【セ・パ交流戦2017】広島東洋カープの試合日程や順位、注目選手をご紹介します!

2017年セ・パ交流戦が開催中です、普段のリーグとは違う楽しさがありますね。 今回はセ・リーグ首位を走る好調広島東洋カープのセ・パ交流戦の見どころなどを紹介します。 日程や注目選手の他、過去の成績や見どころをピックアップして紹介、セ・パ交流戦の広島東洋カープに注目です。

セ・パ交流戦2017 広島東洋カープの見どころを紹介します

今年もこの季節がやってきました、セリーグとパリーグのチームが対戦するセ・パ交流戦、各チームが相手リーグの各チームと3戦ずつ、18試合を行います。

特にDHの有無で戦略が変わるセ・パ交流戦、パリーグのピッチャーが打席に立ったり、セリーグのチームがDH制で選手を起用したりと見どころがたくさんありますね。

今回は昨年のセ・リーグの覇者で今年も好調をキープする広島東洋カープのセ・パ交流戦の見どころを紹介します、注目選手や日程、過去の成績などをチェックしてください。

セ・パ交流戦2017 広島東洋カープの日程紹介

  月   火   水   木   金   土   日
 5/30 西武

メットライフ

◯5-0

 5/31 西武

メットライフ

◯9-4

6/1 西武

メットライフ

●2-4

2 ロッテ

マツダ

●4-5

3 ロッテ

マツダ

◯6-5

4 ロッテ

マツダ

◯7-1

5 6 日ハム

札幌D

◯4-3

7 日ハム

札幌D

◯8-3

8 日ハム

札幌D

◯5-3

9 楽天

Koboパーク宮城

 

10 楽天

Koboパーク宮城

 

11 楽天

Koboパーク宮城

 

12 13 オリ

三次

 

14 オリ

マツダ

 

15 オリ

マツダ

 

16 SB

マツダ

 

17 SB

マツダ

 

18 SB

マツダ

 

19 20 21 22 23 阪神

マツダ

 

24 阪神

マツダ

 

25 阪神

マツダ

 

26 27 DeNA

横浜

 

28 DeNA

横浜

 

29 30 中日

マツダ

 

セ・パ交流戦2017!2017年6月8日までの広島東洋カープの成績は??

交流戦の折り返しとなる2017年6月8日まで3カードを消化して、7勝2敗と好調の広島。交流戦順位は現在2位、首位のソフトバンクと勝敗では並んでいます。

交流戦に入ってからチーム防御率が2.39とこちらもソフトバンクに次いで2位、盤石な投手陣に支えられてしっかりと勝ちきっているイメージですね。

特に日本ハム相手に3タテを成功させ、勢いに乗ってパ・リーグ首位の楽天と対戦、注目のカードとなります。

残すカードがパ・リーグ首位の楽天、交流戦で好調、広島と同じく現在7勝2敗のオリックス、そして最後に交流戦で圧倒的な破壊力を見せつけるソフトバンクの3カードになります。

かなり大変な相手がラストに残りましたが、ここを自力で勝ち越していけば交流戦の首位が見えてきますね。

現在セ・リーグでも2位阪神に2ゲーム差をつけて首位を走る広島、交流戦で勢いに乗れば2年連続リーグ制覇が近づきます。

セ・パ交流戦2017!広島東洋カープ セ・パ交流戦の記録!

広島東洋カープのセ・パ交流戦の過去の記録を振り返ります。

広島東洋カープ セ・パ交流戦の通算記録(2016年まで)

300戦 125勝 164敗 11分(通算順位11位)

広島東洋カープ セ・パ交流戦の最高順位

3位(2009年・2016年)

広島東洋カープ セ・パ交流戦の最低順位

12位(2007年・2011年・2014年)

広島は交流戦を苦手としており、2016年までで借金が39で通算11位となっており、交流戦で勝ち越しをした回数も過去3回のみ、交流戦最下位も3回記録しています。

2016年は11勝6敗1分で交流戦3位、セ・リーグでは唯一勝ち越しを決め、これがリーグ制覇の原動力となりましたね。2016年に続いて交流戦で好調な戦いを続ける広島、苦手な交流戦で勢いにのれば2年連続のリーグ制覇が見えてきます。

セ・パ交流戦2017!広島東洋カープ 見どころ

2017年セ・パ交流戦 広島東洋カープの見どころをピックアップして紹介します。

セ・パ交流戦2017!パ・リーグ主催試合のオーダーはどうなるの?

