【セ・パ交流戦2017 】東北楽天ゴールデンイーグルスの試合日程や順位、注目選手をご紹介します!

2017年セ・パ交流戦が開催中です、普段のリーグとは違う楽しさがありますね。 今回はパリーグ首位を走る好調東北楽天ゴールデンイーグルスのセ・パ交流戦の見どころなどを紹介します。 日程や注目選手の他、過去の成績や見どころをピックアップして紹介、セ・パ交流戦の東北楽天ゴールデンイーグルスに注目です。

2017年セ・パ交流戦 東北楽天ゴールデンイーグルスの見どころを紹介します

今年もこの季節がやってきました、セリーグとパリーグのチームが対戦するセ・パ交流戦、各チームが相手リーグの各チームと3戦ずつ、18試合を行います。

特にDHの有無で戦略が変わるセ・パ交流戦、パリーグのピッチャーが打席に立ったり、セリーグのチームがDH制で選手を起用したりと見どころがたくさんありますね。

今回はパリーグ1位で交流戦に入った好調の東北楽天ゴールデンイーグルスのセ・パ交流戦の見どころを紹介します、注目選手や日程、過去の成績などをチェックしてください。

2017年セ・パ交流戦 東北楽天ゴールデンイーグルスの日程紹介

  月   火   水   木   金   土   日
 5/30 巨人

Koboパーク宮城

◯13-5

 5/31 巨人

Koboパーク宮城

◯6-0

6/1 巨人

Koboパーク宮城

◯3-2

2 中日

ナゴヤD

●3-6

3 中日

ナゴヤD

◯5-1

4 中日

ナゴヤD

●0-2

5 6 横浜

山形

 

7 横浜

Koboパーク宮城

 

8 横浜

Koboパーク宮城

 

9 広島

Koboパーク宮城

 

10 広島

Koboパーク宮城

 

11 広島

Koboパーク宮城

 

12 13 ヤクルト

神宮

 

14 ヤクルト

神宮

 

15 ヤクルト

神宮

 

16 阪神

甲子園

 

17 阪神

甲子園

 

18 阪神

甲子園

 

19 20 21 22 23 日ハム

札幌D

 

24 日ハム

札幌D

 

25 日ハム

札幌D

 

26 オリ

Koboパーク宮城

 

27 28 オリ

弘前

 

29 30 福岡

Koboパーク宮城

 

2017年6月5日までの東北楽天ゴールデンイーグルス

交流戦の初戦は本拠地Koboパーク宮城での巨人戦、5月30日は日本を代表する巨人のエース菅野と楽天辛島の先発でした。

巨人有利の予想を覆し菅野を打ち崩し楽天が初戦を取り、勢いそのまま3連勝を飾りました、2戦目は怪我から復帰した塩見の好投、3戦目は則本が日本記録となる7試合連続2桁奪三振を達成。

勢いに乗りナゴヤドームへ乗り込んだ東北楽天ゴールデンイーグルスでしたが、2年目の小笠原を打ち崩せず、中継ぎにもしっかり抑えられ初戦を落とします。2戦目は美馬の好投で勝利を収めますが、3戦目はジョーダン、伊藤、岩瀬、田島のリレーの前に完封され中日戦は1勝2敗となりました。

DH制を使えないセリーグ本拠地で、苦手の左投手をどう打ち崩すか、これがこれからの注目点となりそうです。

東北楽天ゴールデンイーグルス セ・パ交流戦の記録

東北楽天ゴールデンイーグルスのセ・パ交流戦の過去の記録を振り返ります。

東北楽天ゴールデンイーグルス セ・パ交流戦の通算記録(2016年まで)

300戦 138勝 158敗 4分(通算順位10位)

東北楽天ゴールデンイーグルス セ・パ交流戦の最高順位

2位(2013年)

東北楽天ゴールデンイーグルス セ・パ交流戦の最低順位

12位(2005年)

2016年までの通算成績では借金20と負け越している東北楽天ゴールデンイーグルス、最低順位は創設年の2005年の12位です。

創設年はまだチームとして戦える体勢になかったので仕方がない部分がありますね、日本一になった2013年は2位、2015年、2016年は共に4位と近年ではセ・パ交流戦は得意としていますね。

この借金も比較的早く返せるのではないでしょうか、リーグで好調の2017年の東北楽天ゴールデンイーグルス、交流戦もいい順位で乗り切り、リーグでの戦いに備えたいですね。

セ・パ交流戦2017!東北楽天ゴールデンイーグルス 見どころ

2017年セ・パ交流戦 東北楽天ゴールデンイーグルスの見どころをピックアップして紹介します。

セ・パ交流戦2017!セリーグ主催試合のオーダーはどうなるの?

