【セ・パ交流戦2017】オリックス・バファローズ試合日程や順位、注目選手をご紹介します!

2017年セ・パ交流戦が開催中です、普段のリーグとは違う楽しさがありますね。今回はパリーグ4位、交流戦絶好調のオリックス・バファローズのセ・パ交流戦の見どころなどを紹介します。日程や注目選手の他、過去の成績や見どころをピックアップして紹介、セ・パ交流戦のオリックス・バファローズに注目です。

2017年セ・パ交流戦 オリックス・バファローズの見どころを紹介します

今年もこの季節がやってきました、セリーグとパリーグのチームが対戦するセ・パ交流戦、各チームが相手リーグの各チームと3戦ずつ、18試合を行います。

特にDHの有無で戦略が変わるセ・パ交流戦、パリーグのピッチャーが打席に立ったり、セリーグのチームがDH制で選手を起用したりと見どころがたくさんありますね。

今回はパ・リーグ4位、開幕は絶好調、5月は不調、そして交流戦ではまた絶好調なオリックス・バファローズのセ・パ交流戦の見どころを紹介します、注目選手や日程、過去の成績などをチェックしてください。

2017年セ・パ交流戦 オリックス・バファローズの日程紹介

  月   火   水   木   金   土   日
 5/30 ヤクルト

京セラD

◯9-1

 5/31 ヤクルト

京セラD

◯2-1

6/1 ヤクルト

京セラD

◯3-2

2 巨人

東京D

◯6-5

3 巨人

東京D

◯5-4

4 巨人

東京D

◯3-1

5 6 阪神

京セラD

●4-11

7 阪神

京セラD

◯5-4

8 阪神

京セラD

●2-3

9 中日

京セラD

◯4-2

10 中日

京セラD

◯5-3

11 中日

京セラD

 

12 13 広島

三次

 

14 広島

マツダ

 

15 広島

マツダ

 

16 DeNA

横浜

 

17 DeNA

横浜

 

18 DeNA

横浜

 

19 20 21 22 23 ロッテ

ほっともっと神戸

 

24 ロッテ

ほっともっと神戸

 

25 ロッテ

京セラD

26 楽天

Koboパーク宮城

27 28 楽天

Koboパーク宮城

29 30 西武

メットライフ

2017年6月10日までのオリックス・バファローズ

楽天との開幕三連戦で三連敗、今年も苦しいシーズンになるのかと思ったオリックス・バファローズですが、その後快調に勝利を重ね、4月を終わった時点で15勝8敗、首位楽天と2ゲーム差の2位と好調な滑り出しを見せました。

しかし5月に入ると全く勝てなくなり、月間20敗も見える危機的状況になりましたがなんとか19敗にとどめました。

不調のまま交流戦に入ったオリックスですが、交流戦最初のカードでヤクルトを3タテすると巨人もスイープ、6連勝をしました。阪神戦では1勝2敗と負け越しますが中日戦で連勝、2017年6月10日現在交流戦でトップを走っています。

調子に乗ると手がつけられない今年のオリックス、交流戦で勢いをつけてパ・リーグで巻き返しを図りたいところですね。

オリックス・バファローズ セ・パ交流戦の記録

オリックス・バファローズのセ・パ交流戦の過去の記録を振り返ります。

オリックス・バファローズ セ・パ交流戦の通算記録(2016年まで)

300戦141勝151敗8分(通算順位8位)

オリックス・バファローズ セ・パ交流戦の最高順位

1位(2010年)

オリックス・バファローズ セ・パ交流戦の最低順位

12位(2006年、2016年)

通算成績は10の借金、パ・リーグでは楽天に次いで悪い成績でリーグ内5位となっています、2010年には交流戦優勝を経験しているオリックス、しかし最下位も2回経験しています。

2017年は6月10日現在で9勝2敗、通算での借金も3まで減りました、このままの調子で駆け抜ければ今年中に交流戦通算の借金完済も見えてきますね。

セ・リーグ首位と当たる6月13日からが勝負となりそうです、広島戦で勝ち越せれば、2010年以来の交流戦首位が見えます。

セ・パ交流戦2017!オリックス・バファローズ 見どころ

2017年セ・パ交流戦 オリックス・バファローズの見どころをピックアップして紹介します。

セ・パ交流戦2017!セリーグ主催試合のオーダーはどうなるの?