普段はセ・リーグで戦っている広島、パ・リーグ主催試合ではDHを起用して戦うことになります。さて、広島のDHは誰が務めるのでしょうか?

注目の西武戦、初戦は西川が指名打者として9番に入り、普段投手の場所へ指名打者を起用して普段通りの戦いをして勝利を収めました。

2戦目はエルドレッド、3戦目はまた西川と試合によって起用を変えています。日本ハム戦ではエルドレッドが初戦、松山が2戦目、3戦目とやはり試合によってオーダーが変わっています。

誰が指名打者になってもしっかり得点をするのが今の広島、DHがあってもなくても変わらず戦えるのが広島の強みですね。

セ・パ交流戦2017!守備陣に注目

2017年セ・パ交流戦で防御率2点台を誇る広島、投手陣もさることながら守備の堅さにも定評があります。

まずは投手、大瀬良、岡田といったローテーション投手が安定した投球を見せ、交流戦の西武戦が今期初先発となった薮田が6イニングを0に抑える好投をみせました。日本ハム戦でも勝利投手となり交流戦で2勝と勝利に貢献しています。

ジャクソン、今村という試合の終盤を締める選手たちも交流戦で好調、大崩れしないのが魅力です。

そして、WBC日本代表、現在の日本のセカンドでトップクラスの守備を見せる菊池、その華麗な守備で多くのピンチを防いでいます。

しっかり守り勝てるのが今年の広島の強みですね。

セ・パ交流戦2017!真っ赤に染まるマツダスタジアム

チケットが入手困難、どの試合も真っ赤に染まる広島のホームマツダスタジアム。

その迫力は相手チームとしてはやりにくいでしょう、普段マツダで戦うことのないパ・リーグのチームにはすごい圧迫感になりそうですね。

広島といえば豊富なグッズ展開でも有名、マツダスタジアムに行く機会があればそのグッズを楽しむのもよさそうです。

セ・パ交流戦2017広島東洋カープ注目選手

セ・パ交流戦2017広島東洋カープ注目選手!突然現れた長距離砲:バティスタ

6月3日に育成から支配下登録されたバティスタ、6年契約で年俸は520万+出来高と言われており、異例の長期契約となっています。

6月3日のロッテ戦では代打で出場、初打席でいきなりホームランを放つという驚きのデビューを飾ります。

そして続く4日も代打で出場しホームラン、NPBの一軍公式戦初打席から通算で2打席続けて本塁打は外国人、及び育成契約を経た選手では初めてです。

2017年6月7日現在、打率.385、ホームラン4本と大暴れをしているバティスタ、交流戦でホームランをまだまだ伸ばしそうです。

バティスタの弱点は守備、まだ25歳のバティスタはその守備力が改善すればこれからの広島を支えていける力を持っています。

セ・パ交流戦2017広島東洋カープ注目選手!4年連続ゴールデングラブ賞:丸佳浩

広島の守備は菊池だけではない、2013年から4年連続でゴールデングラブ賞を獲得、攻守に渡り広島を支えているのは丸。

安定した守備の他、打撃も好調、交流戦では2017年6月7日現在.417と絶好調、2塁打の5本は全選手でトップの成績です。

2016年は20本のホームランも放ち長打力があるところを見せてベストナインにも選出、交流戦の優勝、そしてリーグ制覇には欠かせない選手です。

セ・パ交流戦2017広島東洋カープ注目選手!将来のエース:岡田明丈

2015年ドラフト1位、2年目の岡田明丈、今年はローテーション投手の仲間入りをし、2017年6月7日現在6勝2敗、完投も2つあります。

球威抜群のストレートが持ち味、交流戦でも現在1勝をあげ(1敗)、これからの活躍が期待されます。

セ・パ交流戦2017広島東洋カープに注目

 2017年セ・パ交流戦の広島東洋カープの見どころや注目選手などを紹介しました。

投打ともに好調、交流戦でも好調を保ちセ・リーグトップを走る広島、セ・リーグ連覇の鍵を握る交流戦の残りの戦いに注目しましょう!

セ・パ交流戦2017の人気おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。