率は.753でした。

寿司が大好きなレアード、寿司ポーズのパフォーマンスでもファンを楽しませてくれます。

明るい性格でチームを引っ張るレアード、そのパワーをセリーグに見せつけるのか注目しましょう。

セ・パ交流戦2017 北海道日本ハムファイターズに注目

2017年セ・パ交流戦の北海道日本ハムファイターズの見どころや注目選手などを紹介しました。

チーム状況は芳しくありませんが、近藤の4割、新加入の大田の躍動など注目点がたくさんある日本ハム、得意の交流戦の残りをどう戦うか注目です。

日本ハムのおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。