パリーグのチームがセリーグ主催試合を戦う場合、ピッチャーが打席に入りDHを使用できません。

2017年のオリックスは主にDHで中島、ロメロなどを起用してきました、交流戦のセリーグ主催試合ではどのようなオーダーを組むのでしょうか?

セリーグ主催の最初のカードとなった巨人戦、オリックスはスタメンオーダーから外国人を外し純日本人打線を組みました、ロメロなどは代打として待機となりました。

広島戦、DeNA戦ともに純日本人打線になるかと思いきや、ここに来て新戦力のマレーロが加入しました。中日戦で1番ライトでスタメン出場し活躍、このままライトで使われるのではないかと予想します。

セ・パ交流戦2017!ロメロ復帰で調子も回復

4月末に左膝を負傷して離脱をしていたロメロ、ロメロ離脱後チームは調子を崩し前述のように5月の成績は低迷しました。

そのロメロが復帰をした交流戦に入ると打線が爆発、一気に調子があがり交流戦でトップに立っています。

セリーグ主催試合では先発をしていませんが、チームは好調を維持、ベンチにいるだけでチームの状態が良くなるようですね。

このままロメロが怪我なく行けば、オリックスの打線は脅威となりそうです。

セ・パ交流戦2017!バファローズポンタに注目!

2016年からオリックスを応援するポンタの公式アカウント、バファローズポンタに注目です。

ポンタ一家が勝てば大喜び、負ければ何故かユニフォームを脱いで悲しむイラストが投稿されます。

相手チームに合わせて細かいネタが入っていたりとバファローズファン以外も楽しめるのがバファローズポンタ。

勝って喜ぶ可愛いポンタよりも、負けた時の悲惨な(?)イラストのほうが人気が高いとも噂されています。

是非みなさんもバファローズポンタをフォローしてそのイラストを楽しみましょう。

セ・パ交流戦2017オリックス・バファローズ注目選手

中継ぎで大車輪の活躍ルーキー:黒木優太

立正大からドラフト2位でオリックスに加入したルーキーの黒木優太、すでにオリックスにはかかせない中継ぎとして大活躍をしています。

2017年6月10日現在、27試合に登板、ホールドを14、1セーブ、防御率は1.35と新人としてかなり優秀な成績を残しています。

黒木の売りは最速154km/hで球威のあるストレート、変化球は落差のあるフォークやチェンジアップ、26回と3分の2イニングで奪三振が29と奪三振能力も優秀です。

この調子でいけば中継ぎ投手として新人王争いもできる逸材です。

好投を続けるドラフト1位:山岡泰輔

もう一人の注目選手もルーキー、東京ガスからドラフト1位で加入した山岡泰輔。

4月13日のロッテ戦で初先発、それからローテーションを守り安定した成績を残し防御率は2017年6月10日現在2.77です。

しかしなかなか好投が報われず勝利がつかない投球が続いていました、交流戦では巨人戦で先発、8回を自責点1で抑えチームの援護もあり見事勝利投手となりました。

この勢いで勝ち星を増やしていくか、交流戦、そして今後の山岡に注目です。

セ・パ交流戦2017 オリックス・バファローズに注目

2017年セ・パ交流戦のオリックス・バファローズの見どころや注目選手などを紹介しました。

リーグでは4位のオリックスですが、交流戦では6月10日現在トップと絶好調、このままリーグ制覇に向けて交流戦を駆け抜けたいですね。

山岡、黒木といったルーキー投手の他、ロメロなど打撃陣も好調なオリックスの交流戦に注目です。

オリックス・バファローズの他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。