パリーグのチームがセリーグ主催試合を戦う場合、ピッチャーが打席に入りDHを使用できません。

そのため、2017年の東北楽天ゴールデンイーグルスの代名詞となっている、2・3・4番に外国人トリオを並べることが難しくなります。

中日戦では1戦目は普段DHのアマダーを1塁で起用し外国人トリオを並べました、しかし2戦目、3戦目はアマダーをはずして代打要員としましたね。

この後のセリーグ主催試合でも同様に相手投手に合わせて起用方法を変えてきそうです。

セ・パ交流戦2017!継投に注目!

2017年の東北楽天ゴールデンイーグルスの強みは、打線の好調、岸が加入したことによる先発陣の安定感などがありますが、2016年と大きく変わったのは中継ぎ以降の安定感ではないでしょうか。

2016年は中継ぎが抑えきれない場面が多かった東北楽天ゴールデンイーグルスですが、今年は森原、菅原のルーキーが活躍、同じく新加入のハーマンがセットアッパーとして安定しています。

去年も安定していた福山は2017年6月5日現在防御率が0.00と好調、そして抑えの松井裕樹が圧巻の投球を見せていますね。

交流戦でも東北楽天ゴールデンイーグルスの中継ぎ陣に注目しましょう。

セ・パ交流戦2017!Koboパーク宮城も要チェック!

東北楽天ゴールデンイーグルスが本拠地としてから綺麗に整備されたKoboパーク宮城(旧宮城球場)ですが、特に近年は大きく変貌しています。

天然芝となって2年目のグラウンドはもちろん、観覧車やメリーゴーランドなど施設も充実、試合が開催されている日は様々なイベントが催され、野球を楽しむ以外でも楽しめる球場となっています。

普段Koboパーク宮城へ行く機会の無いセリーグファンの方も、この機会にKoboパーク宮城に足を運んでみてはいかがでしょうか。

セ・パ交流戦2017東北楽天ゴールデンイーグルス注目選手

2017年セ・パ交流戦で注目したい東北楽天ゴールデンイーグルスの選手を紹介します、東北楽天ゴールデンイーグルスファンの方はもちろん、セリーグファンの方もチェックしてください!

セ・パ交流戦2017奪三振エース 則本昂大

ルーキーイヤーからローテーション投手として活躍をしている則本、特に奪三振能力は高く、奪三振王を複数回獲得しています。

セ・パ交流戦の巨人戦では日本記録となる7試合連続2桁奪三振を記録、その記録がどこまで伸びるか注目です、次回登板はDeNA戦となりそうです。

セ・パ交流戦2017日本を代表する抑え 松井祐樹

2013年のドラフト会議で5球団が競合した松井祐樹、2015年に抑えに転向するとその才能が開花、圧倒的な成績を収めています。

2017年6月5日現在25試合に登板し2勝1敗18セーブ2ホールド、防御率は0.35とまさに守護神と言った存在感ですね。

通算セーブも81セーブとなり、最年少100セーブも視野に入っています、交流戦でも競った試合で頼りになるピッチングを見せてくれそうです。

セ・パ交流戦2017強力1番打者 茂木栄五郎

東北楽天ゴールデンイーグルス生え抜き選手として初めて10号ホームランを達成したのは2年目の茂木、体格は決して大きくありませんがホームランを量産するフルスイングが魅力です。

1番バッターでありながらホームランを量産する茂木に注目、アマチュア時代はショートを守った経験がほとんどないにも関わらず、ルーキーイヤーからレギュラーショートとして活躍している点も注目です。

セ・パ交流戦2017最強の2番打者 ペゲーロ

2番打者としてホームランを量産するペゲーロ、東北楽天ゴールデンイーグルスの強力外国人トリオの中でもそのパワーは突出しています。

打った瞬間ホームランとわかる打球で、場外ホームランを連発、そのパワーに注目です!

セ・パ交流戦2017東北楽天ゴールデンイーグルスに注目

2017年セ・パ交流戦の東北楽天ゴールデンイーグルスの見どころや注目選手などを紹介しました。

好調の東北楽天ゴールデンイーグルス、交流戦でどのように戦うのか注目しましょう、則元の記録がどこまで伸びるかも楽しみですね。

セ・パ交流戦2017!東北楽天イーグルスの人気おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。